05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-05-22 (Mon)
野辺山から帰ってきました。
後泊して、少しだけ清里の観光して、ゆっくり午後に帰宅。
疲れはあるようで、夕飯前に昼寝…

今年の野辺山、終わってしまいました……



あれだけ意気込んでいたにも関わらず、馬越峠すら越えられず、自ら止めてしまった。
何やってんだ。
去年の決意はどこ行った?
自問自答してますが答えが出ません…

その一方で、続けて行っても馬越の峠も越えられなかったとも思います。
そのくらい体調は悪かった。
何とか滝見の湯までと考えながら進んで、その先のイメージを持てなかった。

去年は分からなかったから進めた。
今年は分かっていたから進めなかった。

気持ちの弱さもある。
でも、お腹の弱さ。
これを何とかしないと、どの大会でもダメな気がしてる。

何が悪かったのか?
一日考えても、よくわかりません。


やり直せるなら、やり直したい。
これが本音。

リベンジも考えますが、来年までと考えると、長いです…



にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 野辺山ウルトラ2017
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-05-21 (Sun)
本日、野辺山ウルトラ100キロの部、参加しました。

結果は……

71キロでDNFです。

ずっとお腹の調子が悪くて、苦しみながら走っていたのですが、59キロでアスリチューンを一口飲んだら、それが悪くてリバース。
そこから、補給らしい補給なしで進んだのですが、71キロの滝見の湯に去年と同じとこまでタイムもほぼ同タイムで到着したのですが、どうしても先に進めませんでした。
もう血持ち悪さとハンガーノックで、すぐにでも横になりたい。

結果、失格となる関門時間+10分経過を待ってリタイアとなりました。

リベンジどころか返り討ちにあって、今年の野辺山は終了ー…

過去最高と言われる気温のせいとか言い訳は考えられるのですが、自分の実力のなさが主因ですね。

それにしても、ウルトラはこれで三連敗。
長いのは自分に合ってないのかもしれない?


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : 野辺山ウルトラ2017
* Comment : (12) |

* by -
お疲れ様でした。
気候的にも苦しかったのではないかと思います。

早く体調もどるといいですね。

* by ken
お疲れ様でした。
ご無事で何よりです。
熱中症、脱水で補給できずは 
きつかったと思います。
まずは回復してください。

* by mizore
昨日は初めまして&お疲れ様でした!
暑かったですよね、ほんとに。
体がまだ夏耐性モードになっていないから尚更だったと思います。冷え性で暑さにはわりと強い私も、残り10キロは、リバースしたいのと、ふらつくのと、息が切れるのとの戦いで、歩くことも苦しかったです。
遠征して熱中症で倒れるのは絶対避けたいですよね。
また、回復して、気持ちが向かえば来年リベンジしてくださいね。

* by ちょーみん
お疲れさまでした!

丹後でリベンジですね(*^^*)

まずはゆっくり休んで回復を!

* by しょうじ
お疲れ様でした!
連戦で疲れもあるでしょうけど
71キロまで行ったんですね!
なに?丹後も出るのに??
ゆっくり休んで下さいね。

Re: タイトルなし * by らぴ
> 名無しさん

ありがとうございます。
特異な天気が当たったとは思いますが、参加した皆さんの条件は一緒。
ならば、実力が足りなかったと思ってます。
反省して、何が悪かったのか考えたいです。

Re: タイトルなし * by らぴ
> kenさん

ありがとうございます。
たぶん、熱中症ではなく、脱水にからむ腹痛だと思ってます。
これを何とかしないと、長い距離はダメなので、まじめに考えたいです。

Re: タイトルなし * by らぴ
> mizoreさん

改めて、完走おめでとうございます。
参加している人の条件は一緒だったと思うので、mizoreさんも含め、完走者との差はあった、自分が弱かったのだと思ってます。
リベンジはしたいと思ってますが、対策が必要です…(どうしたものか考え中です)

Re: タイトルなし * by らぴ
> ちょーみんさん

ありがとうございます。
丹後は、諸事情により、まだエントリーしてません。
(今年は回避するかもです。)

Re: タイトルなし * by らぴ
> しょうじさん

ありがとうございます。
残念ながら、71キロまでしか行けませんでした。
調整はできていたつもりでしたので、連戦ってつもりはありませんでした。
でも、内臓疲労は残っていたのかもしれませんね…
次のレースが7月にあるので、それに向けて頑張ります。

個別記事の管理2017-05-20 (Sat)
いよいよ今週末は野辺山ウルトラマラソン。
去年のリベンジを果たす時がきた。
何度、去年のことを思い返したことだろう。

準備はできている。
練習は自信になるくらいはやってきた。
体調も悪くない。
足に故障はない。
久しぶりにいいコンディション。

あとは走るだけ。



借りを返しに行くぜ。
野辺山、攻略しちゃる。


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 野辺山ウルトラ2017
* Comment : (3) |

* by ken
借りは返さないとね。
昨年の分まで楽しんで攻略しちゃってください!
応援してます!

* by ちょーみん
快走見せてやってください(^^)/

* by ストラト
頑張ってください!
自信があるってカッコいいです☆

数ヶ月前にう○こちびったと勘違いしてすみませんでしたm(_ _)m

個別記事の管理2017-05-19 (Fri)
野辺山に向けた準備の三つ目は装備。
正直なところ、新しいことをするつもりは無かった。
でも、ちょっと気になるものが安くなっていたもので、手に入れてみた。

それはシューズです。


私のマイシューズは、ここ2年ほどアディゼロボストンブーストでした。
ボストンブーストは、公式にはサブ5狙いのシューズなんて書かれてましたが、実のところ、サブ3.5はおろか、ウルトラ100キロまで行ける、万能シューズでした。

踵のホールド感の安定性、ブースト素材の反発性とクッション性のバランス、さらにはお安く手に入るということで、非常にコストパフォーマンスに優れていました。

ところが、今シーズンの終わりでモデルチェンジがあり、ボストンブーストが廃盤になり…どうすりゃいいんだー、と。

すると年明けに、ボストンブースト2が発売になったではありませんか!
これは買いたい。そう思いつつ、なかなか安くならないので手控えていたのですが、某店頭でお安くなっていたので、思わず買ってしまいました♪
やっほー♪

と、この時はそう思ったのですがね…


■外見






大きく変わったのは、2箇所。
靴の前方がメッシュ地の生地が変わったことと、紐を通すところが広くなったこと。
これは通気性が良くなったのと、割りと狭い2Eタイプだったボストン1に比べ、履きやすくなったと見るべき。
真ん中の写真は、ボストン1と比べたところ。
左がボストン1で右がボストン2。
若干、ボストン2の方が小さいと思ったアナタ。するどい。実は、サイズがワンサイズ小さくしてます。
下の写真の裏面は、左がボストン2で右がボストン1。
体重がかかる側が強化してるっぽいです。
重さは変わらない気がします。(正確なところは測ってません)

■サイズ
ボストン1では、25.5cmをはいていたのですが、同サイズのボストン2の足入れをしたところ、少しだけ大きい。
若干ですが、幅広になって、メッシュの生地が柔らかくなったのか、足指が動くのです。
足指が動くということは、坂道の下りで滑って水ぶくれの可能性があるわけで。
25.0cmを履いたところ、こちらの方が違和感なしと感じたので、サイズダウンしました。
通販で同じものだと思って買うと、痛い目に合うと思いますので、店頭での確認をおすすめします。
なお、踵のホールド感は相変わらず良かったです。

■走り
ブーストシリーズは、素材のブーストのクッションが独特で、ゆっくりの時は衝撃を吸収し、速く走ると反発するという優れもの機能です。
で、買ったときには、そんなに差がないと思ったのですが、実際に走ってみたら……
クッション性良すぎ…

これまでのブースト1と比べても、明らかにふにゃっと感がします。
気づいてみれば、歩いてでもわかる。
試しにウィンドスプリントを2本ほどしてみたのですが……あかんがな。反発が足りない。
ブースト1は、5分30秒くらいから、反発の方が良くなるのですが、それが足りません。
これは、別のシューズだ…

ボストンブースト1は、サブ5シューズ。でも、実際はサブ3.5もOK。
でも、ボストン2はサブ5シューズだと思います。
柔らかすぎて、反発が少ない。
うまく履けば、サブ4くらいまでは行けると思います。
でも、サブ3.5は厳しい。
スピードに乗った時の反発が少なすぎる。

じゃあ、柔らかいんだから、ウルトラならどうなの?
そう思って2時間ばかり、坂道を走ってみました。

■結論
ウルトラには悪くない。でも、野辺山に間に合わない。

確かに柔らかいので、膝への衝撃は軽減される気がします。
でも、その柔らかさのため、足裏に疲労が出てきてしまい、妙にふくらはぎが痛い。
つまり、履きこなすには、それなりに距離を踏む必要があると思われます。


てなわけで、野辺山はボストンブースト1で臨みます。
ボストンブースト2は夏の走り込みジョグ用になりそうです。
走り慣れているシューズで挑むが正解なんだけどさぁ、アテが外れました…



にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : マラソンギア
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-05-18 (Thu)
野辺山ウルトラ対策の二つ目はペース。
同じく野辺山に出るねむねむさんもペース表を作っていて、それがとても参考になった。
これまで、私は自分の走れそうなペースからペース表を作ることが多かったのだけど、完走している人のタイムから作るということをして来なかった。
単に抜けていたとも言えるのだけど、他の人のペースは自分に当てはまらないことが多いということがあります。
私の場合、後半、めっちゃ歩くので(笑)

でも、先日の奥三河で、ギリギリ狙うなら、過去の記録から考えた方がいいことが分かったので、私も考えてみようかと。
ねむねむさんは、13時間半のギリギリペースを出してくれたけど、私は14時間ギリギリを出しておくw
14時間ギリギリを狙うつもりはないけれど、ギリギリのペースを把握しておけば、途中で撃沈してもどこまで待てるか余裕を持てる(撃沈したいわけではないw)

まず、去年作ったペース表がこれ。

野辺山2016ペース表

走ったあとなら分かるけど、後半甘く見過ぎ。馬越峠の坂はめっちゃ大変。
で。
14時間のギリギリタイムを出すやり方は以下の通り。

①14時間から13時間57分にゴールした26人の男子のペースを調べる。
②10km,20km,…90km,100kmまででソートをかける。
③上二人と下二人のタイムを除外し、残りで平均をかける。
④平均したデータからペースを求め、そこからエイドまでの距離で時間を求める。

つまり、平均値で見てみようということです。上二人と下二人を外したのは、早すぎる・遅すぎる人を除外したかったから。
出たタイムと、去年のペース表を並べてみる。ついでに、去年の私の実タイムも並べる。

野辺山2016記録

去年の自分。頑張っていたつもりだったけれど、記録をみる14時間ギリギリペースより、遅いのは明らか。
ペース表通りなら、前半5分遅れくらいで推移して、中盤から追い越せる。
このままでも悪くはないけれど、どこかで挽回しておいた方が計画としてはいい。

ちょっと悩むところですが、2016年の実記録と14時間ギリギリタイムから狙っていく記録はコレ。

野辺山2017ペース表

前半はペースは上げずに、去年よりエイド滞在時間を短くしてみました。
さらに去年の撃沈区間であった小海中学校から滝見の湯までの50~71キロの区間を粘る。
それが出来れば、あとは歩きまじりでも間に合う計算です。

エイドの休憩時間をさらに短縮できれば、13時間半も見えてくるので、そこも効率よくいきたい。
でも、きっとトイレに行くからさぁ~w

当日は、このペース表を持って走りたいです。

さて、残る検討項目は装備です。
これは後日~


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 野辺山ウルトラ2017
* Comment : (0) |