03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-12-21 (Wed)
もう残っている距離は大したことない。走っている間は、そう思っていた。
でも改めて高低図を見ると、まだアップダウンあったね。



暗い中下りてきたので、だるま山高原レストハウスとか、よく分からず通過。
だいぶ山から下りてきて、木段が道から消えた。代わりに現れたのが林道。
林道は路面が硬いから嫌い。膝を庇いながら下ったり、さらに上らされたり。
ちょっと変わった奇岩っぽいところもある。さらにはアスファルトのロード。
まだまだバリエーションに富んだ構成。本当に、よく考えられているコース。

ロードから再び林道に入って、何とか膝に負担にならない走り方はないかと模索しながら、力の入れ方、意識の仕方を変えていたら、ピンと来るものがあり、少しずつペースが上がる。
暗さというのが、走ることに集中させたのだと思う。
既に60キロも来て走れるといのは、不思議な気がするけれど、復活なんてのは、こんな風に訪れるものなのだと思う。

それでも、林道は足に来るし、下りはまだ続くし、そろそろ終わりが見えて来そうなのに、なかなか終わる気配がない。

このペースで走れているのは、そんなに多くないので、ほぼ他のランナーさんを抜く展開になっている。このあたりのランナーは足が完全に止まってしまって進めなくなっている人もいて、ちょっと心配になって声をかけてしまう。
でも、大丈夫と言われれば、何か出来るわけでもなく、先に行かせてもらうのだけど、よく考えたら持ってるお湯を分けてあげるとか、出来ることあったんじゃないかとか思ったりして…うーん、複雑

最後の最後になってふかふかのトレイルが現れたりして、最後まで楽しませるコースだ。
あともう少しで70キロというところでで、ようやくロードに出て来た。

文明の明かりと言うのは強烈だ。
あれだけ不思議な空間にいたはずなのに、街灯とアスファルトを走れば、いつもの感覚が戻ってきた。
修善寺には来たことがないから、土地勘も雰囲気も分からない。
でも、ここからそう遠くないところがゴールなのだろうと思えた。

最後なのだから走り続けられれば格好いいのかもしれないけれど、実際には膝は痛いし、そんなに長く走れるわけでもなく、走って歩いての繰り返し。
おまけにお腹も減ってきて、この期に及んでジェル食べたり(笑)

修善寺総合会館への道すがら、案内のスタッフさんや少ないながらも応援もあり、ありがとうと言いながら走る。
そして、最後の坂が現れた。
これか~、これが走れるといいんだけど歩くw

朱塗りの橋を渡り、おかえりなさいの応援に笑顔とハイタッチで応えながら、ゴールゲートをゆっくりくぐった……

やったー!!

長く苦しく、でもそれ以上に素晴らしい旅が終わりました…


ゴール後、いただいた記録証。
タイムは13時間22分50秒。
この記録証、これが欲しかった!

初めての伊豆トレイル、
初めてのロングトレイル、
初めてのトレイルジャーニー、
次々と変わる景色、
バリエーションに富んだコース、
温かい応援とエイド、
素晴らしい体験の一日。
走る前の不安が嘘のような素晴らしい時間、素晴らしい旅でした。


大会関係者の皆さん、地元の皆さん、ボランティアの皆さん、応援していただいた皆さん、そして一緒に走った皆さん、ありがとうございました。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (2) |

* by メテオデ
改めてお疲れ様でした!参加したトレイルレースのレポが大好きなので、楽しく読ませて頂きました。
次はハセツネ、STYですかね〜(^^)

Re: * by らぴ
> メテオデさん

ありがとうございます。
よくお分かりでw
ハセツネ走らなきゃ、トレイルランナーじゃないと思いますし、STYは走ってみたい大会です。
でも、その前に奥三河トレランにエントリーしちゃいましたが(笑)
完走は難しいみたいですが、語目指したいと思います。

個別記事の管理2016-12-18 (Sun)
仁科峠エイドを出発して、次なる目標は土肥駐車場エイド。



この区間、僅か11キロにも関わらず、トップ選手でも1時間20分かかるみたいで、コースマップ見ながらどんなコースなのかドキドキしていた。
でも、序盤はこれまでの笹野原の景色の良い山道が続く。ただ、これまでと違って木段が出てきたんですよね。
リズムよく登れはするものの、休んだせいなのか膝が痛い。前にロキソニンを飲んでから4時間は経過している。もう効果が切れていると考えるべきと判断。もう1錠飲んでおく。痛み止めは、これで最後。あとは痛くても我慢して行く。

頂上付近の景色に癒やされながら先を急ぐ。が…木段上がりづらい、というか辛い。
綺麗な段差になっていても、階段は辛いもの。それなのに微妙に一段一段幅も段差も異なるとなると、リズムが上手に取れないし、ましてやこの状態での負荷で、もうどうにでもしてくれな状態。

ともかく、前へ。前の人に付いていくことを考える。
幸いにして、寒さはさほどではない。風も少しはあるけれど、日向は温かい方。
走れるところは走って、木段は歩く。これを繰り返していく。

笹野原が終わり、山の中に再び入る。車の通る音がすると思ったら、道路沿いのシングルトラックらしい。
しかし、微妙な木段が次々現れて、上って下りてを繰り返す。
木段の上りで前行く人のペースが落ちて詰まるのか、段々とトレイン状態になる。こうなると、私にとってはしめたもの。前行く人のペースに合わせて走るだけ。



50キロを通過。残り20キロ。
時間は15時20分過ぎ。まだ余裕はあるはず。
残りハーフの距離しかない。ここからカウントダウンしようかと思いながら、いやいやまだ長いと思い直す。

このあとも、トレイルトレイン状態で5,6人ほども連なって走るが、ロードに出る。



日差しはもうかなり傾いてきていて、夕方が近い。日陰は風も出て来たせいか、急に寒く感じる。
ロードは上りが続くし、足が終わったこの状態では走れない。



それでも頑張って早歩きを意識して、何人かパスする。
まだ土肥駐車場に着かないのかと、歩いて歩いて、ようやく到着。



風が冷たくなって寒い。
こんなところで一日ランナーを待ち続けるボランティアの方々に、本当に頭が下がる。
寒さを感じるけれど、まずは体が赴くままにコーラを1杯頂く。そして、もらったのがこちら~



しし汁~!
もうめっちゃ美味かった!
椅子に腰掛けて、至福の1杯でした。
その後、水を補給し、トイレ列に並びながら、ヘッドライトの用意。ワンセコンドも飲んでおく。トイレが終わると震える程の寒さを感じて、しし汁をもう1杯。バナナを咥えて、再スタート。エイドの滞在時間は20分くらい?

そうしている間にも、急に暗くなってきていて日暮れを迎えている。道路を渡り、木段を上りながら、前ゆくランナーが振り返って写真を撮っている。何だろうと同じように後ろを見たらこの景色。



ああ、こういう景色を自分の足で見る事が出来る。その体験と景色の美しさに興奮と喜び。これがロングトレイルなんだと実感する。

さらに進んだところで、この景色!



富士山とゴールの修善寺の街の灯り。
前日のブリーフィングでは、11~13時間ゴールのランナーなら見ることが出来ると聞いていたけれど、間に合った。
天候とに恵まれた幸運は、まだ続いていて本当に嬉しく、ここまで来れて良かった。

でも、ゴールまで、まだ先は長い。
辺りは暗くなり、ヘッドライトとハンディライトで道を照らしながら進む。
幸いなことに、難しいトレイルではなく、ナイトトレイル初の私でも進むことが出来る。
でも、木段の下りで膝痛が辛い。時折、骨まで響くような痛みが出る。しかも右膝だけでなく、左膝の皿の辺りも痛み出している。
太腿の筋肉の酷使し過ぎなんだろうと、止まってはマッサージを繰り返して、痛みを誤魔化しながら進む。
下りの段差のある木段は、やっかいで棒のような足では飛び降りることも出来ない。

道は完全な下り基調だけど、時折、平坦も現れる。
空には月。
月夜に山の中を走るなんてと思う。
この一日を振り返りながら、なんて一日だろうと思う。海からスタートし、杉林を抜け、シングルトラックを走り、笹野原を走り抜け、最後は月夜のナイトトレイル。
体験したくてもそう簡単に体験できない。その真っ只中にいる。
暗闇の中をヘッドライトの列が連なって、自分もその一員となっていることに不思議な一体感を感じていた。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
個別記事の管理2016-12-16 (Fri)
一面の笹野原は、ずーっと向こう側まで続いている。




嬉しくなって膝が痛いのにも関わらず、木段を駆け下りた。
当然、膝痛が我慢出来なくなって、途中でマッサージ。でも、なかなか良くならない気がする。
丘を降りたところで42キロの看板を発見。



フルマラソンの距離を来た。
でも、まだまだ途中。
それでも、一区切り。もうすぐ仁科峠エイドのはずと思いながら走る。
途中で応援があったり(寒い中、ありがとう!)、スタッフさんにエイドまでの距離を聞いたり、まだかーと思いながら進むと、ようやくエイドが見えた。

時間は13時30分くらい。
関門時間が14時だったから、30分の余裕はある。ブリーフィングでは、仁科峠までに14時までに着ければ、完走が見えてくると言っていた。
まずは、一安心。

色々やりたい事があったけど、最初はコーラをもらう。



そのあと、バナナとあんパンを2個。それを食べながら、これに並ぶ。



西伊豆しおかつおうどん!



いや~、冷えた体にうまいったらない!
本当は、もう1杯欲しかったけれど、まだランナーさんが何人も来るし断念。
あとはトイレに行って、出たところでこちらに寄り道。



ニューハレテープのマッサージブース。
腸脛靭帯から膝が痛いと言うとマッサージをしてくれた。効いたのかというと……微妙?w
マッサージの良し悪しと言うことではなく、最早、少しのマッサージ程度ではどうにもならないくらい張っていた。

あとはやっておきたいと思っていたのが着替え。汗が背中を冷たくしていたし、腕も汗をかいていた。ここまで来たら着替えをしようと決めていた。
持ってきたのは、モンベルのジオラインとブレスサーモのロングTシャツ。これをジップロックでパックして圧縮。濡れて気持ち悪くなっていたキャプリーンとウィンドブレーカーを脱いで着替えるとスッキリした。やはり、冬のトレイルは濡れた服はダメだ。

その後、水を補給して…さて、行こうかなというところで電気ポット発見!
コーヒーとレモンティーを提供していたのだけど、私が欲しいのは熱いお湯w
お礼を言いながら、マイボトルに詰めてもらう。ホントにボトル持って来て良かったです~

これでようやく終了かな。出発間際にオレンジを2個もらって、再出発。
時計は14時8分。30分以上も滞在してしまった…
長すぎ…(笑)

エイドを出て、再び笹野原の広がる山へ。





景色は最高。気持ちもリフレッシュ。
まだまだ走れる。
心から楽しんでいました。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
個別記事の管理2016-12-15 (Thu)
黄金橋エイドへの到着予定時刻は9時38分。でも、到着時点で9時45分過ぎ。およそ10分の遅れ。
ほとんど前のエイドの遅れと変わらず。膝が痛かった割に頑張ったと考えるべきか、下りがあったのに挽回出来なかったと見るべきか微妙なところ。
さて、給食エイド。最初にやることは~?
トイレに並ぶこと(笑)

またかよ!!w

スタートから3時間が過ぎ、途中、3本のワンセコンドを飲んだものの、小腹が減った感じがして、山よりだんごをいただいた。
これ、事前に試食した時には、柔らかくてほんのり甘くて美味しい。スローに吸収されるともあり、今回初投入したのだけど、寒いと固くなるのね。団子ゆえに。
で、飲み込むのに、ゆっくり咀嚼したのがあかんかったのか、下りの途中からお腹がゴロゴロな感じがする。このままだと簡易トイレの世話になるのかと慄きながらエイドに到着したとなったら、先にトイレに並ぶのも致し方ないと思わん?(笑)



ざっと15人はいるかな?
待ちの間にチップスターをもらう。塩気がうまい。でも、微妙に沢山食べられない感じがする。警戒していたのは食べられなくなることだから、少しだけ気になる。
トイレは7基くらいあったかな。うち女性用が2基。数がそれなりだったから、回転は早かったように思う。

トイレを済ませて(もちダイw)、他の給食を頂く。コーラとバナナ。最初、切って渡していたみたいだけど、あまりにワラワラ来るので、そのまま1本渡してた。私も2本もらったよw
あとは水を補給。
汗が冷えて寒くなってきたので、レインウェアを着て再スタート。
エイド滞在は15分ほど。少し長かったけれど、必要なことだと思う。

ここからのコースは、こんな感じ。



次の目標は、仁科峠のエイド。
アップダウンを繰り返しながら、3時間ほどかかる予想。
黄金橋エイドを出ても、林道が続く。
上りは出来るだけ早歩き。走れるところは走る。日差しも出てきて、また暑くなってレインウェアを脱ぐ。景色も良くなってきて気持ちがいい。



林道を進んでいるうちに30キロの看板。



この大会のすごいところは、1キロごとに距離表示があること。
トレイルの大会で、ここまでやれる大会って他にあるのかな?

でも、30キロで足はもう終わっている感じ。
鏑木さんが、林道で足を使い過ぎないようにと言っていたけれど、私程度のランナーは無理しなくても足が終わってるよ。
まあ、どこかでこうなることは想定内。
ウルトラでも撃沈したフルでも、足が終わっても走りようはある。
トレイルは上りは無理に走らなくてもいい。下りで走れば走れる。
そんなことを考えているうちに、林道から再び山道へ。



ここからは、トレイルらしいトレイルっぽい道。でも上り基調で、パワーウォークで進む。時折走れるところもあるものの、なかなかペースが上がらず。

開けたところまで来て、ここがどこかボランティアさんに確認すると二本杉峠とのこと。気温が下がってきているとアドバイスもらう。
気がついてみれば、空気がヒンヤリとしている。さっき飲んだワンセコンドがやたら冷たく、お湯を飲んで冷たさを中和したのだった。
色々と事前準備をした中で、お湯を持ってきたことは、大正解だった。特に中盤のこの辺りは、お腹の冷え防止に役に立った。



滑沢峠を通過。
トレイルは冬枯れの林の中を続いていて、寒々としている。その中をトレイルランナーが続く。



滑沢峠からほどなく35キロ地点。
コースの約半分まで来た。
疲れはあるものの、動けないとか、お腹が痛いとか、そういうことはない。うまく走ることに集中できている。
ただ、前をゆくランナーの背中を追いかける。ランナーが皆そうやって連なっているのは、汽車のようだ。トレイルトレイン。いい響きだ。



ちらりと雪が舞ったりするも長続きせず、小さなアップダウンを交えながら先に先に進む。
右膝は薬が効いているのか、さほど気にならない。でも時折、刺すような痛みがらある。そんなときは足を止めてマッサージ。この時、気になるのは置いていかれること。レースなんだし、一人きりもありえるのだけど、それでも誰かに付いていくのと、一人で走るのとでは、前者の方が疲れが少なく感じていた。



コースが下りが多くなり、走る距離も長くなってきた。ついてことが出来ず、足を止めて歩く。

そんな時、目の前が一気に広がった。



林を抜けたら、笹野原だった。
視界が晴れて、山の向こうに海が見える。



これを見るために来たんだ…

そう思える風景だった。


(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (2) |

* by おぐら
遅くなりましたが、
完走おめでとうございます。
ナイスラン&ナイスファイトでしたね。
そして、なんて素晴らしい景色でしょう。
チャレンジャーのみに与えられる
ご褒美のように思えますね。
まさしく未知へのチャレンジ。
私も頑張ります。

Re: * by らぴ
> おぐらさん

コメント遅れました。
ありがとうございます。
おぐらさんは、ロード派だと思いますが、トレイルはおぐらさんに合っていると思いますよ。
今度、チャレンジしてみてはどうでしょう?(入賞とか狙えますよ)

個別記事の管理2016-12-14 (Wed)
私が並んだのは、後方近くだったから、スタートゲートをくぐるまでは、2分くらいはかかったんじゃないかな。
でも、今日はタイムを気にするものではなく、楽しむのが目的。
ゲート直後のハイタッチだってしちゃうよ。鏑木さんともハイタッチ!

朝も早いというのに、スタートを見送ってくれる人が多い。もちろん、家族とか友達とか、そういう人もいるのだろうけど、純粋に松崎町の方も多そう。
行ってきますとハイタッチしながら、港をぐるりと回って集団がスタートする。
ヘッドライトの明かりが連なりが綺麗だ。

伊豆トレイルのコースの魅力の一つは、この海抜0メートルからのスタートもあると聞く。
ここから、修善寺までアップダウンを繰り返しながらゴールを目指すのだ。


集団で光の蛇になって、ランナーが進む。ペースはジョグくらい。勾配が始まっても、そんなに緩むこともない。
私はスタートのテンションが残っていて、ちょっとだけ追い越しをかけながら進む。そのうちにレインウェアが暑くなって脱ぐ。

坂の途中で、おばさんの数人がポンポンを持って応援してくれている。
どうも温泉街のおかみさんたちの模様。こんな朝早く、寒い中、本当にありがとう~
手を振って声援に応えて進む。

空が藍色が薄くなってきて、早くも夜明けが近い。
足元がロードな限りは、消しても問題なさそう。明かりを消して、さらに暑さを感じて、ウインドブレーカーも脱いで荷物に突っ込む。

ロードから山道に入る。が、さほど行かないうちに渋滞になる。



これは聞いていたことだから焦らず待つ。しかし待っているうちに寒さも感じて再度ウインドブレーカーを着こみ、明るくなって不要になったヘッデンを片付ける。
ゆっくりと歩きが始まり、徐々に列が動き出す。道幅は広くなく、シングルになってくる。この時は考えなかったけれど、シングルトラックになりかけるところで渋滞しているのだと思う。

時折、前の人を抜くこともあるけれど、息が途切れるほど飛ばさないように注意。時折、ドリンクを飲むのも忘れないように。
序盤は、色々と頭で考えながら進む。


(序盤コース図)

最初に目指すのは、宝蔵院。そこから先も上りが続く。
宝蔵院にどのくらいで到着できるかで、私のペース表が正しいか分かる。
事前に検討したペースでは、スタートからキロ10分くらいだったけど、これだとどうかなと思う。
時計が1時間回ったところで、ワンセコンドを1本飲む。別にお腹が減っているわけではないけれど、1時間過ぎたら1本補給のルール決めする。
このあたりはパワーウォーキング+走れるところは走るという感じ。
さらに途中で渋滞もありながら、案内のスタッフが見えてきた。

宝蔵院エイドだ。(写真を撮り忘れ…)
トイレ案内がある。どうする?と迷ったのは一瞬。
列に並んでましたw
7,8人待ちだったかな。気配は小だったし、まあ序盤だしと焦りはありませんでした。

このエイドでは水の補給が出来る。
まずは、空のフラスクボトルに水を入れてもらい、さらにペットボトルを1本もらっておく。(結論から言うと、ここでのペットボトルは不要でした。安心料にしては500gはちょい重たいです。)
ここの通過時間は1時間35分くらい。予定では1時間26分の通過。10分ほど遅れている。やはり、渋滞が影響しているのとトイレタイムの影響、それと私の実力。やはり私の力ではトップ選手の2倍くらいの時間が正解か。

宝蔵院って名前からして寺なんですが、寺と意識してなかったもので、建物が現れてちょっと驚いたw



おまけにお寺の奥にさらにトイレが数基。なんだ知っていたら手前で並ばなかったのに~w

宝蔵院の脇から再びトレイルに入ると、そこは杉の道でした。



すごい光景。
パンフレットだったか、ホームページだったか、ここの写真を見た。そうか、ここを走れるのか。
木の世界に迷い込んだ感覚のまま、林の奥に。
そこから、さらにゆっくりとした上り坂のトレイルを進む。
ここから、さらに3キロほど上りが続く。
頑張れば走れるんだろうけど、私は早歩き主体。とにかく前に行くランナーについていくことに意識する。
途中で、また少し渋滞。何だろうと思ったら、橋でした。



事前に説明でも聞いていましたが、木の橋があり、そこは一人ずつ進むようにと。
渡って分かったのは、結構揺れるというか、一人ずつ渡ることを前提にした橋。何人も大勢渡ることが出来るものじゃない。全員渡っても大丈夫なのか?
こんな橋、この後も何度も出てきました。

しばらく走って林道に出る。
ここが噂の林道か。長い下りがあるという話だったけど。上っているやんか。



あとで地図を見たところ、八瀬峠までは少しだけ上りがありました。
八瀬峠にもトイレがありましたが、ここはパス。

八瀬峠を越えると、木々の影からも出て明るくなって気持ちよく走れます。



コースも下りで、ペースも上がる……はずなんですが、右ひざ、腸脛痛いです。
やっぱり来たか……

実はブログには不安なことは書きたくなくて書いてませんでしたが、この三週間くらい長く走ると腸脛靭帯に痛みが出ていたのでした。
特に下り。痛い時に揉めば緩和することは分かっていたので、ここでも同様の措置を取りますが、いくらも行かないうちに痛みが増す。

まだ距離として14キロちょいというあたり、こんなところで膝痛を抱えるとは……
暗澹たる気持ちになりつつも、ペースを落として下り、我慢が出来なくなると止まってマッサージ、また走るを繰り返す。
幸いにして、また上り基調になって、上りならばそれほど問題なく走れるので、まあまあのペースを維持して走る。

しかし、諸坪峠で20キロ。ここを過ぎたあたりから、また下りが始まり、下りでも歩きが混じるようになり、ダメだと判断。
仕方ない。ロキソニンに頼ろう。
水と、水筒のお湯で飲んでおく。

しばらくして効果が出てきたのか、痛みがいくぶんマシになり、そこそこ走れるようになりました。
そして、ようやく最初の給食エイド黄金橋に到着です。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |