07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-12-25 (Thu)
こんにちは、らぴゅたびとです。

クリスマスですね。
大会でもサンタがいっぱいいたみたいですねー。
我が家にも、子供たちにはサンタが来てました。
すでにサンタの正体を知っている娘もいますけどw、何も言わずに受け取ってくれたようです。
なお、我が家では中2までは、サンタさんを信じさせることに成功してます!
やっぱり、このあたりが限界なのかと思いつつも、もう少し伸ばせないものかと考え中ですw

ケーキも昨日食べました。



こんなやつ。
見かけも良かったですが、味も良かったw
家族も楽しんで、ポイントかくとく~(^^)


ただし…インフルエンザもかくとくしてます……

下の娘が学校からもらってきたインフルは、下の娘→息子→私の順に拡大…。
どうやら、嫁さんと上の娘にはいかないで済みそうですが、私は熱が下がったものの出社停止…。
今年のお仕事は、全く片付いていないけれど、強制終了です。
正月休みに倒れなかっただけ、良かったと思ってます…。



でまあ、インフルエンザにかかってしまったので、当然、走れない。
寝込んでだけいるのも飽きがくるので、先日買ったこの本を読み始めました。



超有名なランニングバイブルの一つ。
ダニエルズのランニング・フォーミュラ。

ブログ村の人でも、このトレーニング理論を実践している人いますよね。

私も読んでみたいと近所の本屋で購入。
しばらく、暇なく置いていたんですが、昨日から本格的に読み始めました。

でまあ、読んでみた第一印象ですが、むずい!

これまでランニングメソッドのような本は、それなりに読んでいましたけど、大抵はこうすれば速くなるよっていうようにメニューが書いているのが多かった。
たとえば、金武彦のランニングメソッドとか、eA式だったり、小出ランニングアカデミーだったり、そのメニュー通りやればいいというような本ですね。

一方、ダニエルズは、走ることに必要な生理学的要素の分解から始まり、それらを強化する効果的なトレーニング、トレーニング強度のレベルを表すVDOTなど、全部を理解しようとすると、かなり難しい。
これが、よくバイブル扱いされるなーというのが、私の本音。

ただ、書いてあることはデータに基づいているので、信ぴょう性が高い。
おそらくは、このダニエルズ式でトレーニングをして効果的だったと多くの人が経験をしているのも、人気が出ている一因でしょう。

内容については、またよく読みこんでから書いていきたいですが、目からうろこだった一文がこちら。

「この練習は何のために行っているのか(中略)常にわかっていなければならない。」

……わかっているかって? わかってないがな!

長く走っていれば、おおよそのトレーニングメニューっていうのは自分の中に作られていくものだとおもいますが、私のトレーニングは、だいたい伸ばしたいところを意識して、ポイント練習をしているだけ。基本、その間はつなぎの練習のつもり。
でも、ダニエルズさんは、ジョグ(彼が書くところのEペース)であろうと意味あり。
ってことを言ってます。

当たり前かもしれないけれど、当たり前じゃなかった。
私の練習は、何となくとか、気分でとか、振り返ってみれば、そればっかりですよ。

この本では、自分に何が足りていないのか、どういう練習をどういう順序で考えればいいのか、客観的な数字に表した上で、かなり細かいところまで書かれています。

正直、実践するか・できるかは読み込んでみてから判断しようとは思ってますが、私のような理系人間には、こういった理論武装している本は弱いです(笑)
自分のレベルとか、必要なトレーニング強度とか分かったら、やってみたくなるもんじゃないですか!

ただねー。
次の目標レースである京都マラソンまで、あと50日あまり。
こんなことで、メニューまで変えていいものかちょっと疑問もあるので、そこのところはよく考えてみようかと思います。

今日はこんなところかな。
ちょっと疲れてきたので、お昼寝することにします。


読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : トレーニング
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する