FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-12-15 (Fri)
仕事柄、新しいこと考えるのが好きです。
特にイノベーションネタ。
イノベーションって聞いたことあっても、よく分からんよって人のために例を挙げると、アップルのiPodがイノベーションだと言われてる。
今まで、CDやMDで音楽を持ち歩きは出来たけれど、iPodは持ってる音楽全部持ち歩くものに変えた。しかもiTunesストアで、新しい曲も買えるようにした。

従来の価値を新しい価値で、新しい体験を生み出す、人々の行動を変える商品、サービスをイノベーションと呼んでいる。
最近は、イノベーションがない企業は生き残れないいけないとまで言われる。

では、ランニングやマラソンにイノベーションって生まれてるの?
ちょっと気になって考えてみた。

あまり劇的に変わっているものを感じないかもしれないけれど、実はイノベーションって言っていいものはあると思っている。

一つは、皆さんお馴染みのRUNNET。
それまで、マラソン大会に申し込むには、郵送だったり、電話だったり、大会によっても違ったり、色々大変だった。
それを申し込み方法を一元化。
沢山の大会を集めて、簡単に検索まで出来るようにした。
さらには大会の評価システムを作り、初参加でもわかり易くしている。
もちろん大会エントリーの激化とか弊害もあるけれど、大会参加のハードルを下げ、大会選択に激変をもたらしたと言えると思う。

もう一つ挙げるとすれば、GPS時計だと思う。
シリアス志向のランナーなら、ほぼ全ての人が持っているGPS時計。実現したのは、GARMINが先達なのかな?
これによって走る距離、スピードが容易にわかるようになり、大会はもちろん、ランナーの練習のやり方も変えてしまった。

この二つのイノベーションは、マラソンとランニングを愛する人達にとって、素晴らしいイノベーションだと思う。

では、次に来るランニングのイノベーションって何なんだろうと想像してます。


一つは、ARに絡む何かだろうと思ってる。
ARとは仮想現実。
簡単に言うと、ドラゴンボールのスカウターって言うとわかり易い。
メガネに情報が出て、戦闘力がわかる、あれですな。
どんな情報を表示するのか、ランニングの場合、考えられるのは自分の今のラン情報。
スピード・心拍・タイム。そういった今はGPS時計に表示しているものが出るのが最初の段階。

次に来るのは、ランニングのアドバイスをしてくれる。
ペースの上げ下げ、発汗を検知して、水分補給、コースや気象条件からアドバイスしてくれる。
今話題の人工知能と組み合わせると、比較的、実現が近いのではと思える。

さらにアドバイスも技術が進歩すれば、仮想Qちゃんがアドバイスをくれたり、目の前にライバルランナーを表示させることも可能になるだろう。
そうすると一人で走っていながら、集団走の練習が出来たりするかもしれない。
もっと進めば、仮想応援隊や離れたところて走っているランナーとあたかも一緒に走っているかのような体験も出来る気がする。
大会で辛くなったとき、家にいる家族にデータが表示され、応援を受けられることも出来る。

いやーなんか、メッチャ夢が広がるわぁ~


今は、まだ夢物語のように思えるけれど、何だかんだ人は想像したものは叶えてきた。
自動で動く車も、空を飛ぶことも。
だから、この想像は妄想じゃなくて、考えられる将来の一つの姿だと思ってる。

まあ、上の姿を実現するには、軽くて丈夫なメガネ型デバイスが必要。
メーカーの一部がチャレンジしてるけど、電池の軽量化と可動時間で苦労しているようだ。(エプソンとかJINSとか)

でも、いつか新しい体験のできる商品・サービスが提案され、新しいランニングの形を提案してくれることを期待してる。
あまり出なかったら、自分で作っちゃうかもしれないねw

こういうものを作ること、やりたい人をランナーで集めたら、出来そうな気がするんだけど、どう思います?
モノを作る人・製造する人・営業をする人・宣伝をする人…いろんな人が集まりそうな気がする。

未来を感じたらポチッと。

にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ランニング話
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する