FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-12-09 (Sat)
サブ3.5を目指すために何が必要なのか、色々考えていく中で、最近気になっているのはストライド。
速く走るには必要な要素だけど、積極的に伸ばして行こうと思ったことはありませんでした。
どちらかと言うと、

 トップスピード上げる
→フルペースの余裕度が上がる

と信じていたためで、トップスピード上げるにはインターバルやっとけばいいでしょと、半ば乱暴に考えていました。

そこから少し考えを修正したのは、おぐらさんがストライド伸ばして記録を伸ばしているという話を知ったこと、たのくるさんが土の上の流しはストライドに効果があるとおっしやっていること、なんかから。
だったら自分はどうなん?
と疑問を覚えたという流れです。

で。
直近で一番頑張ったつくばの記録を見直してみた。




詳細に見ると、30キロまでは100~105cmだったものがペースが落ちると95cmまで落ちている。
ピッチは最後までほぼ一定だけど、ペースとストライドが一致。
つらくなった35キロ以降、ストライドが落ちたからペースが落ちたと言える。

気になったので、ベストだった静岡マラソン2016の記録も見てみた。




ストライド105cm。
しかもペース落ちてないし、ストライドも落ちてない。

この二つから分かることは…
私、完全なストライドでペースコントロールしているだわさ。

逆に言うと、ピッチは何をしても変わってない。

じゃあ、サブ3.5目指して何をすべきか。
静岡で達成したように、ストライドを維持するようにする道が一つ。
ストライドをより伸ばして、落ちてもサブ3.5をクリアする道が一つ。

つまり、前者が一定のペースで最後まで行く。
後者が、若干早めのペースで35キロまで頑張って、少しだけ落ちてゴール。
記録が伸びる可能性があるのは、後者のレース展開なんでしょうね。
落ち幅維持できればタイム短縮できるし。

ただ、一方でストライドを伸ばすというのは、負荷を上げるということになるので厳しい。

もう一つ、ストライドが落ちてきたらピッチをあげて維持するという方法もあるけど、不器用な私にはムツカシイ。
(ピッチコントロールできるかおりんさんとか、きぐまさんとか羨ましい。)

さらにもう一段、サブ3.5の先に行くにはどうしたらいいのか?
答えは簡単でストライドを伸ばして、ペースを上げればいいということになる。
やった簡単じゃん!

なわけあるかー!(笑)

でも、ストライドがペースアップの鍵になると分かったので、ストライドを伸ばす努力が必要、ってことです。

じゃあ、現在の限界点はどのくらい?
これについては、また考察します。



にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ランニング話
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。