FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-11-27 (Mon)
つくばマラソンから一夜明けた状態ですが…かなりのダメージが残ってます。
主に内臓系…

ご存知のように、つくばマラソンはほぼフラットのコースなので、足へのダメージはさほどではありません。左足に筋肉ロックがあるものの、歩けないほどでもなく。

その一方で、お腹の調子が悪い。
重たいっていうか辛いっていうか、食欲が回復せず、微妙な感じ…
これも全て、脱水が原因だと思ってます。

詳細はレポに書きたいと思ってますが(一応、書く気はある)、先行で少し書いておきます。
昨日の筑波はとてもいい天気で、朝方冷え込んだ状態だったのですが、半分も行かないうちに日差しが暑く感じられました。
水分補給は怠ることないよう、給水所ではコップ一杯は必ず取るようにしていました。

脱水の症状が現れたのは28キロ地点。
ざわりとした感じが肌を伝って、脱水の前兆を感じたものの、メイタンを取ったら落ち着いた気がしました。
給水の量はほぼ一定だったので、解消したわけではなく、多分、メイタン効果の錯覚と思われます。
30~35キロは、お腹が痛くなったりして、一番精神的に苦しい時で、脱水について思い至らなかったのもあります。

ところが35キロを過ぎてから、ペースは落ちる一方。必死に腕を動かしても、その時はマシになりますが、そのあと猛烈に辛くなることの繰り返し。
残り5キロ(だったと思う)の私設エイドでコーラを頂いた時に脱水でどうにもならなくなっていることに思い至りましたが、時は遅し。とにかくゴールするしかない。
最後の給水所からの残り2キロは走っているのが不思議なほどの疲労感で、よくもゴールできたものです。(ペースは5'40まで落ちてました。)

でも脱水症状の本当の苦しみはここから。
ゴール後、サービスのドリンクのペットボトルをもらい、倒れ込むように地面に座り込んで、ドリンクを飲むも苦しさが無くならない。
おまけにあちこちから攣りの気配がして、満足に動けない。
15分ほどかけて、ゆっくりドリンク飲み干して、歩き出したのですが、応援に来ていた母親の顔を見たら、安心したのか再び気持ち悪くなると同時に攣りが発生。
足だけじゃなく胸や横っ腹が同時に始まって、横になりたくても横になれない。仁王立ちで痛みと気持ち悪さと格闘。
たまたま母親がポカリを持っていたので、それを飲み干して20分くらいで、ようやく歩けるレベルになりました。

いや~、やばかった。
これがゴール直後だったら、救護室行きでした。
歩けるようになったものの、その後のお腹の気持ち悪さは続いて、そのまま名古屋までお持ち帰り。
今日も普通に食べることは出来るようになったものの、お腹のムカつきが消えません。
多分、脱水症状の後遺症なんだと思います。

反省点としては、脱水に気づいたなら、遅くてもいいから、ドリンクの取る量を増やすべきでした。
ゴールまで出来ればではなく、ゴール後も含めて考えないと、ダメだってことです。

こんな風に書いてますが、レース中は夢中なので、繰り返さないか、ちょっと心配です。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : つくばマラソン2017
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する