09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-05-13 (Sat)
四谷千枚田のエイドに到着。
まずは、被り水を盛大に二杯。めっちゃ気持ちいい!

頭からボタボタ滴を垂らして、水をもらう。
さらにレッドブル。
うん、うま……うまくない…
なんか、ちょっと合わなかった?

いや、気を取り直して、おにぎりもらおう。
もぐもぐと食べていると、なんか凶悪に気持ち悪いんですけど…
こ、これは、やばい

近くのスタッフさんに、どこで吐いていいか聞くと、トイレならと。
駆けこむと、ほぼ同時にリバース。

どんよりとなりながら、トイレから出る。
出すもの出したらスッキリはしたけど……
はっきりとした疲労感。
これで走れるんか?
いや、走る。諦めたくない。

レース中のリバースは、去年の野辺山で経験済み。
経験をしているというのは、すごいことだ。パニックになることなく自分の状態を判断できる。
うん、食べてみよう。

DSC_2168_R.jpg

ゆっくり猪汁をもらう。
汁と芋、大根は食べられる。ゆっくり二杯もらう。
おにぎりは…さすがに食べたくない。

DSC_2169_R.jpg

食べている最中に、15時を回った。
すると、マイクでスタッフの方から、ここで諦める方はリタイア宣言してくださいとアナウンスがある。
リタイア? 諦める?
なんで?
間に合わないから?
走ってないのに分からないじゃん。

アナウンスをする前から、何かふわっとした空気を感じていた。
もう終わりだねー、たのしかったねー的な何か。
なんでやねん。
まだ関門時間になってすらいない。

時間はある。
リバースはしたけれど、まだ走れる。
水を補給。空っぽのハイドレにも1.5リットルもらう。
準備を整えて、先に進む。
上りのロード。歩いている人を小走りに抜く。

2キロほど走ったところで、再び山の中へ。
ゆっくりとさっきの山と同じように上る。
呼吸を出来るだけ安定させて急登を一歩一歩進む。
けれど、何か違う。
息がすぐに上がる。
一定のペースで歩けず、ついに足を止める。

何か力が入らない。
エネルギー切れ?
さっきのエイドで食べられなかったから?
力なく、ゼリー飲料の残りを食べる。
でも、おいしくない。
水を飲むも、気持ち悪い。
また吐いてしまいそうだ。

それでも汗が出る。
飲まなければ、脱水で動けなくなる。
ちょっとずつ口に含むように飲む。
一歩ずつ上るけれど、後から来るランナーに道を譲ってしまう。

このままだと、いったい次のエイドにいつ着けるだろう。
二つほどピークを越えたところで、次のエイドまでの残りの距離が4.7キロと教えてもらう。
平地なら、ほんの30分の距離。
でもこの山では、どのくらいかかるのだろう。
ちょっと距離にくらりとくる。

脱水になりかけながらも、ともかく進む。
止まりたいけれど、止まったら動けなくなりそうだ。
お腹が激しく気持ち悪い。
ピークを越えて下りが見えても、走り出せない。

四谷千枚田前の、あの調子はどこへ行ったのか、苦しみながら山を歩いていました。

(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する