04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-05-19 (Fri)
野辺山に向けた準備の三つ目は装備。
正直なところ、新しいことをするつもりは無かった。
でも、ちょっと気になるものが安くなっていたもので、手に入れてみた。

それはシューズです。


私のマイシューズは、ここ2年ほどアディゼロボストンブーストでした。
ボストンブーストは、公式にはサブ5狙いのシューズなんて書かれてましたが、実のところ、サブ3.5はおろか、ウルトラ100キロまで行ける、万能シューズでした。

踵のホールド感の安定性、ブースト素材の反発性とクッション性のバランス、さらにはお安く手に入るということで、非常にコストパフォーマンスに優れていました。

ところが、今シーズンの終わりでモデルチェンジがあり、ボストンブーストが廃盤になり…どうすりゃいいんだー、と。

すると年明けに、ボストンブースト2が発売になったではありませんか!
これは買いたい。そう思いつつ、なかなか安くならないので手控えていたのですが、某店頭でお安くなっていたので、思わず買ってしまいました♪
やっほー♪

と、この時はそう思ったのですがね…


■外見






大きく変わったのは、2箇所。
靴の前方がメッシュ地の生地が変わったことと、紐を通すところが広くなったこと。
これは通気性が良くなったのと、割りと狭い2Eタイプだったボストン1に比べ、履きやすくなったと見るべき。
真ん中の写真は、ボストン1と比べたところ。
左がボストン1で右がボストン2。
若干、ボストン2の方が小さいと思ったアナタ。するどい。実は、サイズがワンサイズ小さくしてます。
下の写真の裏面は、左がボストン2で右がボストン1。
体重がかかる側が強化してるっぽいです。
重さは変わらない気がします。(正確なところは測ってません)

■サイズ
ボストン1では、25.5cmをはいていたのですが、同サイズのボストン2の足入れをしたところ、少しだけ大きい。
若干ですが、幅広になって、メッシュの生地が柔らかくなったのか、足指が動くのです。
足指が動くということは、坂道の下りで滑って水ぶくれの可能性があるわけで。
25.0cmを履いたところ、こちらの方が違和感なしと感じたので、サイズダウンしました。
通販で同じものだと思って買うと、痛い目に合うと思いますので、店頭での確認をおすすめします。
なお、踵のホールド感は相変わらず良かったです。

■走り
ブーストシリーズは、素材のブーストのクッションが独特で、ゆっくりの時は衝撃を吸収し、速く走ると反発するという優れもの機能です。
で、買ったときには、そんなに差がないと思ったのですが、実際に走ってみたら……
クッション性良すぎ…

これまでのブースト1と比べても、明らかにふにゃっと感がします。
気づいてみれば、歩いてでもわかる。
試しにウィンドスプリントを2本ほどしてみたのですが……あかんがな。反発が足りない。
ブースト1は、5分30秒くらいから、反発の方が良くなるのですが、それが足りません。
これは、別のシューズだ…

ボストンブースト1は、サブ5シューズ。でも、実際はサブ3.5もOK。
でも、ボストン2はサブ5シューズだと思います。
柔らかすぎて、反発が少ない。
うまく履けば、サブ4くらいまでは行けると思います。
でも、サブ3.5は厳しい。
スピードに乗った時の反発が少なすぎる。

じゃあ、柔らかいんだから、ウルトラならどうなの?
そう思って2時間ばかり、坂道を走ってみました。

■結論
ウルトラには悪くない。でも、野辺山に間に合わない。

確かに柔らかいので、膝への衝撃は軽減される気がします。
でも、その柔らかさのため、足裏に疲労が出てきてしまい、妙にふくらはぎが痛い。
つまり、履きこなすには、それなりに距離を踏む必要があると思われます。


てなわけで、野辺山はボストンブースト1で臨みます。
ボストンブースト2は夏の走り込みジョグ用になりそうです。
走り慣れているシューズで挑むが正解なんだけどさぁ、アテが外れました…



にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : マラソンギア
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する