08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-03-22 (Wed)
新城トレイルから二日過ぎました。
が、ダメージの大きさに慄いています。
太ももの筋肉痛、ここまでひどいのは、いつぞやのたーはるさん、NGさん、井出さんと登山して以来。
あの時も、無理に筋肉を動かしていましたが、今回もそれに匹敵する運動量だったのだと思います。
本日は完全ロボットで、階段の上り下りどころか、わずか5段の段差すら嫌がっていましたが、明日はマシになるか、不安です…(東京出張なんだけど…)

今回の筋肉痛、痛い順番に
太もも>ふくらはぎ>足裏>お尻=二の腕
の順番。
お尻が痛くないのは、使えていないわけはないので、たぶん、走る方で鍛えられているからだと思ってます。
一方、ふくらはぎは太ももが使えなくなってから負荷がかかったため。足裏はつま先で踏ん張ることが多かったためだと思います。
二の腕が痛いのは、パワーウォークで足を押しながら上っていたので、そのためかな?
幸いにして、痛みはほぼ筋肉痛のようで、どこかにケガのようなダメージはなさそうです。(筋肉ロックは一部発生してますが。)

さて、新城トレイルのこと。
記録が私としては非常に不本意だったので、リベンジを考え始めてはいますが、トレーニングをしなければ、参加は覚束ないことは身に染みて分かったので、すぐには考えたくありません(笑)
でも、来年に向けて、記録としてレポを残しておこうかと思います。

というわけで、前日からスタートです。

-----

新城トレイルの前日の朝。
仕事で何かと忙しく、下準備も十分にしていない状態で前日になってしまいましたが、それほど心配していませんでした。
昨年12月の伊豆トレイルで経験値を積んだこともあり、装備は一式揃っているし、今回はまあまあ近場だし、朝さえきちんと起きることができれば問題は少ないだろうと思っていたのでした。
でも、準備は必要と思って、パンフレットを見ると…

「32kと64kの受付は前日のみです」

は? なにこれ?
当日受付じゃなかったの?
このところ私の参加する大会は、当日受付のものばかり選んでいたつもりだったので、新城32kがそうだとは全く考えていませんでした。
これを発見したのが、朝だったのが幸いしました。
名古屋から新城までは、高速を使えば1時間ちょいで着きます。持ち帰り仕事はあったものの、それさえうっちゃれば時間も空いていたので、午後から出かけることにしました。

前日受付は面倒ですが、前日に会場を知っておくことは、メリットではあります。
駐車場の場所とかトイレの場所とか(やっぱり重要!)、当日慌てずに済みますし。

ちょっとしたドライブで新城インターを降りて、田舎道を走ること20分、会社の愛知県民の森に到着。
こじんまりとした規模の受付ですが、ショップもあるし、シューズの試し履きとか、スポンサーショップもある。

受付はあっさりと済んで、ショップをぶらぶらと見ているとこれを発見。

Halo.jpg

汗が目に入らないというヘッドバンド、Halo headbandです。
ヘッドバンドの裏の部分にシリコンが1本入っていて、これが汗止めになっています。
私は眼鏡族なので、走っていて時折目に汗が入って痛い目にあっています。
これはいいかもしれないと、お買い上げ。
もちろん、当日も使用しました。
汗は、確かに入りにくいです。目に汗が入ったのは一度きりでしたので、効果はありそうです。
ただ、このバンドのせいなのか、後半ちょっと頭痛がしていたのが気になるところ。(単に疲れていたせいかもしれません。)

さて、当日の朝。
起床は4時15分。出発は予定の5分遅れで4時50分。
高速で順調に新城まで(余談ですが、新東名高速になって本当に運転が楽になりました)。
高速を降りて二つ目のコンビニにIN。トイレを済ませて朝食購入。
会場着は、6時15分くらいだったと思います。

駐車場は、奥の臨時駐車場でしたが、まだ入りは6割程度。でも、あっという間に埋まっていきましたので、このくらいの到着がちょうどいいのかと思います。
着いてから、朝ご飯。サンドイッチ・菓子パン1個・おにぎり1個。
スタートが8時なので、マラソンならば食べるには遅いくらいですが、トレイルランの場合はどれだけエネルギーを後まで引っ張るかが重視されると思っているので、この時間としました。

食事後、駐車場近くのトイレに行ったのですが、7人ほど待っていまして15分ほど待ちが発生。
その間に7時が回ってしまい、64kの部のスタートを見ることができませんでした。う~ん、残念。
トイレを済ませてから、ニューハレテープを買いにショップに行ったら、その途中のトイレが空いていることに気づき、そりゃ遠い方が空いてるわなと。次に生かすことにします。

ショップでテープを買って、できればテープも貼ってほしかったのですが、待ちがありまして、待っている間に30分前になりそうだったので諦め。車に戻ってテーピングと荷物の最終チェックをして、スタート地点へ出向いたのが20分前。
ちょっとバタバタしましたね。もう少し時間に余裕を持つべきでした。

今回の装備ですが、
■バック
ノースフェイス マーティンウィング16
■ウェア
アンダー ファイントラック スキンメッシュ
Tシャツ 伊豆トレイルTシャツ
タイツ なし
パンツ モンベル
アームカバー
レッグカバー アルペン?
■靴下
DRYMAX Lite Trail Running Speed Goat
■ウィンドシェル
なし
■シューズ
サロモン Fellraiser
■手袋
アルペン TIGORA
■レインウェア
モンベル レイントレッカー(使用せず・バックの中)

といったところ。
必要なものは持ちました。
レギュレーションでも指定はされていますが、守っていない人もいそうです…(めちゃ薄いバックの人いましたし)

補給食は、ゼリー関係を8つほど持ち、スポーツ羊羹や山よりだんご、塩熱サプリ、顆粒のアミノバイタルとか、いつものセットは持っていくことにしました。
たぶん、ほかに人よりも多めだと思いますが、新城のエイドは期待できないと聞いていたので、しっかり用意。
最終的に食べたゼリーは6つ、これだけ持って行ったのは、やはり正解だと思います。
水はフラスク500mlとワンセコンドCCDのドリンクを1L。最初はこれで十分だと思われます。



スタート列に並んだのは、およそ10分前。
列の後方だと思います。慌てていたので、十分なウォーミングアップができなかったのが悔やまれますが、できる範囲でストレッチを行い、GPS時計のモードをセット。
カウントダウンで、いよいよスタートです。

ゆるりと人波が動き出し。
新城32kが始まりました。
当然ですが、この時はまだ、地獄を見るとは思ってもいませんでした。

(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する