09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-10-01 (Wed)
こんにちは。

久しぶりに平日のガチランをしてきました。
10キロビルドアップで、5'30から15秒ずつ上げて、ラストは5'00切りました。

元々、私はギリギリサブ4ランナーですので、スピードは速くないのですけど、それにしても遅くなってます。
やっぱり、ウルトラの練習としてキロ6'30とか7'00とかばかりしてきたツケが来てますね。
到底いびがわで、サブ3.5とか考えられない…
どのくらい上げられるか、あとひと月ほど、まじめに取り組みたいです。

では、丹後レポの5回目です。

-----

女神様降臨の時間は、それほど長くなく、もう少しご一緒したい気もしましたが、私に時間の余裕はありません。
前半のエイドの滞在時間は1分程度と決めてます。
くみはまSANKAIKANエイドでは、特製スープと梨がおいてあり、どちらもいただきました。
特に梨がうまい。2切れもらって、再スタート。
残念ながら、春麗さんは後のようです。

時間は6時半を回っていました。
すっかり明るくなり、天気は上々。日差しも強くなってきたように思います。
腰のドリンクは、思いついたように飲みますが、汗が止まらなくなってきました。
ちょっと気持ちを上げたくて、iPod出して音楽聞きながら、ともかく先へ。途中、思いついたかのようにアミノバイタルスティックを飲んだりしながら、ペースを刻みます。

ペース表を見る限り、5分くらいの遅れで済んでいるよう。
まあ、許容範囲内だよね。とか思いながらも、どこで挽回しようかなと考えてしまうあたり、計画にとらわれていました。
小さな坂の途中で、梨をサービスしてくれる私設エイドのおじさんがおり、他のランナーさんと一緒に私もいただきました。
せっかくサービスしてくれているのに、皮の残骸をそのままにしていくランナーもおり、ちょっと悲しくなりながら、芯までしっかりいただきました。
あと、20kmを過ぎたので、スポーツ羊羹も食べておきます。

微妙なアップダウンに大分足が重たくなってきたと思っていたら、海が見えてきました。
そして大きな橋。(後日、調べたところ小天橋というらしい。)
道が細くて、一列でしか進めない。
上りになっていて、歩きたいのを我慢して走る。
下ったところの反対側に自動販売機があって、ちょっと誘惑にかられる。
ジュース飲みたいなぁ。でも、時間ないし。

時間は7時半を回っていて、街に入ると応援がある。
走るのがちょっと辛い。歩きたい。でも応援してくれる人に、まだ無様な姿はさらしたくない。
そう思っているのに、足が止まって歩いていました。
うー、早すぎる。
分かってはいたけれど、予想より早い。
足が止まるのは毎度のことだけれど、ペース表で考えていたよりも早い。
でも、ここでペースを上げようとしても逆効果なのは、経験で分かってる。
どうするよ……


よし、ロキソニン投入!


あっさり、薬に頼る私……
でも、完走のためには、手段は選ばないんだ!

ペースは落ちつつも、最初の関門、久美浜臨海学校跡地に戻ってきた。
ドリンクとバナナ、梅干しをもらう。
ここの関門は8:42。
今の時刻は8:05くらい。
関門には余裕があるけれど、予定より10分以上は遅れてる。
でも、まだ前半だし、どこかで挽回できるはず。ここからのペースは7'30だから、これ以上ペースが落ちなければ、このまま維持できるはずだし。
そう考えながら、走っては疲れが出たら歩くの繰り返し。

家の前に子供から、じいちゃん・ばあちゃんの応援に手を振りながら、ありがとうと応える。
ウルトラだと、しっかり返事できるからいいよね。
マラソンだと、そこまで余裕ないし。

あれ、何か見たことのあるようなものがある。
あの応援うちわとドナルドの帽子は、もしかしてtenkoさん?
あ、横断幟だ!
「あの、tenkoさんですか? らぴゅたびとです!」
無事にtenkoさんにご挨拶でき、幟をバックに写真を撮っていただく。

丹後ウルトラ_1.jpg
(tenkoさん提供)

「応援ありがとうございます!」
「頑張って~!」
お見送りされて元気いっぱい。

しかし、その元気も長くは続かないのでした。
行きはよいよい帰りは怖い~

七竜峠。復路です。

(続く)

↓お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 丹後ウルトラ2014
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する