07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-03-02 (Thu)
犬山ハーフマラソンの後半のコースは、川沿いの道を走る。
川沿いだから、見晴らしが良くて遮る建物もない。
この日は、風も気になるほどでは無かったけれど、去年は吹きさらしの風があったと聞いた。来年以降に備えて覚えておこう。

事前に見たコース図で、折り返しが16キロ近辺にあるのは覚えていた。ドリンクエイドも、その辺りだったはず。
喉が乾いていた。
15キロの看板を過ぎてから、まだかと思いながら進む。

すると向かい側にエイド発見。
すぐに折り返しの大きなコーンが見えて、ペースを落として折り返す。
エイドの順番は水→スポドリの順。
水を一杯もらい、スポドリを2杯。多少のタイムロスはあるけれど、ここでもらわないリスクの方が大きい。

向かい風が気にならなくなったので、再びアームカバーを下ろす。
残りは5キロと少し。もう少しペースを上げてみたい。でも、攻め過ぎたら持たないかもしれない。
自重しながらもじわりじわりとランナーをかわしながら前に出る。

このあたり、景色は良いはずなんだけれど、全く目に入っていない。気になるのは、残る距離。

残り3キロの看板が見えた。
ここからラストのダッシュを入れる…いや、入れたい。
あ、あかん、苦しすぎる~

練習不足は、こういうところが明らかで、粘りが足りない。
仕方なく、ペースを戻す。
ゴールは近づいているはずだけど、まだ見えてくる気配はなく。

後続のランナーとのスライド区間が終わり、左にカーブ。
なんか細い道に案内される…
小さなトンネルまであって、ナニコレ?

あとになって気づいたことですが、犬山城だったみたいです。
犬山城の脇を抜けるようになっていたみたい。
たぶん、城も見えたんだと思う。
必死過ぎて見えてなかったw

残り1キロ切って、必死にペースアップ。
4'10は切れているでしょ、と思っていたけど、実際は4'20。
ゴールゲートが見えて、最後にランナーを二人ほどかわしてゴール!

膝に手をついて肩で息をして、いや辛い
でも、走りきれた。
実力把握なって言っておいて、結局、ほぼ全力。
自分って、本当に馬のようだ。レースになると節制何てことばは完全に忘れてしまう。
来週のフルマラソンに影響でるかも?

そんなことを考えながら、ゴールゲートからチップを外してもらい、参加賞、そしてスポドリをもらう。
のどの渇きをドリンク一気飲みで喘ぎながら癒して、記録賞をもらいに行く。
さて、どんなタイムになったか…

グロス 1時間35分49秒
ネット 1時間35分35秒

あー、35分切れなかったか。
ベストから2分は遅い。
キロ4'30で走り切れていない部分もあったし、妥当な記録…
でも、現時点での全力だったんだけどなぁ
もう少し頑張れば届いた気もする一方で、半ば諦めに似た気持ちも…


その後、手荷物を受け取り、足攣りで苦しんだりしましたが(笑)
初めての犬山ハーフマラソンは、これにて終了。

最後に、おもてなし券300円で猪汁いただきました~

でも、帰宅途中で猛烈な腹痛と下痢に襲われたのはナイショだw
(猪汁は何も悪くないよ)


最後に、改めて公式記録からのラップタイム。

5km   22分50秒
5-10km 22分35秒
10-15km 22分43秒
15-20km 22分51秒

最初のスタートロスを考えても、段々遅くなってるし
体感としては、後半頑張ったつもりでも、落ち続けていたのが、よくわかります。
ここから、静岡マラソンのペースを考えますけど、どう考えても明るいケースにはたどり着かない…

これについては、また改めて。


初めての犬山ハーフマラソン。
RUNNETのレポでは、トイレ渋滞があったとかありましたけど、幸いにして早めに行動した私は、その洗礼も受けず、良い大会の印象しかないです。
エイドがもう一か所ほしいとか、思わなくはないですが、ストレスフリーの運営、ほぼアップダウンのないコース、走りやすいウェーブスタート。来年も出てみたいかと言われれば、出てみたいと思ってます。

ハーフマラソンは、硬派がいい。
そんな大会でした。


にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する