09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-02-28 (Tue)
スタート後、流れに乗って走る。
すると…トイレに行きたくなる…

はえーがな(笑)

確か、スタートして600mくらいのところにトイレがあると書いていた。
いやいや、ここでトイレに行ったら最初からレース捨ててるでしょ。
さすがに我慢して走る。
最初は混み気味だったけれど、すぐに流れはよくなる。

どのくらいのペースが適当なのかわからず、とりあえず体感で苦しくないペースで走る。
このところペース走をしていなかったから、タイムがよくわからない。
まあいいかと思って、気にせず走っていたら、4'20くらい。
苦しいかというほどでもないので、呼吸のペースをこれに合わせることにする。

コースの前半は、ゆるやかな下り基調…だったはず。記憶はあいまいだけど、走っていて楽なんだから、そうなんだろう。
でも、下りはそんなに続かなかったと思っていたら、ちょっと苦しくなってきた。
落ち着いたのは、3キロほど。4'30くらい。
もう少し頑張ろうかとも思うけれど、ハーフの距離を考えて自重する。

天気は、いい天気。
風もなく、ちょっと気温は高め。
暑くなって手袋を外し、さらにアームカバーも下ろす。
思ったよりも汗が出ている。
これは、水分補給はしっかりした方がよさそう。
こういうこともあろうかと、エイドステーションは事前チェック済。
5キロでウォーターエイド、6キロでスポーツドリンクだった。
折り返しが6キロだから、そこまでの我慢。

犬山ハーフはガチの大会と聞いていたけど、沿道の応援もちょいちょい。
さすがに手を振るほどの余裕はないものの、応援は嬉しい。
前行くランナーの背中を追いかけながら、ペースが合いそうな人を探す。
が…ちょっとずつ違う。
なんでかな…合わせようとすると、ちょっと遅い感じがする。
合わせるのって難しい。これも常にボッチで練習しているせいかw

4キロ過ぎでトップランナーとすれ違う。
さすがに速い。ファイトと一言声をかける。
この瞬間好きかもw
声をかけることで自分にも返ってくるような気がする。

5キロを通過。
タイムは、23分を切っていることは確認するも、それほどタイムを意識せず。
水を一杯もらって、折り返しを曲がる。すぐにスポドリのエイド。ここでもスポドリを1杯。
ついでに、塩熱サプリも1個食べておく。

ここまで下り基調だった。これが逆になるのだから、多少は苦しくなるのかと覚悟したけれど、それほど気になることもない。
…と思ったら後で確認してみたら、ちょっとペース落ちてましたw

後続のランナーが向かいから続々と続くけれど、今回は仲間もいないし、走る方にだけ集中。
ここまでは割といいペース。若干の向かい風が出てきても、むしろ涼しく感じているくらい。

淡々としたペースで走って、気が付いたら10キロ。
水をしっかり1杯もらう。
さらにもう1杯を口に含んで、残りを首にかける。

ここまでの記録を書いておくと

5km 22分50秒(スタートロスが14秒)
10km 22分35秒

キロ4'30できっちりペースでした。

コースは、はっきりとした上りが来るも、これはスタート地点のときの下りだった部分だから、大した距離じゃないとペースを落とさないよう進む。
このあたりで、2個目の塩熱サプリを取ろうとポケットを探るが…ないw
どうやら落としてしまった模様…
仕方ないと諦め。
今回は、塩熱サプリを3つとアミノバイタル顆粒を2袋。ワンセコンド1本を持っていた。
アミノバイタルは開けるのが面倒なので、後回しにして、ワンセコンドを14キロ手前で取ることに決める。

しかし、12キロを過ぎたあたりから、急に呼吸が苦しくなってくる。
汗をかきすぎているし、川沿いに出てから向かい風が強い。
トレーニング不足なのか、ちょっと足元がふらつく。
寒さも感じて、アームカバーを再び戻す。
苦しいのが消えないので、予定よりも少し早めにワンセコンド投入。
ワンセコンドを飲んで、ほんの2分ほどで楽になるのを感じる。
味も好きだけど、この即効性が好き。

呼吸を落ち着かせて、心持ちペースを元に戻す。
14キロの看板が見えてきた。
残りは7キロちょっと。
少し早いけれど、カウントダウンを始めてもいいかもしれない。
ペースを上げるのは、まだ早い。
すこしだけ余裕を残しての中盤戦でした。

(続く)


にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する