10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-11-30 (Wed)
伊豆トレイルに向けて、荷物がどの位になるのか調べてます。
水はもちろん、補給食、レインウェア、着替え、ライト…伊豆トレイルはUTMFに準じたレギュレーションがあって、荷物も多くなる。
どの位になるのか用意して今のトレランザックに詰めてみる。
いっぱい……てか、入らない。

天候次第ではユニクロのウルトラダウンも入れること考えていたのに、完全な容量不足。
持っているのはモンベルの二世代くらい前のモデルでヘタリも気になるし、ロングトレイルだとサイドポーチも小さくて、何かしら取り出したくても一々ザックを降ろさなければならないのはストレス。
しかたない、新しいザック買うか!(喜)
正当な理由がある時は、ホントに正直ですw

色々と調べましたが、予算の関係でなるべく安く手に入るもの、かつ、今回の荷物が確実に入るものということをベースに検討。
結果、2つに候補を絞る。

①サロモン スキンプロ15
②ノースフェイス マーティンウィング16

前者は、ベストセラーとなっている2016年度モデル。後者もベストセラーで初心者でも使い易いとある。
ネットで調べたお値段では、ノースフェイスの方が2000円ほど安い。
う~ん、でもザックは触ってみないと何とも言えない。

ヨシと決めると行動が早いのが私の特徴。忘年会の前にと15分だけと、トレランショップに寄って二つを比較。
どちらも良く、店員さんもオススメしていることが分かったけど、一番の差は、腰にポーチがあるか否か。
ベストタイプのザックは持っているけれど、腰周りに何もないというのは本当にストレスレス。でも、今回は補給食とか取り出すポーチがほしい。もちろん、サロモンだってザックのサイドにポケットがあって、スペースは大丈夫。でも、サイドにあるってのが、ロングになるとストレスにならないか? 体の硬い私が面倒にならないか?

悩んだ結果、選んだのがこちら。



マーティンウィング16のLサイズ。



このザックの良いところは、サイドのポケットが充実しているところと、外の大きなポケット(?)




多分、ここはレインウェアかウィンドシェルをゴソッと入れたりするのに使えると思ってる。
もちろん、メインのバック部分も十分だし、ハイドレーションも大丈夫。




で、実際のところ、どの位詰めれるのか確認してみた。



レインウェア上下、ヘッドライト、補給食、ファーストエイドキット、携帯トイレ、ハイドレーションまで入れても、まだ余る。多分、着替えやタオル入れて、さらにダウンも入れようと思えば入るんじゃないかなー。全部入れたら、さすがに重たくなるけど。

伊豆トレイルジャーニーのコースは、走れるコースということなので、あまり重たくしたくない。でも、天候次第によっては、お守りとしてのウェアは必要だろうと思ってる。きっと、走れなくなるしね。

まだ時間はあるので、持ち物はもう少し吟味したいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する