06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-11-28 (Mon)
ご無沙汰になってしまいました。
ブログは書けていませんでしたが、このところ、伊豆トレイルの準備に時間かけてます。
伊豆トレイルまで、残り2週間。
私のようなにわかトレイルランナーが、冬の70キロを完走するために、何が必要なのか、調べては買い揃えることを繰り返してます。

何分、基礎知識も経験も足りてないから、頼りになるのはネットの情報。特に参考にさせていただいているのは、ロングのトレイル大会の参加レポ。
UTMFやSTY、これ以外にも冬のトレイル情報を検索しては読んでます。
経験が足りてないことなのは、よく分かっているので、装備の基本は歩きで4時間以上となっても、生きて戻れるということをベースに考えてます。だから、荷物は多少重たくなることは覚悟。

でもね、ネットで情報仕入れても、結局、経験に勝るものなし。
そもそも、山を走れるんかいなーというのが心配だった(そこから ?w)ので、週末に山に行ってきました。


行き先は伊吹山。
いきなり行っても迷わない、トレーニングになるってことで一択w

冬の入口の伊吹山は初で、どんなもんかと思って出発~



めっちゃ天気快晴!
ウェアリングの確認もしたかったから、少しは荒天を期待していたのですが、天気が良すぎて悪いことはないw

出発地点は、かっとび伊吹でおなじみの伊吹薬草の湯。
ここから、まずは走って三ノ宮神社へ。




神社のイチョウが綺麗でした。
ここから、かっとびのコースではなくて、普通に登山道を登ることにします。今回はトレイルの経験値のためですし。



ここから、とっとこ登ったわけですが、前に山登りしたのが、かっとび伊吹の時だから、体が山を登るということを忘れているがな。めっちゃゼーハー言いながら、でも走りに来たんだから、ペースは緩めないようにと早歩き。
15分くらいで2合目到着。



ここから景色が良くなるところ。
旧スキー場の上りを、やはり走れずに歩く(笑)




温かいからか天気が良いからなのか、登山者もそれなり。
ご挨拶しながら、ゼーハー言いながら通過するワタシw




徐々に頂上も見えてきて、途中、適度に休憩は入れつつも、大休憩にならないように進む。
よし、もう少しというところで、現れたのは雪。ちょっとだけの積雪だけど、山の上だもんね。



が、ここから道がデロデロになる。
雪解けに登山者の踏み跡で、泥だらけ。まあ、でも気にしませんよ。きっともっとひどいことも多々あるでしょうから。



でもって、頂上!





かっとび伊吹の時、これが見えれば良かったのに~
なお、上りのタイムは1時間50分くらい。休みも入れてだから、まあまあ。

しばし、頂上散策をしたあと、おにぎりでお昼ごはん。
しかし、急速に寒くなり、レインウェアで防寒。さらにバフも被る。やはり、天気は良くとも頂上は氷点下で風もある。
濡れた背中が冷えると、ヤバイ感じ。
周りのハイカーのカップラーメンが羨ましい。
とっとと下山するに限るということで、トイレに寄ってから下山開始。
下りは走れるところは走る~



下りの衝撃を緩和させながら、足元に注意。スピードは出し過ぎないよう。でも、筋肉の負荷をかけ過ぎないように下る。
道を譲ってくれるハイカーさんにお礼を言いながら、ほぼノンストップ。




秋の野原もキレイ。
素晴らしい登山トレだわ…と言いたいところなんだけど、下山の途中から鼻水が止まらない。
えっと、これって、花粉症?
秋って花粉飛んでるの?
だらだら流れる鼻水に、息苦しくなりながら、これが伊豆でも発生するんじゃないかと戦いていたよ…

帰ってから調べたところ、セイタカアワダチソウで花粉症になるみたい…対策がまた一つ必要です…

2合目を過ぎると、こんなトレイル。



いや、スゴイよね。地面が見えない落ち葉。
でも、落ち葉の下はゴロゴロの岩がいっぱい(笑)。捻挫したくないし、慎重に下りましたw



下りは1時間20分ほど。
頂上での滞在時間も含めて4時間ちょっと。もう少しいたかったけれど、他の用もあって、薬草の湯へ。
風呂上がりにコレ。



うまいですな!

さて、山の感覚は思い出したので、あとは悪天候の対応と、ナイトラン対策かな~
残り時間を有効に使いつつ準備します。

それにしても、アンダーに長袖にするか半袖にするか、悩みどころ。今回の試走では走っている間は長袖暑すぎたけど、山頂では寒かった。う~ん、どう合わせたらいいの?

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する