07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-09-24 (Sat)
よく降る雨です。
ついにランオフ6日目。
いや、夜中には雨が上がったから走れたはずだけど、ここまで来ると走らんでもいいかなと怠けてしまってます。
今週末からは、練習を再開するつもり。

随分前になりますが、大阪マラソン当選のご報告しました。
わくわくしていないわけではなかったけれど、丹後が先にあったし、仕事の都合で走れない可能性があったから、あまり表だって口に出さないようにしていた。
けれど、どうやら仕事は回避できそう。
参加できるならば、フルマラソンはちゃんと走りたい。
10月30日まで、残り1か月あまり。どこまで行けるかはわからないけれど、30キロ走とかやらないとあかんよね。

今週末は、回復度合いを測りつつ、このひと月の計画も考えたいです。
では、丹後レポの続き。

-----

スタートは4時半。
並んだのが前の方だったから、スタートロスは気になるほどでもなく。
時間が時間だけに沿道の声援は、普通のマラソン大会ほどでもないけれど、それでもこの時間に応援してくれているということは、本当に応援するために起きてくれて時間を作ってくれているということ。感謝しかない。
ありがとう、行ってきますと言いながら、暗い街中を走り抜ける。

ペースは、早々に6分を切った。
去年は、だらだらと7分以上かけていた。
このペースで走ろうという人は、みんな力強い。
前行くランナーの背中を見ながら、息が上がりそうな、でも余裕があるくらいで七竜峠を登り始める。

登れば息が上がってくるし、汗も出る。
最初のエイドは、パスして適当なところで、ウェストポーチの経口補水液を飲む。
思ったよりも汗をかいているのに気づき、多めに飲むように心がける。
二つ目のエイドで、経口補水液を飲んでいるからとドリンクはほぼ取らずにバナナのみもらって出る。
十分と考えていたけれど、もっともっと飲んでも良かった。だって、すでに汗だくだったのだから。

七竜峠の嫌らしいところは、上ったと思ったら下りがあり、さらに上りがあるところ。
分かっているから騙されないけれど、最初の年は騙されたと思ったなぁ。
下りは、少しは足を残すことを意識する。どうせ、こんなことができるのは最初だけ。
下って上ったあたりで、夜が明け始める。
確実に去年より先に進んでいる。
ペースは上りは遅くなるけど、下りで早くなるから、トータルで5'45くらいだと判断する。
小さな集落に入ったなと思ったら、見たことのあるドナルド帽子が見えた。tenkoさんだ!

顔を合わせたら、名前を呼んでくれた。ついに顔を覚えてくれた模様(笑)
写真を撮ってもらおうかと思ったら、それは復路にして、調子のいい時は先に進んだ方がいいと言われる。
そういや、そうだねとありがとうと言って先に進む。

tenkoさん応援ポイントを抜けると、すぐに浜詰駐車場エイド。
ここでもバナナをもらい、確かクリームパンを食べたはず。
すると、しばらくするとお腹がちょっと怪しいかも。トイレ行きたい!(はやっw)

次のエイドがどこだったか考える。たぶん、くみはまSANKAIKANだったような…(うろ覚え)
くみはまは、まちゃさん情報によると、建物内の綺麗なトイレがあるという話だ。
それを期待して走る。
そして見えてきた建物は、確かにくみはまSANKAIKAN。やったーと思ったら、ペース上がってたよw

ここは少し豪華エイドなのだけど、スルーしてトイレに直行w
タイミングよく、大トイレが空いててラッキー♪
お便器様に座りながら、初めてペース表を出して今の時間と比べる。ちょうどon timeで進めている。
トイレから出るときに手を洗って、顔を水で拭う。
いやー、汗すごいかも
はっきりと自覚したのもあり、ドリンクをもらいながら、名物のナシをいただく。
でも、時間が気になるから、補給も最小限。オレンジを二切れほどもらって、再スタート。

ここから先は、小さな集落があったはず。
久美浜公園まで行けば、60キロのスタートする人とも会えるかもしれない。去年は、えむさんに応援してもらえたし。
そんな期待を持って進んでいたのですが、久美浜公園前まで来ても、それらしい人はおらず…
あれー、なんでかなー? みんな準備に忙しいのか……
そんな風に思っていましたが、どうやら私が早く着きすぎたようで、後ろのメンバーは応援してもらえたらしい。残念です。

久美浜公園を抜けると、再び上り坂。
そういや、そうだった。去年は、ここで歩いたんだった。今年は…走る!
走れる限りは走ろうと思っていたので、坂道でも息が乱れすぎないペースで上る。
それでも上りは楽じゃない。
ようやく下りに入ってペースがいい感じになったと思たら、小天橋が見えてきた。
おお、ここまで来た。去年は、ここから歩きが入ったけれど、今日はそんな気配はなさそうだ。

良いペースのまま小天橋を渡り、応援する人にありがとうを言いながら通過する。
このまま進めばいいだけだ。
気が付くと第1関門の海山園だった。
ここは、そうめんエイドだったはず。
そうめんかぁ、あまり好きじゃないんだよな。でも、ここで炭水化物を取るのは必要だし。
できれば温かいといいんだけど…
手に取ったそうめんは、やっぱり冷たかった…しかも、なぜか太い。そうめんっていうよりは、うどんみたいなんだけど。この地方のそうめんは、そうなのかなぁ。
冷たさが嫌な感じはするけれど、最後までいただく。

そして、足早にエイドをあとにしたが、急に足が重たくなる。
足そのものじゃなく、お腹が痛い感じ。これはトイレの前触れかと、最初はそう思った。
足の痛みは多少はあるけれど、我慢できないほどじゃない。
でも、走り続けるのが難しい。

「ちょっとだけ歩こう」
いつ、そう判断したのか、記憶があいまいだ。
気が付くと歩いていた。もちろん、そんなのはダメだと走り出す。
でも、長持ちしない。
あの電柱の向こうまでと、早々にウルトラ走りに変更する。
そうやって歩いていたら、まちゃさんに声をかけられ、そして颯爽と走り去って行かれた。
やはり、早い。今年は練習量が少ないとかブログにあったけれど、地力が違う。

何が原因なんだ……?
歩きながら自分の状態を確認する。
そこで初めて、雨は降っていないのにTシャツがぐっしょり濡れていることに気付く。
二の腕は玉のような汗。拭いても拭いてもなくならない。
これは脱水?
初めて、ここで自覚した。

慌てたところで、すでに遅かった。
残りの経口補水液を飲み干して、さらに手持ちのCCDワンセコンドを飲む。
それでも、全く楽にならない。給水が足りてない。

どうする……?
焦りはあるのに、なぜかクリアにならない思考。
完全に罠にはまっていました…

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2016
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する