05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-11-18 (Tue)
こんにちは。らぴゅたびとです。

昨日は、インフルエンザの予防接種をしてきました。
まだインフルエンザシーズンは先ではありますが、一度、かかれば長引きますので、毎年しています。
ただ、タイミングがなかなか難しい。
大会前は避けたいし、でも大会と大会の間で、12月よりも前…。
というわけで、奈良マラソンまで3週間は空いているこの時期としました。
今年は、我が家には受験生もいますしね。持ち込みたくないものです。

さて、いびがわマラソンレポその7です。

-----

みそスープをいただいて、おなかは少し温まりました。
でも、お腹が重たいのは変わらず、歩き混じりのランも変わらず。
ん? なんかさらにお腹が重たいような…。
これは、やっぱり……。

トイレ行きたい…。

ちょうど三倉の集落途中で、ちょっと汚い、でも私にとっては救いのトイレがあったので駆け込み。
トイレ、全く明かりなく。
暗闇の中で用を足しましたよw(こんな話ばっかでごめんなさい)

このトイレ前で、情熱的に応援している三人組がいました。
踊って歌って大騒ぎしながら応援してます。
でも、トイレから出てきたところを応援されても恥ずかしいので、そそくさと後にしました。

残る距離は10キロ弱はあるのは分かっていましたが、山間は抜けていたので幾分気分は楽になってました。
応援も、ところどころですが増えてきたのもありますし、歩いている人も増えてましたので、それも気持ちを楽に……へタレですね。
このあたりになると、颯爽と走っていく人の方が少なくなっているんですよ。
サブ4狙って、同じように挫折した人も多いのでしょう…。

雨は小康状態。一時のひどい時に比べれば、小雨というのもはばかれるほど。
それでも、時折パラパラときて、ブルーな気分にさせます。

ただ気が付くと、徐々にお腹に力が入るようになってきていました。
西平ダムのエイドで、スポドリをもらうこともできました。

そして、走り始めて初めて
「ぐわぁ?」
「ぐわぁだ」
「ぐわぁ!」
そうそう、ぐわぁTなんだよ。
中学生が反応してくれましたww
ここまで、ぐわぁTシャツ着てきたけれど、はっきりとした反応はありませんでした。
やっぱり、ビニール袋で見えなかったのかなぁ。

西平ダムを抜け、川口橋が見えてきて、戻ってきた感が強くなります。
ここまで来ると急に応援の人が増えてきて、その応援に応える余裕も出てきました。
あのガードレールの向こうまで、あそこの看板までと、一定の目標を決めながら走っては歩くの繰り返し。
そうしていると、いつの間にか距離が稼げているから不思議です。
これって、ウルトラの時についたパターン。
本当は、フルの走り方じゃないけど…。

朝鳥公園の脇を抜け、堤防道路への分かれ道まできて、ゴールがぐっと近づいたことを実感。
長かったけれど、残りは4キロちょっと。
ここまで来たら、楽しんで走るしかない。

ハイタッチしてくれる人には、必ずハイタッチ。
ありがとうと笑顔で返そう。
堤防の工事現場まで、いびがわマラソンを応援します、なんて横断幕があったり。
本当にいびがわの応援って、素晴らしい。

そうやって走っているうちにスイーツエイドでした。
ミニのドーナツを見つけて、パクリ。
あ、おいしい。



さらにエイドに入って、白いおまんじゅうをパクリ。
わ、クリーム入りだ。



他にはー、とどら焼きを見つけて、それをいただきました。

なんだ、食べれるじゃん。
いつの間にか、お腹は完全に復活していました。

あれだけ苦しんだのに、気持ちの悪さもなく、もっと食べたい気もしましたが、ゴールに向かって走り始めました。

エイド下の高架を通って、応援に後押しされながら、長く続く堤防道路を走ります。

このあたりだと、皆さん、ラストスパートと走りに行きます。
でも、私は相変わらずの調子。走っては疲れて歩き。完全に脚が終わっているし、固まっているし、続かないし。

そういや、井出さんに会ってない。
タイム考えると、追いつかれてもおかしくないんだけどなぁ。
実は、井出さん、すぐ後ろあたりを走られていたようです。
ゴールタイムも、あまり変わりませんでした。


脚が終わっていても、この堤防道路が一番楽しく走れていました。
何でしょうね。
お帰りが増えているのも嬉しいし、笑顔でありがとうと言えるのが嬉しい。
ちょこちょこハイタッチをしているうちに、ゴールまであと2キロ。

よし、ここからはビニール脱いで、ぐわぁTシャツで行こう。
そんでもってゴール前の写真に写るのだ。

するとすかさず、そうですよね、死ぬ気で走らないといかんですよね、と後ろからランナーに笑いながら声をかけてもらいました。
うん、やっぱりこうでなくちゃ。
ここからは、ちゃんと最後まで走ろう。

ありがとうと言いながら走っていたら、大高CRSのおかっち夫妻の応援を受け、ハイテンション!
さらに、橋の上でサプライズ。同じく大高ラン仲間のキンちゃんがいて、なんでいるのーと叫んでハイタッチ。

この橋が終われば、ゴールが見えてくる。
ああ終わってしまう…。
あれだけ苦しかったのになぁ。終わるのはさびしい。

ゴールへの角を曲がったところで。
名前を呼ばれる。
ああ、今回は聞き取れた。
丹後では分からなかったし。


そして……ゴール!
やったー、ゴール!
長かったー!


帽子をとって、コースに一礼。

タイムは4時間42分48秒。
私にとっては、ワースト2位の記録。
一昨年より、40分以上も遅い。
ダメダメな記録。


それでも…
楽しくて。
嬉しくて。
素晴らしい。

いびがわマラソン2014でした。

大会関係者の皆様、ボランティアの皆様、応援してくれた皆様、一緒に走ったランナーの皆様、いびがわ町の皆様、素晴らしい大会をありがとうございます。
いびがわを走れて、とても嬉し楽しかったです!!



ゴール後。
公民館に戻り、皆さんにご報告。
情けない結果ではありますが、笑顔で報告できました。

ブログ村の皆さんとのアフターはできませんでしたが、大高CRSのメンバーとお風呂&遅い昼食を食べ、お開きになったのでした。

これにて、いびがわマラソン2014のレポ完了です。

長々と読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m




読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : いびがわマラソン2014
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する