10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-08-31 (Wed)
おはようございます。

日曜日のかっとび伊吹。伊吹山を麓から頂上まで登ろうという、最初に考えて実行した人はすごい大会。
今回は30回大会ということで、記念の大会だった模様。

その大会レポを書きかけたのですけど、あまりに後ろ向きなのでリセットしたw
これまでいくつも大会に出てきたけれど、スタート前の心境の後ろ向き度からすると、1,2を争う大会…(自慢にならず)
私自身はそんな調子でしたが、大会そのものは、出てみたら楽しかったという、いい意味で裏切られました。
ブログに書くかどうか迷ったのですが、箇条書きなら書けそうなので記録として書いておきます。

・天気予報が数日前から雨なのでテンションだだ下がり
・当日の朝。中止かと思ったのに開催だった。どんより感は半端なかった
・5時半に出るも、トイレでコンビニに4回も寄る
・でも着いたら(8時ぐらい)早いくらいだった。到着は8時半でもオッケーなんちゃう?
・スタート前から山は見えない。おまけに大粒の雨が降り出す
・青学の監督さんがスターター。なぜにこんな田舎にこのタイミングでいらっしゃる
・でも雨w
・スタートから1キロまでは足元の水たまりが気になる
・神社の階段を上ってからが本当のスタート
・ペース上がらないけれど必死に走る
・美ジョガーさんの後ろをついていったら良いペース。あとをつけることにする(ストーカーではない)
・林道と聞いていたけど舗装やん。しかも走れる傾斜やん。走らなあかんやん
・ペットボトル1本走ったのは正解。この季節なら必須
・必死に走って坂道を5キロ。なのに一合目ってどういうこと?
・ゲレンデは嫌い。でも、登山道がドロドロはもっと嫌い
・トレランシューズは正解。でも泥が足裏にくっついて重たい
・二列に並走して走れるが、微妙に追い抜けない。追い抜こうと無理をすれば息が上がる
・美ジョガーさんはどこに?(はぐれたー)
・エイドの水がこれほどうまいとは(汗だく)。ここまで水を運んでくれて感謝しかない
・応援もうれしい。このために登ってきてくれてるのかな
・普通の登山客もいらっしゃって道を譲ってくれる。ありがとう!
・頑張れば抜ける。でも、抜かれもする
・抜くときは転ばないよう。相手に無理をさせないよう注意
・一瞬だけ下りがあった。他は上りしかない(当たり前)
・ついに手を使わなければあぶないようになる(八合目くらい)。手袋がほしかった
・ズルズルは上っても上っても続く。後ろのランナーの方がもっと足元悪いだろう
・帽子からしたたる水滴は汗なのか霧雨なのか
・残り200メートルから走れる。って走る脚が残ってないよ
・ゴールゲートが霧で見えないんですけどw
・いつの間にかゴールしてた(笑)
・霧雨でメガネが曇って見えません。メガネを外したらもっと見えませんw
・記念写真を撮る。相手も撮るが、撮れていたか心配(スミマセン…)
・待っていれば誰かがゴールするだろうけど、風が尋常じゃない。寒すぎる…
・すいません、先に下山します(ヘタレ)
・バス乗り場までの下りが危険。石段は滑る
・荷物をもらったら、即、バスに乗れた
・即、寝落ち(笑)(←メッチャ疲れていた模様)
・到着後、荷物をかかえたまま焼きそばを購入。300円也(お買い得)
・食べようとしたらキイミさん(風呂上がり)発見
・焼きそば、めちゃうまかった
・薬草の湯に入りに行くが長蛇の列。結局、入浴できたのは40分後
・女性の方はその限りではなさそう
・風呂から上がったら、食べ物が売り切れていた。事前に食べておいて正解
・速報が張り出されたので確認したら1時間39分59秒で40分を1秒だけ切れていた
・皆さんとご挨拶するも、用事があるので先に失礼しました

こんなもんかな。
のちに、皆さんのブログで知りましたが、この大会はハーフの記録が一つの目安なんですね。
私のハーフの記録は、1時間33分ですので、頑張ったつもりでも、まだまだです。

メッチャブルーなスタートでしたが、大会の運営は良いし、Tシャツも良かったし、応援もエイドもよい!
なので、来年も参加してみたいと思える大会でした。
もちろん、ガチでw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する