09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-06-08 (Wed)
おはようございます。

一昨日の嫁は体調不良で、物凄く機嫌が悪かった。そんなに辛いなら薬飲みなよと言っても、頑なに飲もうとしない。
子供の頃から薬を飲まないで来たせいなのか、薬を飲みたがらない。辛いのは本人なので、飲まない選択をしているので無理に周りがとやかく言うものじゃないと、思うようになったのは何度か喧嘩をしてから。
今回も彼女は我慢した模様。

私はというと、日頃から薬を飲んでいる。アトピーと耳の薬、さらにビタミン補給のサプリメント。そして、レース前になると整腸剤のビオフェルミン。
薬は万能じゃないのは分かっているけれど、飲めば効くと思えるものは素直に摂るようにしている。

レース中も頼れるものには頼る。のだけどね、薬は頼れるのか、よく分からないことが多い。
一つは、レース中は非日常状態で、身体の調子はいつもと違うと自覚があること。
フルマラソンなんて、汗で脱水に近い状態で走ってる。スポドリや経口保水液をどんどんつぎ込んでもトイレに行く気配すらないことは、当たり前のようにある。こんな時に薬を入れたとしても、効果があるのか、効きすぎたりしないのか、不安がある。
だから、レース中の薬の摂取は、困った時しか考えないようにしている。

困った時とは、どんな時か?
やっぱりウルトラマラソンの時が多い。
私の場合、足の痛みとか足つりとか、そちらはさほどないけれど、胃腸の痛みには毎回苦しめられている。食べられないと進めないから、食べられる状態にしたい。
ゆるりんさん他、評判だった陀羅尼助丸に手を出したのは、そういう理由から。でも、実際に使ってみると、効く場合と効かない場合がある。
これってどういう事なんだろうと思っていた。それに答えてくれたのが、コレ。



非常に参考になった。
私の場合は、痛くなるのは胃腸ではなく、胃だと思う。これは痛くなる箇所がみぞおち部分なので正しいと思う。
さすがに便に出血のある状態にまで陥ったことはないけれど、ストレスによって胃の粘膜が薄くなって胃酸にやられてしまっているのだと考えて良さそう。

この本での解説のお医者様が言うには、胃薬が効果的とのこと。市販の薬では、ガスター10とか。
いきなり大会で試すのは薦められないともあるので、長い距離を走る時に試してみようかな?


ああ、そうそう。この本でロキソニンで胃痛を引き起こす事が指摘されてます。これ、私も経験あります。去年の飛騨高山で。
胃痛が我慢出来なくなってきたので、飲んで誤魔化そうと思ったのですが、逆効果でした。その後、ゴールまで苦しんだという……(笑)
どうやら、ロキソニンを飲むなら胃薬も一緒に飲むのが正解みたい。よく考えてみると、歯医者でも、痛み止め支給する時は胃薬も一緒に処方されますよね。
膝痛とか、どうしてもロキソニンに頼りたい事態になった場合は、ガスター10との服用をお薦めします。

ちなみにガスター10は、ドーピングにはならないみないですねー。知らなかった。ロキソニンはどうなんだろ?

何にしても、あの痛みがなくなるなら、胃薬を試す価値がありますが、どのタイミングで試せるかな~?
(これを読んで大会試してみようと思った方、くれぐれも自己責任でお願いしますm(_ _)m)

スポンサーサイト
* Category : ランニング話
* Comment : (2) |

* by アンジー
痛み止めなのに胃が痛くなるってよく分からんと処方される度思います(笑)
僕はカーボローディングと称した爆食いで、胃もたれ状態でレースしたらジェルどころか水も飲めないほどの胃痛に襲われました。それ以来、レース前夜は胃薬(パンシロン)を飲んで寝てます。カーボも腹八分程度。
おかげで、胃のトラブルは無くなりました。先日の奥武蔵ウルトラという大会でも、エイドの固形物食べまくりでも胃はノントラブルでした。ガスターは飲んだことはありませんが、飲み慣れた胃薬を使うと良いのではと思い、ご参考までに(^^)

Re: タイトルなし * by らぴ
> アンジーさん

ありがとうございます。
実は、普段から胃腸薬にはお世話になっても、胃薬には世話になったことがないので、何がいいのかよく分からなかったりします。
週末の菅平で、ちょっと試してみようかと思ってます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する