08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-05-29 (Sun)
■再びの不調…
スライド区間が終わり、左に折れて再び上り坂。
それでも今度は歩くことなく走る。
なるべく長く、なるべく早く。
あれだけ気持ちが悪かったお腹も、今はそれほどでもない。
むしろお腹に意識していた方が楽に走れる。

エイドを見つけても、休みは最小限。
ドリンクの水だけもらって、被り水をしてまた進む。
すると、隣を走るランナーさんが次の関門が何時かを人に聞いている。
わかりますよと声をかけ、久しぶりにペース表を取り出してみる。

「71kmが15時15分、その先の馬越峠が16時40分ですね」
この時が13時45分くらい。71kmの関門の滝見の湯まで7キロくらい。
「それなら間に合うな。その先が16時40分? 間に合うかな?」
改めて言われてそうなの?って思う。
でも、よく考えると7キロで1時間半は十分間に合う。
その先は……どうなんだ?
暑くて頭がもうろうとしていて、計算ができない。

サングラスをしていても帽子を被っていても、容赦なく日差しが照りつけて、それが辛くてなるべく日影を走る。
じわじわとした暑さと上りに耐えながら、30分あまり。68km地点のエイドに到着。



人がまばらで、エイドに来るランナーの数が少ない。
その少ない人の中で、見慣れた被り物の人発見。
だれやねんさん! お互いになんでこんなところにーと言い合う(笑)
暑さでバテているようで、もう少し休んでから行くと言うので先に進ませてもらう。

ところが、上り坂の勾配がきつくなり、続けて走るのが辛くなってくる。
それだけじゃなく、またしてもお腹が気持ち悪くなる……
またか……

ガマンしながら、また歩きながら進む。
71キロのエイドまで、まだ3キロくらいはあるのか。
ボトルポーチのドリンクをあおりながら歩いていると、だれやねんさんが追いついてきた。
これまでのことを簡単に説明して「この先は?」と言われ「……迷ってます」

そう、迷っていた。


■リタイアか?進むのか?
正直、足が重たい。それだけじゃなく、お腹の調子も悪くなり、また走れない状態。
この先進んでも、必ず関門時間につかまるだろう。
この71キロエイドなら、温泉もある。
リタイアして、温泉につかれたら最高だろう。



70キロも越えた。70キロ走れば十分じゃないのか? 野辺山挑戦は、ここまででいいんじゃないのか?
迷いながら歩いて、71キロのエイド、滝見の湯が見えてきた。
なんだか賑やかだ。



そうか、71キロ部門のゴールだからか。
目の前を71キロの選手がゴールしていく、華やかで羨ましい。

時間は、かろうじて15時10分前。
関門時間には、20分くらいは余裕があるけれど……

エイドに入っても迷う。
目の前にリタイア受付があった。でも、足がそっちに向けられない。
とりあえず、ドリンクもらってひと息ついて……
今の自分の状態を確認を再確認……

あかんね……
諦めよう。
左手のGPSウォッチを見て止める。

「どうする?」とだれやねんさんに問われて…
この期におよんで迷う。
ここでリタイアするのは簡単だ。
でも、ここでリタイアしたら、野辺山最大の頂である馬越峠を諦めることになる。
馬越峠を走らずして、野辺山走ったと言えるの?
走りたくないの……?

「……いや、行きます」
「そっか」
だれやねんさんが、ちょっと目をそらした。
「わたしは、ここまで。リタイア」

私の目からは、まだ余力があるように見えたけど、だれやねんさんの経験から諦めるからには、相応の理由があるのだろう。

先に進むと決めたからには、時間は無駄にできない。
じゃあと、だれやねんさんに挨拶をして荷物を受け取りに行く。
途中、ファインテンのコーナーで筋肉の固さが取れる魔法のジェルを宣伝していたので、藁をすがる思いで、脚にすり込む。

荷物受けで荷物をもらって、補給食と経口補水液の入替と、入れておいたおにぎりをつかむ。そしてトイレに寄ってから再スタート。時計が止まっているのに気付いて再始動させる。
エイド出発の時間は、15時5分くらいだったと思う。
時計を止めたせいで正確な時間が分からなくなってしまった。おまけに迷った時間がもったいなかった。でも、覚悟が足りなかったのだから仕方ない。
おにぎりを無理やり経口補水液で飲み込み、歩きとちょっとだけの走りで峠の入口を目指す。

馬越峠を越える。
それだけを決意していた。


(続く)


にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 野辺山ウルトラ2016
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する