07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-05-25 (Wed)
■スタート
2時20分に起床して、朝一にテーピング。いつものように足裏と今回は膝のサポートにニューハレテープを貼っておく。(これが効いたのか、最後まで膝痛で困るということはなかった。)
着替えの準備が出来たのが3時。出発って何時でしたっけ?とナカタさんに確認したら、3時だって言ってましたよ。って、3時ですやん!
慌てて朝ごはんを持ってロビーへ。

各自の車で会場の駐車場へ。ちょっと迷いましたが(前の車について行ったら前の車も間違えてたよw)、無事に到着。止めたところが、照明のすぐそばだったので、すぐに朝ごはん。(宿のおにぎり2個とパンを1個)
1時間を切ったところで、しーやんさんとバスで会場へ。

会場に行ったら、すぐにやることは?
もちろん、トイレw
たまたまトイレ列の前方に、あの方を発見。最初はだれかなーと思ったのですが、目の前で正装されたのでだれやねんだと分かりましたよw(すみません、毎度のネタでw)

トイレはいつになく入念に。後ろで並んでいる人のことも気になったのですが、これだけは譲れないってことで十分に時間をかけました。
あとは手荷物をあずけて、42キロと71キロの荷物を預けたところでサングラスがないことに気付く。諦めようかと思ったけれど、暑くなるのだからと取りに戻る。幸いにして、あっさりと荷物が見つかり、サングラスをゲットできました。(これは、その後、グッジョブと分かります。)

そんなバタバタだったので、皆さんとの合流は諦めてました。
15分前からスタートセレモニーが始まったのですが、これが微妙ってか、大会委員長さんのご挨拶が何だか空回り……毎回こんな調子なんですか? 1分前のアナウンスに急に坂本さんの奥さんの話始めたり……。坂本さんも困っただろうなぁ。



微妙はスタートはさておき、空は快晴。
明るくなった山並みが綺麗。
あれが八ヶ岳。やはり、綺麗な風景はいい。
このために参加したという気持ちにもなる。



明るい気持ちの一方で「スタートしてしまった」、1キロ過ぎても「99キロもある」と覚悟が定まらない状態。
ただ周りのランナーに合わせて、風景にごまかされながら、とてもウルトラへの気合いとか、ウルトラを楽しもうとか、そういう気持ちが湧いてきませんでした。



ただ、皆さんに流されていた、そんなスタートでした。

■林道トレイル
コースは、およそは頭に入っていました。
これも、わずか三日前に少しは下調べしないとと思って、過去のレポを読んだり、今年のパンフを眺めたりと、そういうことはしていました。
でも、細かいところは分かりませんでしたので、踏切で止められるとか、JRの最高点があったとか、そういうところは知りませんでした。まあ、この手のものは楽しい部分ですね。




最初のコースのポイントが林道トレイルで、ここからが上りが始まることも知っていました。でも実際のところ、どこから始まるのか分かっておらず、なんかペースが遅くなったと思ったら、林道入り口でした。



トレイルに林道とつくからには、砂利道っぽいところだろうと予想していました。半分は当たり。そういう部分も少しはあった。けれど、大半は大き目の石がごろごろとある、どちらかというと走りづらい、緩めの登山道に近いもの。
確かに走れはする。けれど足元には十分注意する必要がある。石を蹴飛ばしたら痛いし、こけたらもっと痛い。実際に足を取られているランナーも見ました。
見えづらいのは、前行くランナーとの間が十分に広くない(渋滞と言うほどではない)、混んでいる状態だったので、ずーっと集中しなくてはならない。
これが慣れていない私にとって、非常に難しい。

気にしていたのはペース。最初の第一関門までは、キロ7分を想定してました。林道に入るまでは、キロ6くらいで来れていたので、多少のオーバーは許容範囲。それでも、キロ8が出てくると、さすがに気になってしまう。
そんな感じでしたので、最初のエイドはヴァームだけもらって、すぐに出発。
気になるトイレは、すでに行列でした。
トイレの少なさは、大会前から気になっていたので、この先も行列があるんだろうなぁと、ちょっと暗くなってました。



上り坂基調が徐々にきつくなり、ジョグが精いっぱい。それでも前に詰めて進んでいたら、見覚えのある背中。



目立ちます。プーさんとくまもんw
声をかけて、先に進みます。



そこから、どのくらい上ったか(下りもあった)覚えてませんが、コース最高地点に到達。ここが、およそ20キロ。
割とすんなり来れたような気になる。ここまで走って、ようやく調子が出てきたのでした。

(続く)


にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 野辺山ウルトラ2016
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する