05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-05-19 (Thu)
おはようございます。

野辺山のペースを考えてみたものの、どうも走りきれるか心配。
シミュレーションはシミュレーションでしかないのだけど、あれやこれや考えて答えを探してしまいます。
うん、ペースは重要。
でも、それだけではウルトラは完走はできません。
補給とトイレ。これを忘れないように…ということで補給とトイレの作戦ですw

まず、野辺山のエイド情報はこちら~




およそ4~5キロごとにエイドがある。短いところでは2キロ。
心配のトイレは、ほぼどこのエイドでもありますが、ないところもある。その場合でも、5~7キロ頑張ればいいので、エイドを目指せというのは、これまでのウルトラとそう変わらない。ただし、数は少なめなので行列は覚悟すべき。(もう少し増やしてくれないかなー…)

給食は、ここに書いている限り、パン、バナナ、おかしと定番なものばかりだけでなく、おしるこ、いちご、ぶどう、特産そば、うどんと色々とバリエーションもあり、豊富そう。スペシャルエイドがアレだったチャレ富○より、ずっと良さそう(笑)
ただ、下の方にも書いてますが、天気によっては不足する場合もある模様。

ちなみに天気予報は、晴れ。最低気温8度・最高24度という気温差が16度というジェットコースター気温。
おそらくは、フルーツ系がなくなるのが早いんじゃないだろうか。

さて、私、今までのウルトラで胃腸の調子が良かったのは、昨年のチャレ富士の時のみ。それも、途中まで苦しかったけれど、陀羅尼助に助けられて復活したパターン。それ以外は、かなり毎回苦しんでいる。飛騨高山なんか、ゴールまでずーっと駄目で、飛騨牛エイドはスルーした…
そんな感じだったので、ハンガーノックも経験してる。ハンガーノックは、ほんとに苦しくて、走れない、気力が落ちる、下向いて歩くの三重苦。
こうなっちゃうと、お腹に炭水化物系を入れないと、復活できないことも分かってる。逆に言うと、炭水化物を切らさなければ、ハンガーノックにならないともいえる。

その炭水化物のあるエイドは、
 12.8km パン
 35km おしるこ
 40km パン
 50km 特選そば
 68km パン
 87km うどん
といったところ。

ただ、これまでの経験からおしることそばは、それほどお腹に溜まらない。たぶん、ガツガツおかわりしないと足りないと思われます。あと、パンは食べればお腹にたまるのは分かっていますが、エイドでおいしいパンにあたることは期待できない…。大抵は、水分が飛んでパサパサで口の中の水分がギュンギュン吸い取られるw
そう考えると、荷物預けの中におにぎりを仕込んでおいたほうがよさそう。
丹後でも、チャレ富士でも、飛騨高山でも、それで助けられた。
荷物があずけられるのは、42kmと71kmの二か所。42kmは、ちょうどおしることそばの間なので、その間におにぎりを食べておく。 
71kmも、うどんエイドまで15kmはあるので、ここで補給することは意味がある。
おにぎりは、前日に早めに購入しておこう。(おにぎり難民にはなりたくない…)

あと、持とうと思っているのは、いつものパターンで塩熱サプリ、ワンセコンドは必須。暑くなりそうなので、ペットボトルは持って行くことにします。(最初は空でスタートして、途中で補給してもらう作戦。)
それ以外にも、これが良かった~ってものはあったっけ? 確か豆乳が良かった記憶がある。飲むヨーグルトもグット。

それにしても、暑くなるという予報だけど、コース上は日影があるのかなぁ。
やはりコースを知らないのは痛い。
前日、車で下見しようかな…(どうでしょう、ご一緒する皆さん?)

あ、そうそう。
野辺山は途中で温泉に入れるみたいですが、私は全く考慮してません(笑)
だって入ったら、そこから動けなくなること分かってるしw
というか、入ってもなお、走れる人は尊敬します!


にほんブログ村

スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : 野辺山ウルトラ2016
* Comment : (2) |

* by えーかわ
野辺山お疲れ様でした。

アップデート追っかけてました。50km過ぎても順調だし、70km通過時点でゴールには飛び込めそうだとは思っていました。

大会前に上手く走れていれば、違った結果になっていたんだろうなと・・・。

らぴさんでも完走できないとは、野辺山、ハードル高すぎですね。
まずは、ゆっくり休んで下さい。

Re: タイトルなし * by らぴ
> えーかわさん

ありがとうございます。追いかけてくれていたのですね。
走っている最中に、見てくれていると思えたら走り続けられたかもしれませんね。
コースはきつかったですけど、走り切れないほどではないです。
今回は、私のレース展開が下手だっただけかと思います。
挑戦するなら、41キロからをお勧めします。

コメント







管理者にだけ表示を許可する