04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-10-10 (Sat)
こんちゃーす。

このところ、平日が忙しくて、毎日10時過ぎ帰り。
そこから走りに出る気になれず、おまけに健康診断ありーの、バリウムで腹痛いーの、というので、大会前にもかかわらず、ランオフが続いてました。
さすがにこれだとマズイので、今日、走りました。
つまり、昨日の記事のプラン③実行。

本日、20キロをキロ5ペースで走って、フルマラソン後半の足にしてハーフを突っ込んでみる。きっと、足が重たくて後半泣くかもしれませんが、これもトレーニングと考えてやってみます。

あとは天気が雨にならなければ良いのですが。ちょっと怪しい感じです…。

では、丹後レポの続きです。

-----

温かい拍手の応援に応えながら、丹後庁舎の入口で、ボランティアの中学生がランナーを待ち構えていた。手にはコップ。ドリンクとつみれ汁の出前サービス。
嬉しい気持ち反面、無理~と思う。お腹の調子は持ち直して来たものの、固形物はおろか、飲み物も受け付けてくれない気がする。
申し訳ないと思いながら、お断り。

エイドの前で水を少しだけもらって唇を湿らせるくらいしながら、残り時間を考える。
碇高原を出たのが関門20分前。碇高原から、頑張ったから10分くらいは余裕が出たはず。去年より早くこのエイドに着いた。去年はここから歩いてギリギリだったはずだから、余裕はあるはず。
最早、ペース表を見ることすらせずに頭の中で計算だけする。

完走は間違いないけれど、目標を13時間と公言したからには、少しでも早くゴールしたい。目標時間には到底間に合わないにしても、恥ずかしくないタイムで行きたい。
他の人が、エイドで休憩しているのを横目に見ながら、バナナだけもらって再出発。口の中をもぐもぐさせたまま、走り出す。

一度休むと、疲れをどーんと感じる。重たい脚を動かして、また走り出す。

そして90キロ。
ついに残り10キロ。



まだ行ける。タイム短くできるはず。そう思っていたら、少し前の方に黄色のTシャツが見えた。ぐわぁTだ!
誰だろうと目を凝らして、井出さんだと気がついた。
正直、驚き。
ワラーチで、しかもこのペース。井出さん、早い!

井出さんを目指して追いかけて、ついに追いついた。
声をかけたら、ちょっと元気ない。どうやら足が痛いらしい。
そりゃ、当然だよね。ワラーチで90キロだもの。

…………。
ここで、迷いが生じた。

このまま追い抜いて行くか、それとも井出さんと行く?
明らかにペースは私の方が早そう。井出さんは、しんどそうだ。
自分は、このまま走れば、13時間15分くらいは狙えるかもしれない。
でも……と考えたのは、前に書いたコレ。

私、走り方下手なのでレース中、誰かと一緒に走ったことはサブ3.5チャレンジの時のじぇーてぃーさんを除けば、ほとんどない。ましてやウルトラで誰かとゴールの経験なんかない。
これは、そのチャンスなのでは?

にわかに湧いた考えに、戸惑いつつも考える。
一人で記録狙うのは、またいつでも出来る。
でも、井出さんと一緒に行くことは、今、この時しかない。

先に行って下さいという井出さんに、いやいや一緒に行きましょうと言うのに時間はかかりませんでした。

こうして、ゴールまであと数キロ、井出さんとの同道することになるのです。

しかし、これが後々、らぴさんは鬼、と言われる羽目になるとは、この時は全く考えもしませんでした。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (4) |

* by えいたろう
まさか③でいくとは! 予想外。
山登ったり、キロ5ペースで走ったり、いい脚を持っておられて羨ましい。
明日宜しく!

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> えいたろうさん

いや、きちんと大会で記録を残すえいたろうさんの方がすごいと思います。
明日は、お互い頑張りましょう!

* by 井出浩一
ええと、すみません(笑)

鬼なんて書いてしまいましたが、
レポではフォローするつもりです。
フォローに、なるかな?(笑)

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> 井出さん

フォロー…期待しないで待ってますw
自分でも鬼じゃないって主張しますよ!(笑)


コメント







管理者にだけ表示を許可する