05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-10-08 (Thu)
おはようございます。

今日は年に一度の健康診断。
うちの会社は誕生月に受けるシステムになっているのですが、今年は都合により日程をずらしてくださいまして、本日予定。
このために半日、休暇を取らなければならないシステムとなってます。

まあ、多くの人がそうであるように、私、健康診断嫌いです。
年も年なので調べていただけることは感謝するのですけど、前の晩から絶飲食で受けろとか、検査によっては下剤も飲めだとか、そういったことをしたあげくに、検査結果が悪ければ二次受診とか不安感一杯な結果を下さるわけで、好きになりようがないじゃないですか。
自分の身体のことなんだからとは思いつつも、病気のネタを探されている(いや、事実探しているのだけど)ということが、嫌だなーということです。
二年に一回にしてくんないかな。

唯一、体重と体脂肪だけは、去年との差異が気になります。
ほら、体重減ってりゃ、記録は伸びるはずですしw
トレーニングなしに記録が良くなるなら体重測定何度でもやりますよ(笑)

では、丹後レポの続きです。

-----

碇高原エイドを出ると、待望の下り。
すでに脚は張っているし、今さら大事に行っても仕方ないから、自分の最速だと思うペースで下る。
時計をみれば、キロ5分半くらい。もうちょっと調子に乗って来れば、5分半を切れそうな気がする。
さっきまでロクに走れなかったことを思えば、下りとはいえ走れるのは嬉しい。
どんどんランナーをパスして走れるというのも、気持ちがいい。
右に左に曲がりながら、足への負担は気にしながら下る。
左手には、ドロップバックに入れておいたおにぎりを握ったままw
さすがにウェストポーチに入らないしね。

不思議なのは、あれだけ苦しめられたハンガーノックが綺麗に消えつつあること。
おにぎり一つで復活できるとは、人間の身体ってのは本当に不思議。
遠くに見える海を見ながら、丹後の景色は本当に美しいと思う。そこを走ることが出来ることに改めて感謝。



途中のエイドで足を止めてドリンクはもらったけれど、それ以外はほぼ走る。
下って下って約6キロ。この間が丹後でのベストラップ。汗も噴き出たけど、それ以上に走ることが楽しい。ここにきて、まだ楽しいと思う。
ちなみに70キロからの記録はこんな感じ。

11'43-12'42-7'33-11'16-14'54(上り坂)
5'39-5'23-5'44-7'53-5'34(下り坂)

上り坂の半分で下っているんですけどww
どんだけ飛ばすんだってんだよね。
気が付けば、80キロ地点。



もう少しだけ下ると、178号線に戻ってきた。
長い下りだった。
出口から少しいったところにエイドがあったので、ここでおにぎりを水とともにいただく。
美味しそうだって、エイドのおばちゃんに笑われた。いや、食べんともたんし。
またトイレにも行ったかなw

ここからしばらくは、海岸線を走る。
美しい午後の海を眺めて走れる、素晴らしい地点なのだけど、碇高原の下りのあと、再びアップダウンを繰り返すところになる。
去年は、完全にここで息切れしてしまった。
でも、なぜか今年は走れてしまう。もちろん、坂道は苦しいのだけど、さっきまで下っていたフォームを意識すると足が前に出る。骨盤をきちんと立てて、腕を振ると上り坂も登れてしまう。

このあたりは皆さん、ペースが上がらないから、何人も抜きました。
これだけ走れる自分が不思議です。
ウルトラに復活はあると言いますが、私にもあったw

綺麗な夕日を右手に見ながら、ゴールを目指す。




下り坂で、どのくらい時間を稼いだだろう。
残りどのくらいでゴールできるのか。
こんな時こそ、りょうたさんが作ってくれたリストが役に立つのは分かっていたけれど、残り時間が分かってしまうと、とたんにダレて来そうな気がして、見るのはやめておく。ごめんね、りょうたさん。

そして、そうやって走っているうちに。
見覚えのある建物。

87キロ地点、第4関門。丹後庁舎でした。

(続く)

読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (2) |

* by りょうた
リスト・・・そう言えば、そんなの作ってたね?
って感じで、僕もまさかの関門を気にする展開になって、殆ど見無かった(笑)
まぁ、いずれどこかで役に立つでしょう。きっと、多分w

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> りょうたさん

見てしまうと、色々と考えてしまうと思って、怖くて見れませんでした。
見ても平気に考えられる強さがほしいなぁ。
見ながらでも、記録追えるようになりたいです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する