04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-10-01 (Thu)
おはようございます。

登山以来で走ってみました。
つーか、丹後ウルトラから数えて、三度目か。
痛かった右足の痛みは走れるくらいまでは引きました。
でも、大腿筋の痛みはまだ取れない。それでも、サブ4ペースくらいまでなら走れるという状態。
少しペース上げたら右足の痛みが出てきた。うーん、微妙。
今週末に30キロ走したかったんだけど、もう少し様子見になりそうです。

では、丹後レポの続きです。

-----

30キロ地点を過ぎて3時間半。
予定時刻と比較して10分遅れ。まだ挽回可能かもしれないけれど、難しくなってきている。
おまけに予定ペースは6分15秒なのに、すでに歩きが入っているからキロ7分を切っているくらい。
材料は暗いし、なんだか空も暗い。



どーんとモチベーションがダウンしてきたところに雨が降ってくる。
幸いにしてスタート時に捨てずにおいたビニール袋が、ここで役に立つ。
最初はしとしとだったのに、ざーっとした雨に変わって、あっという間に水たまり。
当然、靴も濡れてくる。
なんでかなー…。
走り、歩きながら、この先の距離を考えて、ぐらっとくる。
あかん、後ろ向きだ。

幸いにして雨は、すぐにやんだ。
そして見覚えのあるところ。浜詰駐車場だ。
tenkoさんは? あれ、ぐわぁTだ!
tenkoさんと一緒にいたのは、カステランさんとユキさんでした。
4人で一緒に写真を撮れたのは嬉しい。



そして三人でスタートしたのですけど、長く走れない私は二人を追いかけるような形になって七竜峠に入る。
七竜峠では走れない。なのでスマホを出して、メールチェックとLINEチェック。
嫁さんから応援のメールが入っていた。状況を報告。
「今、36キロくらい。お腹痛くて苦しんでるよ。でも、諦めない」

書いて気付いた。そう、諦めない。
大事なのは諦めないこと。
ウルトラは、フルマラソンと違う。
走れなくても、ペース落ちたとしても、諦めなければゴールができる。
ゴールできると自分を信じること。
それが一番大事。

改めて前を向いて、少し上り坂を走る。
距離は短くても走れる。歩いて、また走る。
走る距離を少しずつ距離を延ばして走っているうちに、先を行くカステランたちをかわして、他のランナーも追い抜いて、七竜峠をクリアしてました。

ここまできて空腹を感じていましたが、おなかのむかつきは相変わらず。
次の浅茂漁港では、うどんがあるはず。
うどんは食べておきたいし、そのためにはお腹の調子を少しでも整えておきたい。
そんなときのために!

陀羅尼助丸~!
(ドラえもんのあの音で)

ウルトラでは、このところ毎度のお世話になっておりますが、今回も服用。
ここから、下り基調を走る。
でも、調子が悪くて下りでも歩きが入って、さっきパスした人たちに抜かれる。
ガマンガマン。
徐々に天気も良くなってきていて、再度、海が見えたときは嬉しかった。



このあたりの海が本当にきれいでため息が出ます。




そして、気が付いたら42.195キロ。
フルの距離でした。



(続く)


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する