07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-10-23 (Thu)
こんにちは、らぴゅたびとです。

昨日のぐわぁTの日記ですが、人気は素晴らしく、訪問者がいつもの倍。
私のブログがではなく、ぐわぁTの関心の高さなんだと思ってます。
改めて、ぐわぁT、すごいね!
あやたさん、すごいね!


さて、大阪マラソン迫ってきましたね。
参加できない私としては、いいなぁと指を咥えるだけですけど、もう一つ、ちょっとびっくりしたことがありました。

先日、未来のウォッチ~サングラスウォッチ、という記事を書きました。
いわゆるメガネ型ウォッチが実用化されて、ランニング用に販売される可能性を指摘しました。
可能性として、エプソンあたりが実用化するんじゃないかとか、ソニーは期待薄とか書いていたのですけど、なんと大阪マラソンで、サングラスのようなメガネ型ウエラブル端末とスマホアプリで、私が考えていたことは、ほぼ実現できるらしい。
やるじゃないですか。
Googleの先を行きましたよ!

主体となってやるのはケイ・オプティコム。
関西圏ではeo光の事業者の方が分かりやすいのでしょうか。
そこがソニーとグラッソンというアプリと組んで、マラソンとメガネ型ウエラブルの新しい提案をするようです。。

メガネ型端末は、ソニー製です。
単色表示ということ、各種センサとGPS内蔵が他と違う技術ですね。
メガネ単体でもウォッチにはなりそうですけど、今回はスマホアプリと連動する形で、コース情報や順位、さらには応援メッセージを教えてくれるようにしたみたいですね。

こういった端末は、新しい使い方を提案するものが多いですけど、新しいものっていうのは、ユーザーにとっては分かりにくい、体験してないので価値がわからないというのが多いので、現在の情報だけだと、応援メッセージなんてうざくない?とか思ってしまいます。
ですが、こればかりは、まずは使ってみることが大事だと思います。


iPhoneが出たころ、AppleのCMがよく流れていたのは、ご存知でしょうか?
どんなのだったかというと、スマホのいわゆるフリックや拡大の操作の仕方を前面に出したコマーシャルでした。
つまり、世の中にスマホがなかったので、操作感なんて価値が分かりにくい。
特にガラケーが主だったので、操作感なんてなおさら分かりにくい。
その分かりにくさを見せるために、わざわざ大量のお金を使ってコマーシャルを打ったわけです。

一度、スマホを使えば、その便利さに皆が流れていったわけですが、そのとっかかりを作るためにAppleはお金を使ったんですね。


メガネ型端末というのは、それと同じで、今は価値が分かりにくいのだと思います。
でも、ランナーにとって、腕時計の代わりにサングラスに表示してくれる、腕時計以上の情報を表示してくれるとしたら、それは非常に分かりやすいのではないでしょうか。

多分、ランニングというのが、メガネ型端末に相性がいいものなのだと思います。

まあ、今はスポーツで使う端末として洗練されていなし、いきなり大会で使えるほどのものなのか、怪しい気がしますけど、こういった話題で注目されれば、それだけでメーカーにとっては良い宣伝なんじゃないでしょうか?


ぜひ、大阪マラソンに行く方は、ケイ・オプティコムのブースに足を運んでみて下さい。
でもって、使い勝手とか私に教えてほしいなぁ。

応援ついでに行ければ一番楽しいんでしょうけど、さすがに費用がなぁ。
大阪マラソン参加者と関西圏ランナーが羨ましいですw

名古屋でもやってくれないかなぁ。


↓大阪マラソンが楽しみな方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : マラソンギア
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する