09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-04-25 (Sat)
こんばんは。らぴゅたびとです。

週末ですね。
早くも、チャレ富士から一週間。
あちこちでレポが始まったりしていて、それがまた楽し。
チャレ富士のブログ読んだりしていると、まだ終わった感じがしないのは私だけですか?
たった一日の経験で、こんなに楽しめるなんて、ウルトラってブログって二度三度お得な感じw

んでは、チャレ富士レポの3回目です。
まだスタート前、前日です。

-----

コテージに戻って、再度荷物の準備。
ドロップバックには、着替え上下一式と色々迷った末にバックパックを入れる。
補給食として、おにぎりや準備してきたせんべいとか入れておく。
ブラックサンダーも入れる。

そうそう、このブラックサンダー。
豊橋企業のチョコ菓子だけど、関東で売っているので全国で売っているのだと思っていた。のべさんエイドで置いてもらおうと、お徳用袋パックを用意してきて、念のため、いりますかーと聞いたら、かぶとむしさんが知らないって。
関西で売ってないってことですか? ちょっと意外。
事実なら、次回の関西遠征のおみやげにしようか。

あとは、明日の朝、会場で荷物あずけをしようかと思って、別のバックに準備しておく。
傘やら上着やレース後の食べ物とかも入れておいたのですけど、晴れてたし、それほど寒くなかったので、必要なかったかも。

荷物の方は、ほぼ完ぺきになったのですが、困っていたのはトイレ。
前日のトイレの回数が次の日のトイレを決める。
なのに、ちっとも気配がやってこない。
トイレに行けば何とかなるかなと、10分こもってとりあえず1回。
でも、経験上、これは当日苦労するパターン。

そんなことしているうちに、9時半を過ぎている。
明日の朝は2時半ぐらいに起きる必要があるから、さすがにもう寝ないと。
明かりを消して、毛布に潜り込む。ジャージと長そで二枚、毛布だけでは、寒さを感じてダウンジャケットをさらに一枚布団代わりに被る。

さて、寝るか……
…………

眠れねー!w
普段、1時とかまで起きているし、レース前の緊張もある。おまけに慣れない環境。
簡単に寝れないわー!

いやいや、それでも寝ないと毛布を頭まで被って目をつむる……
…………
…………
…………


ごそごそ音で目が覚めたら、2時を回ってました。
寝れたじゃねーか(笑)
自分、結構疲れてたみたいですw



起きてすぐにファインテンのパワーテープを脚に貼る。これはいつもやっているおまじない。
さらに今回はテーピング。
足裏とふくらはぎ。100キロ走るには、出来ることやっておかんと。
この時は、すがる気持ちがあったのですが、結果的には効果があったと思われます。
次回以降も、実施予定。


その後、朝ごはん。
用意していたのは、こちら!



どん兵衛!
お湯があると聞いて、事前に用意しておきました。
本当は、これに餅を入れるつもりだったのですが、忘れてしまった……
と、思っていたのですが、実はカバンのポケット入っていて気が付かなかっただけw

どん兵衛は、朝は寒いだろうと思ってチョイス。さらにおにぎりを2個+カステラ。
さらに大福をと思っていたのですがお腹に入らず。
あわてて着替えをしてから、トイレ。ようやく一度はすっきり出来て、ちょっと不安が解消。
大体準備ができたのが3時半ぐらいだったかな。

えー、結構、一部の方は優雅で、コーヒーいただいてましたねw



場所が近いので、のんびりムードなのかな。
ただ、もう放送が聞こえてきているし、道路はひっきりなしに車が往来しているし、間もなく118キロのスタート。

そろそろ行きませんかーと声をかけて、ぽんきちさんらと一緒に移動を開始。
会場に着くと、坂本さんが、ちょうど登場。写真を撮ろうとしたのだけど、もうピンボケもいいところw



そうしているうちに皆とはぐれてました……orz

時間もないし、荷物預けに体育館に移動。
上着を入れているうちに4時になり、118キロの部がスタート。
あわてて荷物をあずけて道路に出たところで、かろうじて最後尾のグループに声援を送れました。もうちょっと、ちゃんと見送りたかったな……

その後、トイレの列に並んで15分ほどでしっかり済ませる。
トラックに出て体操をしていると、さかおRさん発見。
ごあいさつしてるうちに100キロの4時半の組がスタート。
準備体操だけはしておきたく、ギリギリまで動いてから、行列の最後尾へ。

もうずいぶん明るくなってきており、富士山が綺麗。



もうちょっとマシな写真を撮りたかったので、色々といじっているうちに携帯がセーフモードになる。
は? 何これ?
あわてて再起動。
だが、携帯がうんともすんとも言わなくなる。

ええーー、とか思っているうちにカウントダウンが始まった。

くっそー、写真撮りたかったのになー。
LINEとかのやり取りも楽しみにしてたのに。
諦めてポーチにしまって、スタートの声と同時にGPSウォッチを押す。

よっしゃー! 周りの人と一緒に大騒ぎしながらスタートへ。
ゲストの寛平さんとハイタッチをしてから、競技場を一周しました。

そして、人生二度目のウルトラ100キロが始まりました。

(続く)

読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : チャレンジ富士五湖2015
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する