05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-04-14 (Tue)
こんばんは、らぴゅたびとです。

もーいくつねーるとー、チャレ富士だー
そうです。残すところあと5日。
ちまちまと準備をしてはいるけれど、なんでしょうね。この感覚。
じわっと焦りがあるような、早く来るなら来てほしいような、もう少し来るのが先でいいような。
自分の受験の時の感覚を思い出す。
まあ、あれほど切羽詰まった感はないけれど。


先週末。嫁さんにウルトラマラソンについて苦言を言われてしまった。
フルマラソンは、いい。
でも、ウルトラは心配だ。
倒れでもして、万が一なことになったらどうするの。

とまあ、こういうことを言われた。
正直、うーんと言葉に詰まった。
心配は分からないではない。
距離が距離だし、何が起きるか分からないってことは、ままあること。
ウルトラに出て亡くなった方もいるのもニュースとしては知っている。
趣味に打ち込むのはいいけれど、それでもしもが起こったら…ということだと思う。
逆の立場なら、そういうこと分からなくはないし。


でも、ウルトラマラソンとフルマラソンだと、命の危険ということであれば、フルマラソンの方が高いという気がしてます。
フルマラソンは、限界まで追い込む。苦しくても、壁を突破しようとする。
その結果、本当に倒れて救急車のお世話になる人もいるし、私自身、似たような経験はゼロじゃない。幸いにして、本当にそういうことになったことはないけれど。

ウルトラマラソンは、そこまで行かないんだよって言っても、なかなか分かってもらえない。
結局、強度の差があるってことがランナーじゃないと分からないのかもしれない。
むしろ、故障の危険があるとか、雨に打たれて風邪をひくとか、夜道で車にひかれそうになるとか、そういった心配の方をするならわかるのだけど。


心配をかけてまですることなのかと言われると、また答えに詰まるところはあるのだけれど、チャレンジしてみたいし、一度きりの人生をどう使うのかは、自分が決めることだと思うわけで。
結局、わがままを通しています。

この先、ウルトラマラソンは、やっぱり年に二回くらいはチャレンジすると思う。
今は100キロだけど、この先、もっと先に行きたくなることもあるかもしれない。
正直、3年前の自分は、100キロ走るなんてこと、考えられもしなかったし。
そう考えれば、まだどう化けるか自分でも分からない。


だけど、今週末のチャレ富士。
もちろん、自分でチャレンジするのだけれど、嫁さんや家族の理解もあるのだということは忘れてはいかんことなのです。

色々含めて、走らせていただいている。
それを噛みしめた上で、スタートラインに立ちたいと思います。


これも一つの決意かな。


読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : チャレンジ富士五湖2015
* Comment : (2) |

* by tenko
こんにちわ
もうすぐですね。

うん、確かにフルでは救急車や心臓マッサージなど
たくさん見たな・・・
ウルトラではそんな光景にあったことはないな・・・
まぁ距離的、人数的に遭遇しないのかな・・・

でもウルトラはゆったり楽しそうに走って見えるのは
応援目線・・・??
一度、奥さん湖月に連れてきてみたら・・・

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> tenkoさん

準備は、お互い着々のようですね。
コース上でお会いできること、楽しみにしています。
うちの嫁さん、そんなに長く応援できないと思います。体力ないですしw
きっと誘ったら、何しにとか言われそう(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する