03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-03-13 (Fri)
こんばんは。らぴゅたびとです。

チャレンジ富士五湖まで、あと一か月あまり。
ここまでフルマラソンにばかり注力してきたので、ウルトラの練習なんかしてない。
不安を感じて、去年完走した丹後の前の練習を確認したら……あれ、走ってない。
長い距離全然走ってませんでしたw
そっか。月間走行距離が200km超えてなくても完走なら出来ていたか。
少し安心だー(笑)

でも、少しは練習しないと。
今月はようやく100km超えようかというあたり。出来れば週末ロング走かLSDをして、少しでも距離を踏む練習をしたいところです。問題は時間と根性だなぁ…。とくに根性。長い時間走る楽しみを見つけないと続けられないです。
食べ物目標にしようかな…。

静岡マラソンレポのつづきです。

-----

30キロを前にしてペースを上げることにしましたが、雨風が強く、ロクにペースが上がった気がせず。GPS時計の1キロごとのラップは取っていたものの、見る気になれず放置状態。
ようやく30キロまできた。

改めて20~30キロの間の記録を確認すると、

9'40(2km 4'48)-4'51-4'52-5'06 (24'30)
4'52-4'55-14'44(3km-4'54) (24'34)

苦しかった割に落ちてない。
上がってもいないけれど。
折り返し以降、風が強くて早くもう一度折り返したかった。
ようやく見えてきた折り返しポイントに、ほっとなりながらコーンを回る。

…が、足が踏ん張れなくなっている。
これは脚切れの予兆。まずい苦しいかも。

一度、苦しさを実感してしまうと、その辛さを忘れることが出来なくなる。
雨も冷たい。やばい。カッパ着よう。
今更ながらと思いながらも、腰に巻いていたカッパを着る。
前のスナップボタンを留めるのに時間がかかる。雨対策にと手袋の上にビニール手袋をしてきたけれど、手袋自体濡れてしまっていて、もう手がかじかんでしまっている。
一瞬だけ足を止めて、ボタンをはめて、再度走る。

折り返してまもなく、エイド。
ここでもイチゴの提供があった。一つもらって走るけれど、お腹が痛くなる。
いやこれは体が走るを止めようとしているだけで、実際は走れるはず。

もう何度目か分からないけれど、そう思い込もうとする。
そうやってガマンしていれば、痛みが引くはず。

なのに、今回ばかりは痛みが長い。引かない。
辛い。トイレに行かないと駄目か。いやいや行きたくない。

ガマンしたまま、ついに海岸線沿いから道が左に折れて、35キロを通過。
残り7キロ。たった7キロ。このままのペースを維持できれば、自己記録は間違いない。

それなのにお腹が痛い。辛い。限界を突破したい。突破できない? ダメなのか?
腕をコンパクトに折りたたみ、小さく振ることを意識しても、苦しさが変わらない。
呼吸が苦しい。

そして、見えてきたのは坂。
それほどの勾配じゃない。それでも、この時の私にとってはキツイ坂。
上り始めて、息が上がり。
そして……足を止めてしまいました……
とたんにぐらりと揺れる視界。

ああ、ダメだ。突破できない。
走りたい。けれど、このまま走ったら倒れる。
倒れたら、嫁さんとの約束を破ることになる。

嫁さんとの約束。マラソンで倒れないこと。倒れるようなことになったらマラソン止める。そういう約束を前からしていたのでした。
一瞬、嫁さんの顔がフラッシュバックして……

私の中で、何かが切れたのでした。


ここから、残り6キロあまり。
長い敗戦処理が始まりました。

(続く)


読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 静岡マラソン2015
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する