05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-02-21 (Sat)
こんにちは。らぴゅたびとです。

続々と東京マラソンの記事が増えてますねー。
いやー、すごい。東京マラソン祭りってこんな感じなんですね。
走られる方、体調整えて楽しんでください!

さて、京都マラソンのレポも5回目。
中盤に入ります。

-----

賀茂川に出ると一気に視界が開ける。こころなしか足も軽くなった気がする。
すぐのエイドで、初めての給食。
あったのはバナナと飴、そしてトマト。ちょっとトマトには手を出せず、バナナをもらって食べる。
いつも、固形物を食べると大の気配がするから躊躇してしまうのだけれど、この時もちょっと迷いながらももらう。

橋を折り返し、賀茂川沿いを気持ちよく走る。
いつの間にかしっかり走れている。少し下りだからだろうか。
コースは賀茂川を左側から進み、その後右側に変更。ちょっと太陽も出てきて温かさを感じる。このまま晴れてくれるとありがたいのだけど。
そして、20km通過。

5'06-5'17-5'15-5'07-5'07 (25'59)

北山通りに入ったとたん沿道の応援の数が増えたように見える。
ブログ村の応援隊は、このあたりのはず。左側だよね。
応援の人たちが手を出してくれる。なんか久しぶりにハイタッチ。
次々とハイタッチしているうちに気持ちが乗ってくる。
ありがとうー、と言いながら応援に応える楽しさ。そうそう、これが京都マラソン!

うん、これは、明らかに復活した。
さっきまでのグレーな気持ちはどこかへ行ってしまった。
調子いい。20キロを過ぎたのに、余裕十分という感じだ。このままなら30キロまでだって、全然平気。たのしー!

北山駅が見えてきて、そして黄色いぐわぁうちわを発見! THさんたちだ!

「絶好調ーーーーーっ!!!!」

叫びながらハイタッチして通過。
なんだか止まらない。
気持ちはハイのまま、今度は向かいから来るランナーを注視。ぐわぁT見つけられるか?
そうやって見ていたら、サブ3.5のペースランナーが通過。
あれ? もしかして、サブ3.5って案外近い?

そう思って走り続けていたのだけれど、去年までのコースだった狐坂手前を過ぎて、そこから結構走っても折り返し地点が見えてこない。
そう思っていたら、メガネくん発見。声をかけたけれど、気が付いたかな?

ようやく見えてきた折り返し地点にほっとしながら、今度は後ろのランナーの中のぐわTを探す。
ストラトさん発見! 声をかけるも、ちょっと苦しそう? そして次に現れたのはカステランさん、速い! サブ4ペーサーよりも速い。もうひとり、マルさん。気が付いてハイタッチ!w

こうやって元気もらって、北山駅近辺に戻ってきたら、
「らぴゅたびと、がんばれー!」の大声。
たぶん声を上げてくれたのは、りょうたさん。だよね? 間違っていたらごめんなさい。
北山通りの終わりで、25キロ通過。

5'10-5'01-5'17-5'08-5'02 (25'48)

そして南下してまもなく、三つ目の折り返しを曲がる。ここで、ストラトさんに声をかけてもらう。折り返しは辛いけど、対面走行はこういう良いことがある。
ほどなくエイド。去年はここで、半ばリタイアした。でも、今年は元気。
バナナとパンを一口もらう。残念ながら、パンは全部食べられない。
そして、新コースとなった植物園に入る。

どんなところだろうと思っていたのですが、普通に公園みたいな感じ。
でも、道は細いし、くねくね曲がって走りづらい。
それと、徐々に疲れが出てきたのを感じる。もしかして、壁がきちゃった?

まずいと思って、すぐに塩熱サプリ投入。そして、ここがこのレースの最初のポイントだと判断する。
お腹の中心を意識して、腰を前に出すつもりで足を出す。
それでもちょっとペースが落ちるのを感じる。ここからが粘りだ。

植物園を抜けると再び賀茂川沿いに出る。
賀茂川に戻ったとたん急な向かい風。これはちょっとと思ったら、また雨粒がパラパラ。
今度は風もあったので、ビニール袋をすぐに被る。

土手におりて路面がアスファルトから土に変わる。
そのわずかな変化にちょっと脚が追いつかなくなるのを感じる。
明らかに壁がきた。でも、重たい感じで痛みは感じない。これなら、まだ走れる。

途中、かおりんさん、し~やんさんらの応援を受ける。必死に返事したけど、聞こえたかな?

辛くなると私は、ペースを上げたくなる。でも、まだ早い。もうすぐ30キロ。30キロまで行けば残り12キロになる。
ペースを上げるとしたら、ここからだ。

まだ30キロにならない? まだ29キロだ。
もうガマンできない。ここからスイッチ入れてやる!

手持ちの最後のワンセコンドを飲み干して、自分の中の抑えて気味だった気持ちのスイッチを切る。
私の本当の意味でのレースが、ここからスタートしたのです。

(続く)


読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 京都マラソン2015
* Comment : (2) |

* by りょうた
応援したのは僕で間違いないと思います。
全身全霊で腹の底から声を出しました

らぷたさん、がんばれぇぇえええ!

と(^^)

Re: * by らぴゅたびと
> りょうたさん

応援ありがとうごさいました。
なんか、声援が聞こえた瞬間、背筋がビビッと伸びましたよ(笑)
すぐに戻っちゃいましたけどw

コメント







管理者にだけ表示を許可する