09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-02-07 (Sat)
らぴゅたびとです。

昨日のブログで、京都マラソンの天気は曇りと書いたら、その夜のうちに曇り時々雨に変わったらしい。
雨か……いびがわと同じ展開だとすると、非常に辛い。
あの時はお腹下して、レースどころじゃなかったし。
まだ天気変わるかもしれないし、いやいや変わるに違いないし、期待して祈っておきます。参加者の皆さん、晴れの念を送りましょう!


ブログのコメントで、k.takaoさんが36歳から走り始めて5年でサブスリーしたと書いて下さいました。チームで40人もサブスリーランナーがいるとも。
正直、すごい!

私の自己ベストは、2年前の3時間52分59秒。
走り始めて4年過ぎたのですけど、まだ、このくらい。
多分、伸びている人からすると、私の伸びは遅いんだろうなと思います。

初フルが4時間ちょっとだったので、全く成長していないわけではないのですけど、なかなか壁を突破できないでいます。
トレーニングが足りてないとか、練習方法が悪いとか、理由は色々思わないではないのですが、一番足りていないのは、自分自身の覚悟だったり、記録へのこだわりだったり、負けず嫌いな心だったり、そういった精神的なものではないのかな、と風呂に入りながら考えてました。

一言で言えば、速くなりたいと心底思ってない。
自分で限界を決めている、どこか諦めているところがある。

たとえば、自分がこの先サブスリーランナーになれるのかと問われると、いやー無理なんじゃない? とか思ってしまう。そのための努力する気持ちがあるのかと言われたら、ないわけではないけれど、すべてをかけてまでしたいと思ってない。

壁を破っていく人というのは、そういうことを決めている人が多いように思う。
自分の心の常識を疑って、突破するんだ、それにかけているんだ、できなければ悔しい。そういったことが原動力となり、トレーニングも、本番も命をかけるかのように最後まで振り絞れるように思える。

私には、それが足りてない。



3時間45分で走れたらいいな…
ではなく、
3時間45分で走り切る!
ゴール後、すべてを出し切ったと思うように走る。それにかける。

そういった気持ちを持たなければ、壁を破れないのではないか?

自分自身を信じて、諦めない。
これが自分の壁を破る、最初の条件ではないのか?



京都マラソンでは、自分の壁にチャレンジしたい。
そして、いつか夢のサブ3……いや、さすがに今はそこまでの覚悟はないけれど……。
それでも、夢を目指すため、一つ目の壁を壊しに行こうかと思います。

覚悟を決めろや!(゚Д゚)ゴルァ!!



読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ランニング話
* Comment : (2) |

* by ストラト
お互い悔いの無いレースにしましょうね。
今日の記事、良い刺激をいただきました。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> ストラトさん

ありがとうございます。
気持ちがないと走れないと改めて思ったのでした。
がんばりましょう!

コメント







管理者にだけ表示を許可する