08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-01-25 (Sun)
こんばんは。らぴゅたびとです。
本日は、大阪国際マラソンをはじめ、各地でレースがありました。参加された皆さん、お疲れ様でした。
今日は天気もよく、思ったより暑かったんじゃないでしょうか。

私は、予告通り30km走を実施してきました。
目的は、京都マラソン三週間前の最後の30kmにチャレンジすること。と、もう一つは先日のブログにも上げましたが、30kmの壁の破り方仮説の実証実験です。

ここで仮説の振り返り。
①落ちたあとでもガマン。走れる時間が来るのを待つ。
②落ち始める前の心理をポジティブに
③自分の自信のある距離と苦しさを作っておく
とまあ、こういうこと考えたのですけど、③については、すでに5kmまでなら何とかなることは分かってます。なので、今回は除外。

問題は、①と②ですね。
これのクリアが今回の目標です。

本日のスタートは10時半。
ちょうど娘の中学の制服を採寸に行くというので、その間は私はフリーw
以前、上の娘の時について行こうとして、来るなと言われてたので、久しぶりに晴れ晴れ自由に走れます。

ちなみになんでついてくるななのかというと、年頃の娘さんが一斉に採寸するので、男子禁制の世界なのですw
同世代の男子からすれば憧れの園かもしれませんが、親父世代だと変態扱いされますねー。皆さん、気を付けましょうw


今回のコースは、色々迷ったのですが、マイコースの近所の川沿いコースにしておきました。
良い点は信号待ちがない。コースもよく分かっている。悪い点は、川沿いなので上流に行くのに若干上り、上流から下流に向かえば下りになって、あまりペース走向けじゃない。道路を何度も横断するので、時折ストップが入るってことでしょうか。
それでも、京都マラソンは上り下りありのアップダウンコースですから、それも考慮に入れることにしました。
今回は、このコースを二往復して30kmとします。コースのポイントは、折り返し地点で心が折れて帰りたくならないか、ですww
実は、着替え時点からやりたくなかったもので…。でもねー、ブログでもやるって書いちゃってましたから、イヤイヤ準備しましたよ。

スタートは、アップがてらゆっくり目。
その後は、5'15を意識して走ります。ちょっと左の腸脛が張り気味なのが気になりましたけど、体があったまってくるころには、気にならなくなってました。
5'15と考えていたにも関わらず、若干早め。足も重たさを感じないし、そのまま3km超えて5km近くまでくると、完全に楽になり走るの楽しくなっていました。上りもほぼ気にならず、ちょっとキツイところもガシガシ上れちゃいます。そのまま気持ちよーく折り返し地点に到着。

思いのほか暑いもので、水分が足りない感じ。
折り返して下りは気持ち良かったものの、平坦に入ったところで苦しさを感じて、スポドリがばがば投入。するとしばらくすると、楽になってきました。VAAMの顆粒も飲んだので、その効果もあったのだと思います。

思ったよりも元気のある状態で、スタートポイントに戻ってきて15km地点を通過。気持ちにも余裕があるので、前向きです。ここらへん、ポジティブ思考できてました。きちんと走り切れたら、ケーキ食べたいとか思ってましたしw

18km地点で、ちょっと足を止めてサバスピットイン投入。久しぶりに飲んだら、これはあかんかも。やっぱりグリコのワンセコンドの方が好みだ。次回は、ワンセコンドを買おう。

そのまま上りにさしかったところで、後ろからきた男性ランナーにパスされます。
私のこのときのペースが5'05くらいだったのですが、キロ5くらいな感じ。見た目割と年配な方ですが、走りに余裕がある感じ。羨ましいので、ペースメーカー代わりに追いかけることにしました。向こうの方がペースが速いですけど、道路を渡るための待ちなんかがあったので、何とか視界にとらえることができ、辛い上りは追いかけることで気持ちが維持できました。前にランナーいるってのは、辛い時には色々ありがたいですよね。
このランナーさん、折り返し地点あたりで分岐されていきました。ありがとでしたー。

ここまでで22キロちょい。ここから下り基調だし、これはもらったなと思って、自販機でスポドリを買おうとしたら、間違って水を買ってしまったw 押し間違えって、ほぼやったことなかったんだけどなー。
でも、エイドで水を取ることもあるしと水を飲む。

でまあ、そのまま下りはペースを上げたのですけど、しばらくしたらトイレの気配…。
ここでくるかー。仕方なくトイレポイントを考える。ガマンすれば、もう少し行けそうな感じ。
大会でも同じようなことやってるよね。

それと同時に脚が重たくなるのも感じる。このあたりの思考が今回の②のポイントだと思って、いいこと考える。いいこと、いいこと……

そうそう都合よくいいことだけ考えられん!w

お腹も痛いし、脚も重いし、休憩したくなっていると、コンビニ近くにくるとお腹センサーがピンチにw コンビニにかけこんだわさ。


あーあ、ペース走だったのになー。まあいっか、あと4キロくらいだし。とか思いつつ、コンビニから出てから再びペースを維持しようとしますが、急に脚が痛くなってきた。

これは…キター!

急に30キロを目の前にして壁が登場! やっぱり来てしまいました。
ハムストリングスとふくらはぎがピキピキし始めて、やば気な感じ。

ここからが今日の練習の山場。耐えることが必要。腰が落ちないように意識しますが、ペース維持が難しい。
少しだけペース落ちる…。
ともかく脚が急に痛い。このままあと2キロは大丈夫だけど、これが本番で残り10キロなんかだったら耐えられないかも…。
必死に維持して15分ほど。
無事に30キロ走り切り……なんとか完了。
本当ならもう少し走って、壁破りが出来るか確認すべきですが……ムリorz

というわけで、①の確認ができませんでした……残念。

最後に記録の振り返りです。

5'24-5'12-5'15-5'14-5'08
5'10-5'07-5'09-5'03-4'59
5'14-5'04-5'14-5'14-5'12
5'13-5'00-5'02-5'08-4'56
5'07-5'04-5'11-4'53-5'01
5'02-5'02-4'59-5'12-5'13

こうやってみると、かなりペースバラバラです。ペースだけ見ると、とてもペース走とは言えないw
やりきった感はありますが、どう考えても30kmでギリギリなので、このペースはレースペースにはちょっと無理。京都マラソンは、5'20くらいのペースで入るのが、やっぱり正解っぽいです。
あとは、大会の脳内フェロモンがどのくらいあてになるか。今日の壁が京都のコースの最後、37kmからの坂で現れたら、あまり耐えられる気がしない…。

やっぱり壁は簡単に越えられるものではなさそうです……。
京都マラソンのレースプランは、よーく考えたいです。
誰かに引っ張ってもらえば何とかなるかなー…。
…やっぱり美ジョガー?w


読んでいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、お帰りの際はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : トレーニング
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する