03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-10-09 (Thu)
こんにちは。

昨日は早帰りできたのですが、ちょっと眠くて横になったら、朝でした。
京都マラソンに向けて、頑張る初日だったはずなのですが……

ま、私の決意なんてこんなもんですw

今日は帰宅ランニングできたし、前向きに行きますヨ。

さて、丹後ウルトラレポも10回目。ついにゴールです。

-----

丹後庁舎のエイドでは、つみれ汁があると聞いてはいましたが、存在をすっかり忘れていたので、見たら手に取っていました。
しかし、私の今の体調には、魚臭さが合わず飲み始めて後悔。
それでも、取ったものを残すというのは、母の教えに反するので、つみれも含めていただきました。

日が傾いてきて、少し気温が下がってきているので、かぶり水はなしで、太ももとふくらはぎに水だけかけて、エイドを後にします。
エイドを出たとたん「ここまで来れば、あとは歩いても大丈夫」という声が聞こえ、え、ホント?という気持ちになります。

走って疲れて歩いたところで、ペース表を確認。
残りは13キロ。約2時間でだから、予定通りキロ8分30秒でもおつりがくるはず。
間違いないよね?
疲れがあって、計算能力が落ちてる。
それでも、あと少しのはず。

小刻みなアップダウンが嫌な感じ。
でも走れる限りは走る。

靴が水で濡れてガポガポする。
靴が濡れないように水をかけていたけれど、さすがにかけ過ぎみたいで、すっかりシューズが濡れてしまった。
靴を脱いで、靴下を絞りたくなるけれど、時間が気になる。

それと、左足の裏が痛い。たぶん、水膨れ。
一度、気になってしまうと、左だけじゃなく右も痛く感じる。

この状態で、まだ10キロ以上か。
とたんに走るのが嫌になって、歩く。

徐々に街に近づいているのか、応援が増えてくる。
見栄を張りたい気持ちも少しはあるのだけれど、走れんのじゃー!
軽やかに抜いていく人が羨ましい。

ここで、見つけた自動販売機でジュースを買う。
ぐびぐび飲んで、ちょっとスッキリ。
改めて走り始めるけれど、トイレに行きたくなってきた。
次のエイドでと思って走る、歩く。
90キロ地点を歩いて通過。
そして、エイドに入ってトイレ。

エイド間が近くなってきた。
応援も、「あと少し」に変わってくる。
日差しは完全に西日。
それなのに、まだ坂が終わらない。
小さい坂道、でも私には走れない坂道だ。

トボトボ歩いて、旧三津小学校に到着。
ここでおしるこにありつく。
椅子に座って、うまー。
でも、長居すると立ち上がれなくなりそうな気がして、そそくさと出発。

あと、5キロちょっとのはず。
周りのランナーたちは、ラストランへと走り出している。
私も気持ちはある。
でも、残り歩いてもゴールできるじゃんと、心のどこかでささやく。
走りたいよ。でも力出ないんだよ。

今思えば、たぶん、ハンガーノック。
何か食べれば、もう少し走れたとは思う。
けれど、ぼーっとして、歩いて走って。

気が付くと、あと3キロ地点でした。
応援は、おかえりなさいになっていました。
道の両側には、ずらりとペットボトル製の灯篭が灯りはじめていました。
なんてことなんだろう。
どれだけ、時間をかけて準備してくれたんだろ。

それなのに自分が情けない。
もう少し走りたい。
応援に手を上げる元気もないけれど、目線でありがとう。
走って、まだ歩いて。
残り1キロ。

ランナーたちにパスされながらも、自分も走る。
ああ、見覚えのある建物が見えてきた。
あそこまでは走る。

名前を呼ばれている。
私の名前も呼ばれるのかな。

わ、ひっくんだ。
待っててくれて、ありがとう。

そして最後の角を曲がって……

「うおおおおおおぉぉぉぉ、やったーーーーーーーゴールだぁーーーーー!!!」

どこにそんな元気が残っていたのか。
肚の底からの歓喜の大声!

嬉しい!嬉しい!嬉しい!

前の人たちがゴールしてから、一人で手を広げゴール!

もう、何も考えられない。
顔を笑顔でくしゃくしゃにして、メダルをかけてもらいました。

長い、本当に長い距離でした。
それでも諦めなければゴールできる。
私にもできた。
丹後でできた。

やってやったぜ!

最終的に、順位は1135位、時間は13時間48分59秒。
制限時間まで、11分というところでした。

メダルは、ちょっと重たくて、手に取ってにやけてしまいました。



さて、長々と書いてきたレポも、これで最後です。
丹後ウルトラは、噂に違わぬ、厳しいコースでした。
それでも、温かい応援と、素晴らしい運営。
非常に良い大会でした。

私にとっては、人生初の100キロ。
苦しんで辛くて、耐えることの多い道のりでしたけれど。
それでも、楽しくて。
また、チャレンジしたくなる、そんな100キロでした。

ゴールできたのは、大会の関係者・ボランティアの皆さん、温かい応援をいただいた方々、そして、ランナー仲間たちあったからこそだと思います。
感謝に耐えません。

ありがとう、丹後。
また、来年、行っちゃうよ!


(終わり)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 丹後ウルトラ2014
* Comment : (6) |

* by し~やん
あっ!来年来られるんですね
後で無しは受け付けませんよ(笑)

今後とも宜しくです…

* by 井出浩一
おめでとうございます!
来年は僕も一緒にゴールできますように・・・

また、がんばりましょう。

* by TH
ほぼ同じ時間にゴールだったのですね。ロウソクの灯りが綺麗でしたね。お疲れ様でした。

来年も走られるのですね?その前に別の壺を売りに来る人がいますので、お気を付け下さい(笑)
あっ!既に最初にコメしてる!

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> し~やんさん

妻に愛想つかさなければ、参加しますよw
次は、もっと楽しんで走りたいです。

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> 井手さん

ありがとうございます。
ぜひ、ご一緒させて下さい。
頑張りましょう!

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> THさん

自ら、壺を買いにいってますなww
クーリングオフできるかな?

コメント







管理者にだけ表示を許可する