FC2ブログ
個別記事の管理2017-12-30 (Sat)
今年の元旦に、目標立ててた。
それがコレ。

①フルマラソン200分切り
②野辺山ウルトラ100キロ完走
③トレイル100キロ完走


…えっと、どれも達成…できてませんね。
毎年、目標は立てていましたが、全部ダメだったのは、初です。

ちょっと背伸びした目標のつもりはあったのですが、今考えると客観的に見て足りてないのに、前しか見てないのが分かります。
30キロ走すらまともに出来てないのに、200分切りって甘過ぎでしょ。

トレイルは、100キロのエントリーすらできませんでした。
100キロ走るには、まだ足りないと思ってます。ウルトラマラソンは、フルマラソンの延長線で、差程苦労なく100キロに達成出来ましたが、トレイルはそれ用にトレーニングしないと続かないってことが分かりました。
具体的には、あと2,3本のミドルレースが必要だと思います。そうしないと、きっと痛い目に合う。

野辺山は、胃腸不良でリタイア。
その気は十分だったものの、レースを入れ過ぎたことによる内臓疲労が原因だと思ってます。
レースコンディションが出来ないってのは、走る以前の問題…

なんか振り返ると、パッとしない一年だったようにも思いますが…

一方で、トレイルの大会に色々エントリーできた。
・新城トレイル
・奥三河パワートレイル
・美ヶ原トレイル
どの大会も一筋縄では行かない大会でしたが、挑戦し甲斐のある大会でした。
あとは、フルマラソンも静岡・いびがわ・つくばと走っているし、野辺山も結果はどうあれ、大会に出場できた。

そう考えれば、趣味としては充実していたと思う。
ランニングを始めて7年。
飽きずに続けて、まだ進化したいと思っているなんて、走り始める前は想像していなかった。
身体もスリムになったし、おかげで娘にも褒められている(笑)
そう思えば、今年は記録はついてこなかったけれど、満足度はそれなりに高い。

来年も、まだ走り続けたいのは間違いない。
時には疲れてしまうことがあるかもしれないけれど。
チャレンジするのが、自分の人生であると思える限りは続けたい。

ブログは、今は頑張れているけれど、休むこともあると思う。
でも、ここでしか出会えない人もいる。
話したいこともある。
だから、出来るだけ続けたいです。

今年、一年、ありがとうございました。
月並みですが…

良いお年をお迎えください。


にほんブログ村
スポンサーサイト



Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ランニング話
* Comment : (1) |

* by さくら
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

個別記事の管理2017-12-29 (Fri)
2017年の自分のランニングを振り返るのに、自分のブログって役立つことに今さらながら気づいた。
練習や大会の記録であり、その時、感じていたこと考えていたことがリアルに書いてある。

ちょっと読んでみたら、その時書いたときの感情がふわっと思い返されたり。
一方で、客観的に読めて、伝えたかったことがきちんと書けていないことが分かったり。
自分の文章力のなさに気づいたり(笑)

まあ、元々、大したことを書こうと思って書いているわけではない。
走ることで考えたり、自分でやっていることを、書いておきたいと思ったから。
大事にしているのは、自分の頭の中で考えていることを上手に表したいということ。
コピーするようにぺったんと貼り付けたい。

でも、そうすると大して面白いものにならないんだよね。
私自身、面白いこと考えようとしていないし。
(このあたりが、人気ブロガーさんとの差なんだと思う。)
このスタイルは、そんなに変わるものではない気はする。

ま、それはともかく。
2017年は、ブログを書かない期間が長かった。
きっかけは、仕事が忙しくなって書けないみたいなことだったと思う。
そのうち、ランニングに対するモチベーションが下がって。

ブログの効用の一つに、ランニングモチベーションの維持というのは、間違いなくあると思う。
ブログを書くためにいろいろ考えるという行為が、ランへ繋がっているし、ブログを書くことはアウトプットで、人はアウトプット出せればまずは満足できていしまうもの。
だから、モチベーションになる。

さらにブログ村はランナー仲間が集まって、その繋がりもある。
ランブログのコミュニティってグループ力としては弱いものだけど、その弱い集まり感がちょうど良かったり。
縛りがない。でも時々、繋がる、みたいな。

世の中、SNS社会で、他にも色々とツールはあるけれど、私にはこのひとり言ツールwでもあるブログは合っていると思ってる。

さて、来年は何を書いていこうかな。


にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : よもやま話
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-28 (Thu)
昨日はポイント練習の日でしたが、着替えて外に出たところで雨。
走りに行くか迷って…
そのまま家に入ってしまいました。

朝は雪もチラつくくらい寒かったし、
仕事納めで、のんびりしたいし!

でも、あかんよね…
こうやって怠け心が育ってしまうのかもしれない。
休み中はしっかり走ろう。

さて、2017年もあと三日。
今年のまとめを考えたい。
まずは、走行距離がどのくらいなのか調べてみた。

2017年は2296km。
2016年が2662km。

今年は去年と比較して、400kmくらい少なかった。
まあ実感としても走っていなかったもんな。
もう少し、比較してみたくて月別のデータを取ってみた。

走行距離_2016_2017

赤が2017年、青が2016年。
特に差があるのは、冬の1~2月と夏8~9月。
2017年の1,2月は仕事で海外出張が長期であり、走れない日が続いた。
一方で、去年はサブ3.5達成に向けて走りこんでいたから、その差が明らか。
夏の8,9月は、今年はモチベーションが一番落ちた時期。
とにかく暑い中走りに行きたくなくて、辛うじて走っていただけ。

2017年で超えているのは4月と12月くらい。
4月は奥三河パワートレイルのおかげかと。

なんかいいとこない…
えーと、12月は復活して300kmまで伸ばせそう!w
このまま1,2月と維持して行きたいものです。

さて、参加した大会別で比較してみます。

■2016年
1月 木曽三川マラソン フル
2月 泉州国際マラソン フル
3月 静岡マラソン フル
5月 星の郷八ヶ岳野辺山高原100km DNF
6月 菅平スカイライントレイルラン 42km
8月 かっとび伊吹
9月 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン DNF
10月 あざいお市マラソン ハーフ
10月 大阪マラソン フル
11月 いびがわマラソン フル
12月 IZU Trail Journey 72km

■2017年
2月 犬山ハーフマラソン
3月 静岡マラソン フル
3月 新城トレイル 32km
3月 穂の国豊橋ハーフマラソン
4月 奥三河パワートレイル DNF
5月 野辺山ウルトラ DNF
7月 美ヶ原トレイル 73k
11月 いびがわマラソン フル
11月 つくばマラソン フル

ハーフ 1本→2本
フル  5本→3本
トレイル 2本→3本
ウルトラ 2本→1本

フル・ウルトラから、トレイルに向かった今年。
残念ながらハセツネにたどり着くまでに気力が落ちてしまったけれど。

今は、もう一度原点回帰でフルマラソンに向かっている。
でもトレイルは好き。
余裕が出てきたら、また参加したいと思う。

さて、来年はどういう方向に行くか。
冬シーズンはフルマラソンとして、夏シーズンをどうするか。
そろそろ決めなければなりません。

願わくば、来年も走り続けたいものです。


にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ランニング話
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-27 (Wed)
本日、仕事納めです。

今年もお仕事関係は、色々とありましたが、まあそこそこ。
余裕は去年より増えたはずだけど、ランの方は低調だった。

仕事とランは関係ありそうなんだけどな。

まあ、そういうこともある。
ランが低調だった理由は、もう少し考えたいと思う。

さて、遅すぎたいびがわマラソンレポ。今回がラストです。

-----

■25~35キロ 26'39-27'46
5'23-5'10-5'06-5'47-5'14
5'47-5'17-5'47-5'35-5'35

コースがはっきりとした下りになったのもあり、自然とペースも上がる。
本当なら、まだ30キロにもなっていないのだから、ペースを抑えるべき。
しかし、疲労感と気持ちよさで、複雑なことが考えられなくなり、結果、ペースが上がる。
それでも、コースを最短になるよう、コーナーからコーナーまでショートカットするかのように走る。
コースは道路の左側(だったよね?)を測定しているということだから、コーナーの点から点を狙えば距離が稼げる。
疲れてくると、それすら頭から抜けるものだけど、まだ考える余裕があった。

大分、降りてきたなと感じてましたが、いびがわの上りはこれで終わらないことも分かっていました。
いびがわには文字通り、30キロの壁があり。
絶景ポイントの一つなんだけどね。
30キロ地点から、山肌ドッカンの絶壁が高くそびえ立っている。
コースは、この山際を巻くように、上りが続く。

28キロのエイドで、パンを見つけて一つもらう。
固形物はトイレが怖かったけれど、空腹でエネルギーが足りないのは、もっと怖い。
パンを食べて、ワンセコンドも飲んでおくことにする。
持っているジェルは、あとはメイタンとマグオン。
メイタンは、もう少し先。残り10キロを切ってからにしたい。

30キロの壁が見えたとき、ようやくここまで来たかと思ったのと同時に、まだこの先があると少し嫌になる。
スタッフの応援を受けて、もう一度気合いを入れなおす。
上りは長くない(ハズ)
揖斐大橋まで遠くない(ハズ)

しかし、明らかな上りで足に来ていることを自覚する。
ふくらはぎが痛い。
これは走りが小さくなっている証拠。

練習不足でここまで来れたとも思うが、やはり来てしまったとも思う。
息が上がって苦しい。ペースが落ちて、歩きたくなる。
ここで歩いたらダメだ。もう走れなくなる。

必死に我慢して、でも上りが辛くてメイタンを取り出して数歩だけ歩く。
メイタンは走りながら口にする。
べっとりとしたメイタンは、正直不味い。
でも、これが命綱。これが効けば、また走れる。

緩い上りが続き、なかなか終わらない。
あの林の先が終われば揖斐大橋か?
ようやく赤い橋が見え、橋のたもとの応援に弱く手を上げて応える。
ようやく35キロ。まだ7キロ。長い…

■35キロ~ゴール 27'55-11'35
5'09-5'28-5'46-5'29-5'49
5'24-5'08-1'13

山を抜けて、スタート地点の揖斐川町に向かって走る。
メイタンが効いたのか、多少は楽になる。
けれど微妙なアップダウンもあって、ペースは上がらない。
残りの距離をカウントダウンしながら、早く堤防道路が見えてこないか、そればかり考えていた。

見晴らしがよくなった先にエイドが見えた。
コーラエイドだ。嬉しい!
本当に体に染みる。
本当はもっと飲みたいけれど、炭酸でお腹が張りそうで、1杯で我慢。

堤防道路が見えてきて、残り4キロ。
ここからが長いのは分かっている。
ここまで来たら歩かず走り切りたい。

名物エイドのスイーツエイドは完全スルーw
おいしい和菓子とかあるのは知っている。
でも、食べるよりも走る。

残りの距離が見えているからなのか、周りのランナーは二つに分かれる。
諦めてペースを落とすか、ここからペースを上げるか。
私はペースを上げたい。

重たい足を前に出して、無理やり腕を振って、少しでも痛みが小さいポイントを探す。
息は上がって苦しい。このまま走り切れるか不安になる。
でも、あと少しなんだ。

応援をしてくれる人が、おかえりとハイタッチしようと手を出してくれるけれど、それに応える余裕がない。
目線だけでありがとうと言いながら走っていると、見覚えのある姿。
ベタさんだ!
でも、声を上げることも出来ず、気づいてもらえなかった…

残り1キロ。
ここまで来たら、あとは出し切って走る。
川を渡って、ゴールの役場まで。
小さな下りでふらつきを感じるけれど、ゴールまで行ければいい。

そして、ようやくゴール!
電光掲示板は、3時間50分を回っていた…


ゴール後、座り込んでしばらく動けなかった。
脱水の症状が出ていて気持ち悪い。
でも、気持ちは晴れ晴れ。

ここまで走れたことに満足していた。
タイムは決して速くない。
けれど、スタート前から考えたら上出来。

応援も相変わらず良かった。
さすがはいびがわ。

そして、首には30周年記念の完走メダル。
これを目指していたわけではないけれど、完走の証。
素直に嬉しい。
走るのって嬉しいことなんだと、思い出した。
それが最大の収穫。

よし、行くか。
フラフラの脚に力を入れて立ち上がる。
空は青空。
気持ちも晴れ晴れ。

喜びに湧くランナーたちの中に、私も紛れ込んだ。

(了)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (2) |

* by まー
後半は下り基調でもスライド区間過ぎの急な下り坂と二つの登り坂はさすがに堪えますよね。
今まではタオルだけでしたが、やっぱり完走メダルは嬉しいものですね。続けて欲しいです。
ハーフのランナーは気になりませんでしたか?いつもコースラインを塞がれています。特に堤防道路に出てからは、間を縫うように走らなければならず困っています。橋からではなくもっと手前から、少しの幅でもいいからフル専用ラインを設けてもらえると有難いですよね。エイドの方もハーフとフルとに分けてもらいたいです。アンケートにはいつも書いているのですが、実現しないのが残念です。
2019年東京マラソンの日程が変更になり、さいたま国際マラソンの日程もずれるかも。Qちゃんがまたいびがわに来てくれると嬉しいですね。でもまた大雨だったりして(笑)

Re: タイトルなし * by らぴ
> まーさん

速いランナーさんは、ハーフのランナーさんが気になるのですね?
私は遅いので気になったことがありません。
堤防道路自体は広くないので、フルとハーフに分けるのは、安全上現実的じゃないと思います。
堤防道路を使うのは、おそらくはあの先を公道を使うと車が抜けるルートがなくなるからだと想像しています。
マラソンは公道を使わせてもらっている競技ですから、難しい問題ですね。



個別記事の管理2017-12-25 (Mon)
去年、こんなこと書きました。

で、今年。

「今年のクリスマスだけど、サンタクロースはもう来ないよ」
「えー!」
「パパサンタは来ないの?」

はい、バレてるよw
努力の甲斐なく、我が家のサンタの正体、判明してしまいました。

まあ、中学生まで行けたからよしとすべきか。

サンタクロースが我が家に来てから、十数年。
毎年、よく頑張ったと思うべきか。
もうちょっと、粘れなかったのかと思うべきか。

この数年、ちょっと手を抜いていたし
こういうことは、この先経験したくてもできないし
そう考えると、もったいないことをしたと思う面もある。

でも、肩の荷が下りたのも本当。

今後は、世の中のサンタに後を譲ります。



で、引退サンタは何しているか?

「はい、パパサンタからプレゼントだよ」

正体さらしても、サンタはサンタw
メリークリスマス!


にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : よもやま話
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-24 (Sun)
昨日の加古川、足立フレンドリーに参加した皆さん、お疲れ様でした。
速報読んで、やっぱり大会っていいな、記録狙うのいいなって改めて思いました。
良い刺激頂きましたので、モチベーションアップさせて行こうと思います

さて昨日、木曽三川までの練習メニュー決めたので、早速走ってみました。
30キロのペース走は久しぶり。
調べたら、1月にやって失敗してるがなw
成功してるのって去年の10月までさかのぼれなきゃないじゃん…

まあ、そんなこと調べたのは、たった今なので(知らなくて良かった)、練習メニューの決めた勢いで走ってみた。

で、結果!

アップ 5'09
5'00-4'51-4'46-4'52-4'55
4'56-4'45-4'52-4'53-4'48
4'52-4'55-4'53-4'55-4'54
4'59-4'58-4'58-4'53-4'58
4'54-4'54-4'53-5'04-5'03
4'53-4'50-4'54-5'11-4'59
ダウン 7'51-6'21(0.8km)

信号ストップは2回。
自販機でのドリンク購入休憩が1回以外は、トイレ休憩もなくw
私にとっては快挙!(笑)

コースは近所のマイコースの扇川を2往復。
往復すると、およそ30キロになる。

正直、走りやすいコースではない。
道路の横断多いし、行きは緩い上り、帰りは下りになるし。
でも、一番よく分かってるし、過去に30キロやってるし、近所だしw

今回のペースは、4'50のつもりだった。
でも、お昼ごはん食べ食べで、最初の2キロで苦し過ぎたので、あっさり4'55に変更w
結果として、4'50だったら最後まで持たない感じ。だから4'55で正解。

そう言いながら、少しこぼれてるけどね…
こぼれたのは、2周目に入るところで、上り始まりで切り替えがうまく出来なかった、ラストが辛くて落ちた、あとは給水休憩。

30キロで余裕があったのかというと、ないw
このままだと、足りてない。
もう少し余裕がほしい。


で、その余裕度を作り出すため、本日はセット練習。
ロングジョグって、桜天神社までもう一回行ってきた。

距離は18キロくらい?
二日で50キロ超えは、あまり記憶にない。
ちょっとオーバートレーニング気味なので、疲労回復を考えないとな~

でも、ようやく朱印、揃いました。



あとは神様、お願いしますー

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレーニング
* Comment : (1) |

* by さくら
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

個別記事の管理2017-12-23 (Sat)
今シーズンの目標はサブ3.5そしてサブ200だけど
目標となる大会は3月の静岡マラソンが本命
そのステップを確認するのが、1月の木曽三川
木曽三川は、愛知ローカルな大会で河川敷を4周するという修行大会
そこで、まずはサブ3.5クリアを目指すつもり

木曽三川開催は、1月21日
もう1か月を切っている
12月に入って、順調にトレーニングできているけれど、
年末年始の休暇もある
だらけないためにも、これをターゲットにトレーニングメニューを組んでみる

12月は、閾値走とインターバル、これにロングジョグを組んで、
トレーニングするという行為と、スピードの復活、マラソン時の余裕度を伸ばすことを考えてきた
もちろん、このまま進めていくのもいいけれど、フルマラソンを走るならば
30キロのMペース走を入れていきたい

マラソンペースであるMペースのロングともなれば
強度が高いし、ポイント練習になってくる
現在のポイント練習は水:閾値走、土:インターバル
これを入れ替える必要がある
どちらを入れ替えるとなれば、インターバルだろうね
課題はスピードよりは、スピード維持力だから

木曽三川までのトレーニングメニューはこんな感じで!

12/23(土) 30km Mペース走
12/24(日) ロングジョグ
12/27(水) 閾値走
12/30(土) インターバル走
1/1(月) ロングジョグ
1/2(火) 閾値走
1/6(土) 30km Mペース走
1/7(日) ロングジョグ
1/10(水) 閾値走
1/13(土) インターバル走
1/14(日) ロングジョグ
1/17(水) Mペース5km
1/20(土) ランオフ
1/21(日) 木曽三川マラソン

30kmが2回・閾値走が3回・インターバルが2回
回数を考えると、ちょっと遠慮したくなる…

でも、週で考えれば、キツイのは2回だけと思えばやれるはず

ただ、これはあくまで木曽三川まで
ここからさらに静岡まで走り通すつもり
早速スケジュール帳に入れてみた

今シーズン、どこまで行けるのか
自分で自分を試したい



にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : トレーニング
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-22 (Fri)
今年も残すところ、10日弱
12月に入って、心を入れ替えて走っている
ここまでのところは、207キロ
たぶん、250キロ超えは確実かな

ただ、急に距離を伸ばしてるせいなのか、足裏とか足の甲とか違和感が出てきている部分もある
足底筋膜炎だけは怖い
症状が出た人、みんな苦しんでいるし

せっせとマッサージが大事だと思います

では、いびがわマラソンの続き
中盤に入ります

-----

■15~25キロまで 27'13-26'47
5'30-5'33-5'45-5'37-5'18
5'09-5'26-5'31-5'05-5'29

足が重たくなってきて、でもまだ半分も来ていなくて、軽い嫌悪感を感じながらも20キロ地点を目指す。
ちょうど20キロを過ぎたところでは、バスでの応援ツアー(そういうものがいびがわにはある)の応援ポイントがある。
辛くなったところで応援されると、むっちゃ嬉しい。
それを考えながら、揖斐川と並んで走る。

ここらへんが、いびがわマラソンで一番きれいなポイントだと思う。
今年も色は、まだまだだけど非常にいい景色。
雨でも綺麗と思えるから、今年は晴れでなお良い。
(最も、雨だとこの先が辛いけど。)

川向うの上の方に道路が見えて、そこをランナーが走っていく。
おそらくは3時間前半のランナー。
あそこまでの距離がどのくらいだったか考えながら、それほど遠く感じないのは精神的に良い傾向だと思う。
辛いときは、絶望しちゃうしw

山道を抜けて、ようやく20キロの藤橋の湯に到着。
応援に応えてエイドにピットイン。
色々並んでいるけれど、お腹のことを考えると固形物はちょっと。
でもここいらで補給をしておかないと、後半足りなくなる可能性もある。
というわけで、安定のバナナw

すいません、いびがわのエイドってほんと色々あるんですよ。
でも、怖くて手を出せないだけで。

バナナを食べて、1本目のワンセコンドCCD投入。
少し元気になって、下り基調(基調であるだけで上りもある)を走る。

あとになって記録を見たら、ここからスイッチが入っていた。
30キロまで余裕をもって走る、というつもりだったのに、気持ちよく走ってしまった。
このツケは30キロ以降に支払うことになるけれど、この時はまだわかっていなかった。

いびがわで20キロ以降で大きく変わることの一つは、日陰になるということ。
揖斐川を挟んだコースなので、中間地点からは日陰側を走ることになる。
日差しがあって、それなりに暑さも感じていたのに、日陰が多くなるとひんやりして、アームカバーを上げようかと思う。
でも、時折日差しが照る部分もあって、微妙な感じで結局そのまま走る。

22キロくらいで、足の疲れがどの程度か自己判断。
まだ余裕はありそう。
あと5キロくらいなら、足が終わることがないかな。
走り出す前の心配は、20キロ早々に足が終わることだったから、それがないというだけで非常に良いと考えるべき。
やはりペースを落とし気味に来たのは正解だった。
そう判断する。

前向きに考えれるということは、それだけでレースメイクが楽になる。
気持ちは前向きに、しかもコースは下りが多くなり、呼吸も楽。
自然とペースも上がりがち。
25キロ地点に来た時、よし来たと思いましたw

でも、それは思い込みでしかありませんでした。

(続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-21 (Thu)
昨日は、週一20分閾値走の日。
帰宅後、夕飯前にさっと走りに出たよ。
こういうスピード練習は勢いでするのが正解w
(じゃないと、グダグダになるから)

結果!
 4'30-4'20-4'25-4'17-2'28(4.58km)
平均で4'22。
設定は、4'30だったことを考えると、ちょい上げ過ぎ
上げられるポテンシャルがあるのはいいけれど
閾値トレーニングとしてはどうなのかな?

トレーニングの意味は、また考えたいです

では、いびがわマラソンレポの続き

-----

いびがわマラソンの人気の一つは、街をあげての応援。
特に小学生・中学生の動員は、日本一なんじゃなかろうか。
手作りの応援メッセージポスター、横断幕、さらには参加のお礼の手紙まで後日届く。
そして、当日は応援団として、道路に列を作り、ハイタッチをくれる。

スタート直後の幼稚園児の応援もかわいくていい。
そして、小学生とハイタッチもらって、この日もスタートした。

■~5kmまで 27'21(スタートロス 1'08)
6'48-5'12-5'16-5'29-5'09

スタートから5kmまでは、坂ばかりコースのいびがわにあって、貴重な平坦。
よって、ここを飛ばすランナーもいますが、本日の私はとにかく余裕のあるペースで。
キロ5'15を維持。
のつもりだったのに、あっさりとキロ5'10を切るラップが続く。
周りのペースが、ちょい早めで、それに合わせると自然とそうなってしまう。

最初のエイドで水をもらって、暑さを感じて早速首にかけたら、Tシャツがびしょびしょ。
なんか最初からやっちまった気分。
いや、冷えなきゃちょうどいいはずだと思い込む。

さらに、3キロくらいで右の靴紐がほどけるアクシデント。
すぐに結んで復帰したけど、こういうところも抜けてる。

靴紐を結んでいるうちに、だれやねんさんとえーかわさんに抜かれたようで、その背中を追いかける。
一言声をかけたら、ローラさんが先にいるというので、それをさらに追いかける。
ちょっと、今日は暑いよねーと言いながら追い越し、先に行かせてもらう。

さて、5キロ。
ここまでのペースは、まあ悪くない。
ここからが坂道の始まり。
ここからが、いびがわ。

■5~15kmまで 27'21-27'09
5'20-5'30-5'14-5'09-5'33
5'23-5'13-5'26-5'25-5'34

ゆるい坂道が始まって、少しだけ息が弾みだす。

赤い揖斐峡橋。
いびがわマラソンの名所の一つとなっている。
この橋の入り口は、少しだけ小高くなっており、赤い橋と橋を渡るランナーが見えるという、良い景色ポイント。
その景色、走っているとほんとに5秒くらいしか見えないので、見逃さないこと。
(立ち止まれば、見放題ですがw)

ここまで調子よくきたものの、本格的な上りになってくると、呼吸が厳しくなる。
だらだらとした上りを走り、そこから山道に入る。
んでもって、下ったら上って、さらには短いトンネルまでくぐる。

このあたりが、最初のキツイところなのだけど、このくらいで音を上げていると完走が覚束ない。
つーか、この先、これ以上のところがもっと出てくる。

分かっていなかった数年前は、うひゃーと言いながら走っていましたが、今は始まってしまったなぁと思いながら進む。
心配は足が売り切れないかどうか。

紅葉には少しばかり早いのか、それとも冷え込みが足りないのか、赤く染まるというところまで行かない山の中を、ランナーたちが走っていく。
沿道の応援は途切れているものの、数百メートルごとにボランティアスタッフが立っており声援をくれる。
できるだけ、ありがとうと応えて進むようにしてました。
だってねぇ、山の中で5時間くらい立ちっぱなしですよ。
ありがとうしかない。

14キロを過ぎたあたりで、少し足が重たくなってきたことを自覚。
早すぎる、けど、実力ってこんなものだよな。
分かっていたことが早めに来たと思うことにして、ともかくも目の前の坂道クリアを考える。

いつの間にか、スタート前の後ろ向きの気持ちは消えていた。
不安はあれど、ゴールを目指すこと。
その気持ちが推進力になっていた。

(続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-20 (Wed)
一昨日、ポストにいびがわマラソンの記録証が届いていました

いびがわマラソンは、当日は簡易の記録証
後日、正式な記録証が届くシステム

後日の理由はコレ



写真入りで、かつ、ボランティアで応援してくれた小中学生のお手紙集がついてくる
こんな大会は、私が参加した大会ではいびがわだけ

応援をしてくれるだけでなく、感想を書いて、しかもまとめてくれる
とても手間がかかっていることを、長いこと続けている
これが、いびがわクォリティw(スバラ)

そのいびがわマラソンですが、まだレポ書いてない
でも途中までは書けているので、需要があるか不明ですが、書いてしまおうと思います
遅すぎたレポシリーズということでw
ちなみに、遅すぎたレポ、いびがわだけじゃないんだよなぁ…
(今年中に終わらないことは確実)

--------

金曜日。定時で仕事を終わって、さて今週末は何をしようか考える。
忘れていることがあるような……あ、いびがわだったわ。

そのくらい、気合い入っていないフルマラソン前。
結局、30キロ走を一度もせずにフルマラソンに挑戦。
マラソンを始めて6年になるけれど、フルマラソンを走るというハードルは随分下がっている。
でも、曲がりなりにも記録を考えて走ってきた、ここ数年、そんなことなかった。

天気が悪い日が続いて、10月に走れるタイミングが取れなかったのが、正直な言い訳。
でも辛うじて、10月の走行距離は220キロは超えた。
ペース走も少しはしている。ヤッソ800も2回ほど実施。
一応、形としてはトレーニングになっている。

でも、去年や一昨年と比較すれば、気持ちもトレーニング量も足りていないのは明らかで、一時よりはマシになったものの、まだリハビリ期間な気がする。

そんな状態だから、レース前一週前でもスイッチも入らず、いびがわは大会の雰囲気も、コースもよく分かっているという甘さもあり、まだ案内状にすら手をつけていなかった。
土曜の夕方になって、いびがわの案内状を広げて出発時間を逆算。
持っていくものは、そのへんにあるものを集めて適当に揃える。
塩熱サプリが切れていたけれど、何とかなるかと考える。この考えが甘かったことは、後に思い知ることになる。

レースTシャツは、今回はぐわぁTはやめることに決める。
だって「死ぬ気で走らんかい」だよ。
無理に決まってる。

こんなところにも、覚悟のなさが出てました。
Tシャツは、迷ったけれど最近の大会で一番苦しかった新城トレイルのものにする。
あの苦しさを少しは思い出せば耐えられるのではないかと期待して。

不安材料は、お腹の調子。
このところ、持病の潰瘍性大腸炎が悪くなる前兆のような症状が出ている。
お腹が重たい。トイレが近い。
このままフルマラソンを走るのか…
不安を持ったまま、当日の朝になった。
なってしまった。



起床は4時50分。顔を洗い、着替えをして、朝ご飯用の餅を用意。
いびがわは、スタートが9時45分と遅い。
ゴールは14時になることを思うと、出来るだけ朝ご飯の時間を遅くしたい。
さらには腹持ちが良いものにしたい。
そういうわけで餅を選択。湯がいて、きな粉をまぶしてラップにくるむ。
これだけで2時間は温かい。これを運転中と向こうの駐車場で食べることにする。

準備ができた段階で出発。
いびがわまで高速道路を使って1時間半くらい。
途中でトイレに寄って、駐車場着が7時10分くらいだった。
今回の駐車場は、池田公園(だったかな?)。
新しくできたところで、スカスカだった。
予定通り朝ご飯を済ませてから、公園のトイレに寄って会場行きのバスに乗り込む。


会場は、すでにすごい賑わいで、相変わらずのいびがわ人気。
決して広い敷地じゃないところに、9000人が集まるのだから、当然といえば当然。
それでも今年は天気が良く、敷地全体を使えるから、かなりマシだと思う。
3年前までは、毎年、雨大会だったし。
それが解消しただけでも、ほんと良いと思う。

参加賞のTシャツを受け取り、さあどうしようかと考えて、やっぱりトイレへ(笑)
まだこの時間は、それほど待つことなく入れた。
で、トイレでダイを済ませて、トイレットペーパーに赤いものを発見。

血便やんか…

このところ、持病の潰瘍性大腸炎が少し悪くなっているのか、お腹の調整が悪かった。
おそらくこの血便は悪くなる前の初期症状。

腹痛・下痢のないこと。
出走前ランナーチェックの注意書きにはそれがあった。
血便は、下痢じゃない。そう思うことにして忘れることにする。
(これは自分の病気を分かった上での自己判断ですので、良い子はマネはしないように。)


天気がいいのでトイレの脇で、着替えを済ませる。
とは言っても単純にウェアを脱ぐだけだけど。
予報では、朝方は冷えるけれど、昼は16℃くらいまで上がるということ。
ただ、いびがわの山は冷える。日陰で風があると寒いことはよくわかっている。
アームカバーと念のためのビニール袋は持って行った方がいいと判断する。

靴にチップをつけて、集合場所へ。
appaleさんとだれやねんさんを見つけると、続々と集まってくる。
みなさんと会うのは久しぶり。
集まったところで、例の写真。



あ、部長。
やられてますよw


荷物をあずけたところで、一人離脱しウォーミングアップ。
そしてラストトイレに並ぶ。
さすがにスタート30分前は混雑するけれど、時間内に完了し、列に並ぶ。

今回は、Bブロック。本当はSブロックに出来たのだけど、忙しさにかまけて証明書を出し忘れたのだ。
まあ、こういうところも気合が入っていないよね。


スタート数分前となり、ぞろぞろとゲートまで移動。
B列でも比較的前。今回のスタートゲストは、中村優。Qちゃんは来ていないらしい。
でもって、スタートカウントダウン……
「あ、スタートです」
おい、号砲は?

どうもトラブルがあった模様。
微妙な感じでスタートです(笑)

(続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (2) |

* by えーかわ
そんな病気でフルマラソンなんか走ったらダメと思います・・・。と同じ病気の私が書いてみる。(笑)私も調子悪いと感じた時は、食べるものだけは注意していますけど・・・。

Re: タイトルなし * by らぴ
> えーかわさん

あらま。お仲間でしたかw
まあ、付き合いの長い持病ですから、どういう時に悪くなるか何となく分かっているんですけど。
幸い、いびがわのあとは、問題なさそうです。
(フルマラソン走ると調子良くなる?(笑))