01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理2018-02-02 (Fri)
今週末、別府大分毎日マラソン大会。
ブログ村でわさわさし始めているよね。
気にならないかと言われたら、そりゃー気になるよ。
だってさ、市民ランナーのトップ集団の大会。

元々は、トップアスリートのための大会だったのは知ってる。
それが緩和されてカテゴリー4まで出来て、陸連登録のない市民ランナーにも解放された。
それでも、自分には関係ないと思ってた。

基準がサブ3.5でしょ?
私のレベルではおいそれと近づけないというか、ベストの走りが出来ても怖くて出られんと思ってた。

きっと出ちゃったら最初から最後までビリ走るよねー
一度でもトイレ行ったら収容車だよねー

…想像するだけでメッチャコワっ!


でも、今年、少し自信がついてきた。
どうすればサブ3.5の走りが出来るか分かってきた。

だったら、別大も走れるかも…?
自分もあのお仲間に入れるかも…?

そんなことを考え始めてる。

もちろん出るためには、陸連公認の大会でサブ3.5をクリアしなければならない。
二年前の静岡マラソンの記録が認められるのは、今年まで。
だから改めてクリアする必要がある。

まだまだ、ないものねだり。
でも、目標をクリアすれば、道が開ける。

考えるとドキドキするw

ブログ村からの猛者たち。
憧れをもって、応援してます。

当日は、テレビで中継を見て、速報待ってます♪


にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-01-27 (Sat)
今日は会社のランニングサークルに誘われて、瑞穂ミニ駅伝に参加してきます。
小さな駅伝大会ですが、去年も参加させてもらいまして楽しかった。
キリキリするわけでもなく、でもゆるゆるってわけでもなく、楽しく競走出来るのが好き。
楽しんできますw

さて、木曽三川マラソンレポ。
30キロ過ぎです。

-----

■4周目
5'12-5'05-5'21-5'20-5'07
5'04-5'03-4'59-5'01-4'56
4'53-0'29

向かい風でみるみるペースが落ちた。
風が強すぎて、前をきちんと向けない。

エイドで最後のワンセコンドCCDを拾えあげて、風に向かうために下を向いて進む。
こんな時に限って、前にランナーがいない。
後ろになら……
いるやんか。
って風よけにされてるがな。

ぴったり後ろに張り付かれてる。
後ろにつくより前に行く方が好きだから、気にならない。
気に…ならない…

気に…なるがな!

なんだろうね。足音がピッタリ後ろにあるのってのは何かイヤなもんだね。
トラックと違うからかもしれない。

しかし、私のペースは上がるどころか下がる一方なんで、堪えきれないのか割とすぐに解放された。

今度は私が風よけに出来れば良いけれど、顔もまともに上げられないのは風のせいばかりではなく、維持できないから。
ついに給水所前で歩いて給水。

再び走り出すも、足の一歩が重たい。
時計を確認したらラップが5'20…
マジか…
このまま落ちる一方の姿を思い描いてしまう。

こういう時どうしたらいい?
練習では前傾すれば前に進んだはず。
試してみたらちょっとペースが上がった。
そうか、フォームが崩れて腰が落ちているんだ。
それに気づいて、レース中に悪いところをチェックして修正することを思い出した。

疲れてくると考える事が出来なくなる。
そういう時にどう対応するのか考えるのが大事とトレイルのトップランナーのインタビューでもあった。

今、出来ること。
まず固まっている肩周りを腕を回す。
姿勢を前傾気味に。
腰を伸ばす意識。
腕を振る。

これだけで息が苦しくなる。
でも明らかにペースが上がった。
ラップも5'05くらい。
よし、あとは折返しを目指す。
目指す……

…まだ~?(笑)

距離表示の看板がなかなか出てこない。
疲労がある時は、時間の経過が長い。
前のランナーの背中をともかく走る。
このあたりになると周回遅れのランナーも出てきて次々パスする。

ようやく折返し地点。
残り5キロ。
あとたった5キロ。
腕に痺れに似たものを感じる。
脱水? 慌てて給水。
すぐに効くとは思えない。
でもあと少しなんだ。

残り距離と今のペースで、どのくらいになるのか計算する。
ここまでの落ちは1分くらい?
30キロまではキロ10秒のマージンがあったはずだから、まだ2分の余裕はあるはず。
このままのペースなら行けるはず。
そう考えていても、働きの鈍い頭で本当か分からなくて焦りを感じる。

残り3キロ。
もうここまで来たら出し切るだけ。
一段とペースを上げたつもり。
でもほとんど上がらない。
足が重たい。動かない。

残り2キロの給水で水を二口もらって、残りを首筋にかける。
あとちょっと。

ゴール地点の建物が遠くに見え始め、コースの反対側を走るランナーが見える。
でも、誰かを探す余裕はない。

最後の土手が見えて、さらにスピードアップ。
ゼーゼー呼吸が煩いけど止めれない。
必死に坂道を上がり、そこから下り。
ゴールが見えた。

ゴール手前でキーキさんとローラさん!



笑顔でゴール!
電光掲示板のタイムは、3時間27分台。
やったー!!

2年前の静岡マラソン。
それ以来のサブ3.5。

ついに奪還した!

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


* Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-01-26 (Fri)
ようやく昨日からランニングを再開しました。
雪が残って凍ったりしてたので、慎重にゆるジョグですが。
フルマラソンのダメージは、ほぼ抜けたものの、ちょっと左足に筋肉ロックが残っている感じ。
でも、大きなダメージはなさげです。
距離はフルマラソンですが平坦でしたし、ダメージが少なかったと思います。
この週末から、また練習開始です。

では木曽三川マラソンレポの続きです。

-----

2周目も残り2キロ。
相変わらずの単調さ。
誰かいないかとコースの向こう側を探したりすると、ペースが落ちたりする。
あかんあかんと再集中。
音楽が聞こえてきて戻ってきたことを知る。

二度目の上り坂もまだ余裕あり。
坂を上ったところで、ドリンクを飲み干す。
下ってスタートゲートを再度くぐってブログ村私設エイド兼、私の荷物置き場wでペットボトル交換。
ついでにアームカバーも脱ぎ捨て。

ハーフマラソンのランナーが減り、もともと少なかったランナーが一層少なくなる。
ほんと修行だぜーw

■3周目
4'53-4'52-4'50-4'51-4'50
4'49-4'51-4'50-4'52-4'54-5'02

20キロを過ぎても、さほど体調に異常は感じられない。
ただ折り返してから、ペースが4'50を切れなくなった。
今思えば、前兆はすでに出ていたと考えるべきだけど、この時は4'50より遅く走れるようになったと安心していた。
さすがに4'50より速いのは速すぎ。

前行くランナーは、もう見慣れた背中しか残っていない。
残念なことに女子ランナーはおらず、野郎の背中を見つめてばかりいる。
野郎はいらんのやけどw
でも、自分のペースが速くなり過ぎていないか、遅くなっていないか確認させていただいていました。
私は数秒の誤差がある方ですが、ほんとにない人っているよね。すごいです。

折り返し地点まで順調そのものに見えるけれど、精神的にも距離が長くなっているような気がしてた。
そして、26キロ過ぎで折り返し。
4周目まで残り6キロくらい。そこまで行けば30キロ超えと思ったものの、テンションが上がらない。

さらには呼吸が荒くなってきた。
脱水かなと思って長めに給水を取る。
少し楽になったけれど、呼吸の荒さは収まらない。

あ、やばい。リミット近いのかも。
唐突に自覚と焦りがふわっと上昇。
30キロ走の練習時と比較して、あまり楽になってない。
練習の時は35キロくらいまでは走れそうな感じだったけれど、今のこの感じは撃沈したレースに似ている気がする。
早めにメイタン入れるべきか?

メイタンは3周目終わりくらいで取るつもりだった。
メイタン効果は32キロ超えてからの方が良かったから。
出来るだけもう少し先にしよう。
そう思ったのだけど、結果を考えるとこの時点で入れた方が良かったと思う。

辛さを感じながらも、ペースは落とさない。
一度落とすと復活に辛いのは分かっていた。
それでも、砂時計の砂のような、力を使い果たすような感じがしていた。

足の動きが悪くなってきている。
あ、そういえば、ファインテンのパワーテープ貼り忘れてる。
だからロックおきかけているのか?
なんで忘れるかなー、ってなんで辛くなってから忘れたこと思い出すかなー

苦しさと不安が気持ちの負のスパイラル入りかけ。
気を紛らわすため、ガリガリと塩熱サプリを食べる。
いやいや、まだ走れるはずだしと励ましながら、3周目の給水所が近づいてきた。
ここまで来たら4周目まであと少し。

土手の坂道が見えて、坂道を上るけれど足が重たい。
負けないつもりで上り切り、土手の上でメイタンを飲む。
相変わらずの微妙な味。でも珍しく一気に綺麗に飲めた。
念のためドリンク飲んで流し込む。

よし、4周目だ。
気合いを入れなおした時――
折り返した瞬間に向かい風…

なんですかこれ…?
ここからが修行コース本番でした。

(続く)


にほんブログ村



Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-01-25 (Thu)
全国的に雪模様で、名古屋でも雪になりました。
ランオフ三日。そろそろ走りたいのですが、寒い中走るほどのモチベーションがない。
一つ目標を達成してしまうと、緩んでしまうのは、センター試験後に緩んでいる娘を見るようだ…
パパも頑張らないと。

木曽三川レポが、あちこちで始まっていて、なんか妙な感じ。
えーかわさんも書いていたけど、応援ゼロだよw
それなのにレポが増えるってのがねぇ(笑)

ま、私も書くけどw

-----

スタート後、スマホから音楽が鳴っていることに気づいた。
木曽三川マラソンは応援ゼロ。
よって力は外からもらえない。
だから練習のつもりで、イヤホンで音楽聞くつもりでセットアップしておいた。
なんかBluetoothの設定がリンクされていなかったみたいで、音楽ダダ洩れだったw
走りながらスマホを操作してリンク完了。
この先、音楽聞き流しっぱなしで走る。
結局、ゴール直前まで♪

木曽三川のコースは10.5キロの周回コース。
コースの詳しいことは…
えーかわさんNGさんに丸投げw

まあ、良く言えば淡々とした、悪くいえば何もない道を、唯一の目標になりうる距離表示を目指して走る。

■1周目
5'12-4'53-4'54-4'49-4'51
4'49-4'47-4'51-4'46-4'48

スタートロスは20秒。
1キロまでは、ちょっと混んでいたけれど、すぐに走りやすいくらいの隙間が出来る。
体感的にこのくらいかなと考えて走っていたら、4'53だったのでそのまま走る。
苦しいというほどではないけれど、ちょっと気を抜くと落ちる感じ。
3キロ目で早くも4'54とこぼれてしまったので、気合いを入れなおしてペースを上げる。

調子が良いときは、このペースが自然と出る。
意識しないと出ないのは、少し調子悪いのかなと心配になる。
ランオフが4日も続いてしまったので休み過ぎてしまったのかもしれない。
でも足は軽い。
軽すぎて普段なら気にならないくらいの左ひざのコリが気になる。
長く走って痛みにならなきゃいいけど。
そんなこと考えながらも心配していなかった。
たいてい、こういうコリは走っているうちに気にならなくなるものだ。

草むらを抜けて早くも折り返し地点。
風がないせいか日差しが暑いくらいで、早速yurenikuiのペットボトルを飲む。
蓋を開けて飲むから、ちょっとロスするけれど、そのロスを埋めるべくちょっとだけペースを上げて戻す。
いつもペース走でやっていることなので、スムーズにドリンク補給できる。

ペースは、4'50を切るくらい。
予定より3秒くらい速いけれど、ここで落とすのが嫌で、そのままのペースを維持。
周りのランナーも、同じペースだし、私だけ落とすのが嫌だったのもある。

エイドが見えてきたけれど、ここもスルー。
ここを過ぎると10キロまであと2キロ。
草むらが切れて、反対側のコースが見通せる地点。
先を行くはずのキーキさんを探してみるが、よく分からない。
本部が見えてきて、コースで唯一のアップダウンである土手が見えてきた。
そこで「らぴさんがんばー」の声。
反射的に手を上げて返事を返す。
キーキさん、よく見つけたなぁと思いながら、土手を上る。

上りはほんの30メートルくらい。
ささいなものだけれど、これが3周目・4周目となると足元がふらつくのを知っている。
1周目はまだまだ元気。

■2周目
4'46-4'51-4'50-4'52-4'48
4'56-4'44-4'50-4'51-4'50

2周目に入っても、向かい風はない。
本当に今回は天候に恵まれている。
ドリンクを再度飲んでペースも変えずに進む。
2周目に入っても、何も変わらない。景色も変わらない。
変わらなさ過ぎて、記憶にも残ってないよw

確か、CCDワンセコンド飲んだはず。
ただ、少し心拍が上がってきている気がして、折り返し地点で多めにドリンクを飲んだ。
そのため4'56とちょっとはみ出て、そのあとペースを上げたら4'30台がラップで出かけたとか(笑)

15キロを過ぎて、ちょっと足裏が気になった。
微妙に水ぶくれが出来かけている気配がする。
左ひざのコリも良くならない。

不安感がないわけではないけれど、まだまだ余裕を感じていた。

(続く)


にほんブログ村

Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-01-24 (Wed)
木曽三川の速報に対して、コメントありがとうございます。
記録更新に対するお祝いコメントって、ほんとメッチャ嬉しいですw
自分もやったでー!と言いたいわけで、それに対して純粋によくやったーって褒められる。
これぞ、ブログをやっていて良かったって思う承認欲求満足w

まあ、お祝い言われるかどうかってのは、あの時諦めなかったからなんだと思うと、紙一重の感じもしますが。
その紙一重をすり抜けたからこそ、結果に繋がったのだと思います。

さて、木曽三川の後の体の調子ですが、フル明けの体のだるさは当たり前。
でも、フル翌日が研修に当たっていたのは、かなり辛かった。
もう3時過ぎたら、集中力が落ちる落ちる。
自分で入れた研修ですが、何とかスケジュール調整できなかったのとも思う。

木曽三川マラソン、レポどうしようかと…
ほら、ローカルレースだしね。

でも、せっかくのベストの出た大会になりましたから、記録がてらお付き合いください。

-----

当日起床は5時にした。
二年前、到着を8時にしたら、かなり慌てたようだったので、朝7時20分くらい到着を目指すことにする。
前日の夜、逆算しておいたのに、朝にグーグルマップ検索したら、45分で着くとな。
渋滞がないと、そんなに早いの…
もう30分寝られたやん。グーグル先生の嘘つき…

起きてしてしまったものは仕方ない。
着替え、朝食の準備(相変わらずの餅2個)、温かいお茶(お腹に優しい)を淹れる。
荷物は前日に作ってあるので、あっという間に準備完了。
あ、敷物忘れてるがなw
他に忘れ物は…ない!

しっかり、忘れ物してるんだけど、気づくのは、25キロを過ぎてからだ(←気づかなさすぎw)

行きがけにもちろんトイレに行く。
コンビニでお借りしますが、朝からこれで4回目w
うん、ぜっこーちょーw

グーグル先生にご案内されて、木曽三川公園駐車場着は7時10分くらい。
朝焼けの木曽川がメッチャ綺麗…



この時間帯だと、一番会場に近い芝生駐車場に車を置けました。
遅くなるほど、どんどん遠くに追いやられます。遠くなると受付まで15分とか歩く羽目になるから、早めが吉。

木曽三川マラソンは、会場と駐車場がほぼ一体化しているから、待機するのは車でも別段問題ない。
でも、一昨年でも会場建物の休息スペースで、ゴロゴロしていた。
今年もそうなるのかなぁと思いながらも、参加賞の大根を車に持ち帰っておきたかったから、Tシャツと受付案内だけ持って行くことにする。
Tシャツはゼッケンをだべりながら貼ろうかなと。

受付までの途中で先着していたローラさん、えーかわさんにばったり。
えーかわさんに、応援していると言われて、ちょっとテンション上がる♪
いいよね、期待されるって。

さらに途中で誰か分からない人に出会うw
飄々とした態度のだれやねんさん
ちょい太めになったのは分かったよw


相変わらずのまったりとした受付と、どどーんとトラック一杯の大根。
わたし、二年前に見てから大根山積みのトラックって、見たことないw
ここでしか見れないのか…



これを見るために参加するのもありだぞ!
(運がいいと2本もらえるらしいぞw)

受付を済ませて休憩スペースで、キーキさん、ロボッチ、しょうじさん、NGさんにご挨拶。
チーム中部が集まると、ホームグラウンドって感じがしてリラックスできます。
なのに、
「らぴさん、なんか調子いいじゃない」
とちょっと不満げな口調でキーキさんからジャブ。
いやーとか、受け流す。
それなのに
「サブ3.5なんて、すぐでしょ」
「20分?」
笑顔で繰り出されるのは、ちくちく攻撃w
二年前のゴール直前を並走してくれたキーキさんはどこへ行ったの!(笑)

まあ、進歩遅いのは事実ですから、甘んじで受けますよ…
でもステップって大事だから!

NGさんは、緊張されているのか、ちょっとナーバスになっている感じ。
内心、NGさんには期待していたけど、あまり言うとプレッシャーになりすぎるから、狙って行くよねって確認だけしといた。

ああ、しょうじさんとロボッチはいつものように後ろ向きに前向きだったんで安心してたw
この二人、やるときゃやるから。

途中、えーかわさんがやってきて、改めてサブ4のお祝いを伝えられた。
なんか本当にうれしそうで、今日は楽しく走るの見え見えで羨ましい。


スタートが9時過ぎなので7時45分を回ったところで、大根をもらって車に戻る。
靴を履き替えて、荷物をもって改めてスタート地点へ。
今回は飲み物をスタートの向こう側に、シートを敷いて荷物ごと置いておくことにした。
木曽三川マラソンは水(スポドリも?)の提供はあるものの、2キロ地点と復路の8キロ地点と中途半端なところにあり渇きのタイミングが合わないことを心配していた。
なので、経口補水液を持って走るつもりだった。
無くなったら、ペットボトルごと交換する作戦。
荷物を置いたのは、風でシートを飛ばさない兼、終わったらすぐに着替えられるため。
しかも、みんなのドリンク置き場になったのは我ながらいいアイデアだったと思う。

アップをしてトイレに行って、残り15分でウィンドブレーカーを荷物に置きに行ったら、スタートラインに近づいたことに怒られた。
チップが反応するでしょって。
そりゃそうだよね。アナウンスでも注意してたし。
謝りながら端の方を通過して、荷物を置いてスタート列へ。

皆さん揃って、いつもの写真…



あ、素晴らしく踏まれてるw
嬉々として踏まれているのは誰でしょう?

いつもの終えたし、よーし行くかーと思うけれど、気持ちが少しふわっとしてる。
記録狙いに行こうという気合いが足りないかも。
列に入ってからNGさんと握手したかったなと思ったけど、時すでに遅し。

あっさり15秒前のアナウンスがあり。
プワァーというファンファーレとともにスタートした。

(続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : マラソン大会
* Comment : (2) |

* by やべっち
3.5奪還おめでとうございます。ナイスラン。
地力あるなあと思いました。さすが。
自分も今度頑張る。

Re: タイトルなし * by らぴ
> やべっちさん

ありがとうございます。
色々悩むより走れってことなんだと思います。
やべっちさんも、やれば出来る。
応援してます!