01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理2018-01-17 (Wed)
昨日、仕事が終わって、帰宅ランしようと思ったら…

…なんか走るのヤダな

ぼわんとそんな気分になった。
この気持ちには覚えあり。

それこそ、何回も。
去年の夏から秋にかけて、モチベーションがダウンした時に。


いかん。
あと一週間もしないうちに大会なのに。

こうなった時は、何も考えないように走るのも手。
辛くても前向きになれなくても、走り始めれば走れるのは知っている。
でも、それは馬にムチをくれるようなもの。
本当に走りたい気持ちになれない。
あの夏には戻りたくない。

あの頃と今は状況が違う。
計画してトレーニング出来ている。
だから、今は考え方で前向きになれるハズ。
改めて自分の気持ちを明確にする。

一つは目標。
自分の目指しているものを再認識。
サブ3.5目指しているよね。
そのための努力もしているよね。

一つはゴールイメージ。
達成したシーンを思い描く。
喜びと嬉しさ。
感情をフィードバックする。

そして、もう一つ。
自分のライバルであり、仲間。
サブ3.5を目指している仲間。
少し先に行っている人たち。
そこに追いつきたい。
それをもう一度、思い出す…

とね。
心の奥からむっくり欲望が起き出すのよん。

不思議と、これでモチベーション復活。
いつでも効く呪文じゃない。
でも、前向きに取り組んでいる時は、この程度でも充填率80%は行けてしまう。

気をつけなければ、やる気出しすぎてペース上がり過ぎとか、副作用もある(笑)


昨日の迷いは、一時のこと。
早く大会、来ないかと思う。

どんな結果になるか、自分で自分が楽しみです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : ランニング話
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-01-13 (Sat)
先日、地元のランニングサークルの新年会がありまして。
ワタクシ、随分とご無沙汰してましたので、小さくなりながらランナーのお一人と話し込んでおりました。
その中で、ちょろっと出てきたのが、表題のお話。

さらっとサブ3は才能が必要だから~と言われた時、カチンと来ちゃったんだよね。

才能って、よく使う言葉だけど、才能が必要って言われると疑いたくなるのは、私だけ?

サブ3に必要なのは、4'15を42.195キロ走るだけの走力。
私は、4'15なんて3キロも走れない。
だから、才能ない?

心の奥底で、ガオーと吠えてる声がする。
でも、この時は、まあ難しいなんて分かってますけど…と苦笑い。

苦笑いしとる場合か!

自分に自分で突っ込みたくなる。

トレーニングを続けていても、到達出来ないものを才能と言うなら、到達できないと諦めた時に才能がないと決まる。


諦める気ある?

ない!


自分の才能は自分で決める。
そんなランナーでありたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : ランニング話
* Comment : (2) |

* by まー
私もサブ3に才能は特段必要無いと思います。
もしあえて才能が必要だというのなら努力する才能と諦めない才能は必要だと思っています。
ただそのやり方を間違ってはいけないとも思っています。
「非凡なる人は非凡なることをする人にあらずして、平凡なることを非凡なる努力でする人なり」とは瀬古さんの師匠の中村監督の言葉ですが、名言ですね。

Re: * by らぴ
> まーさん

ありがとうございます。
そう言っていただけると励みになります。
瀬古さんの師匠、名言ですね。
いつか自分も自信と確信を持って言って見たいものです。

個別記事の管理2018-01-06 (Sat)
箱根駅伝で青学が勝ちました。
結果は素晴らしい。
勝利の方程式が出来ていると言われるのは、過言じゃないよなぁと思ってます。
一年を通して、勝てる選手、チームの作り方が出来ていて、毎年、それが積み上がって結果に結びついているのだと思います。

その青学の原監督ですが、ビックマウスもあって、駅伝話題の人です。
色んなこと言ってますが、私が気になっているのは、陸上のライバルは野球であり、サッカーである、と言っている点。
年々、少子化で子供の人口が少なくなる中、スポーツの出来る子供を集め、育てるためには、陸上を野球やサッカーより魅力的なスポーツにして行かなければならないという主張。

私もマラソンを趣味にしていますから、陸上を贔屓にしたい気持ちはありますが、客観的に考えて、陸上特に長距離を、野球やサッカーより魅せるスポーツにするには、大変だろうと思います。

箱根駅伝は、日本の正月のイベントの一つとして数えられますし、東京マラソンも、すっかり定着しました。
日本人はマラソン好きだという、文化も理解できるけれど、それでも陸上が野球やサッカーを押しのける花形スポーツにはなり切れない気がします。

スポーツには観るスポーツとやるスポーツの二種類ありますが、野球もサッカーも観てやるスポーツになってます。
ところが陸上は観るスポーツ系。
道具が必要とか、施設がいるとか、スポーツにはハードルがありますが、陸上はこのハードルが低い。
でも、観るスポーツになっているのは、スポーツとしての魅力が足りてないのだろうと思います。

その典型的な形なのが、組織的にプロ化されてないということです。(個人でプロになっている方は除きます。)
プロ化されるというのは、お金を出す企業・団体があるということですが、お金を出すのは宣伝になる、それだけで商売になるということです。
陸上は、商売になり辛いスポーツになってしまっているのではないでしょうか?

これは卵が先か鶏が先かみたいな議論になりますが、魅力がないから商売になるほどの人を集められない、人が集まらないからプロ化出来ない、プロ化してないから夢を描けない、だから子供たちはプロがあり、分かり易い、野球やサッカーに向かうし、それを育てるべく、地域の育成チームが作られるということのように思います。

では、これを打破するには何が必要なのか?

一つは、陸上のエンターテイメント化だと思います。
ルールを工夫して、観ていて面白い形にするのが必要かなと。
例えば駅伝でも、1週間に1度大会を開催し、長くとも2時間で終わる形にする。これを10~3月までやってポイント制にして、チームで総合優勝を目指すとか。
コースも、ロードありクロカンあり屋内なんてのも面白いかもしれない。天候が雨の開催もあるでしょうし、暑い日もある。
短距離やフィールド競技の組み合わせてみるのもありだと思う。

こんな形になれば、観戦して非常に面白いと思う。
年に一度の箱根とは、全く違うスポーツになってしまうかもしれないけれど、観て面白くなれば、やってみたい人は増える。
そうすれば地域で大会が開催され、さらに育成チームも増えて、全体の底上げにもなる。
マラソン大会一辺倒の今のマラソンブームにも一石を投じることにもなる。

…なんてね。

これは個人的な妄想に過ぎませんが、面白そうと思って動き出した人が、こういうものを作り上げて行くのではないかと思ったりします。
でもまあ、プロ化って言葉で言うほど、簡単じゃないですよねー(バレーしかり、バスケしかり)

実際のところ、陸上のアマチュア精神に偏り過ぎなイメージが一番のハードルかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : ランニング話
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-01-01 (Mon)
明けましておめでとうございます。
新年は、毎年、実家に寄せてもらっているのですが、今年は上の娘は受験勉強のため居残り。嫁も残ったので、初めて家族別々の正月です。
子供たちが大きくなれば、少しずつ変わっていくものだと思ってますが、今回のも一つの変化なんだろうなと思ってます。

のんびりした正月になり過ぎないように、初日の出ランをしてきました。

距離:20.81km
時間:2"08'07



日の出を見ると祈ってしまうのは、原始的な欲求なのか。
家族の望みと健康を祈っておきました。


さて、毎年のことになりつつありますが、今年の目標を掲げます!

①サブ3.5奪還
②サブ200達成

マラソン回帰の年なので、この二つが目指すべき目標。
まずは、サブ3.5。
これを奪還する!

その先は見えているような、遠いような記録ですが、無理だとは思ってない。努力すれば届く。そう信じてる。


マラソンは、これとしてウルトラとかトレイルとか考えてはいる。
ただ、今年の中心には持ってこない、つもり。(サブ200取れたら、気が変わるかもしれないけれど…)

2018年、また挑戦の年になれますように。
頑張ります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : ランニング話
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-30 (Sat)
今年の元旦に、目標立ててた。
それがコレ。

①フルマラソン200分切り
②野辺山ウルトラ100キロ完走
③トレイル100キロ完走


…えっと、どれも達成…できてませんね。
毎年、目標は立てていましたが、全部ダメだったのは、初です。

ちょっと背伸びした目標のつもりはあったのですが、今考えると客観的に見て足りてないのに、前しか見てないのが分かります。
30キロ走すらまともに出来てないのに、200分切りって甘過ぎでしょ。

トレイルは、100キロのエントリーすらできませんでした。
100キロ走るには、まだ足りないと思ってます。ウルトラマラソンは、フルマラソンの延長線で、差程苦労なく100キロに達成出来ましたが、トレイルはそれ用にトレーニングしないと続かないってことが分かりました。
具体的には、あと2,3本のミドルレースが必要だと思います。そうしないと、きっと痛い目に合う。

野辺山は、胃腸不良でリタイア。
その気は十分だったものの、レースを入れ過ぎたことによる内臓疲労が原因だと思ってます。
レースコンディションが出来ないってのは、走る以前の問題…

なんか振り返ると、パッとしない一年だったようにも思いますが…

一方で、トレイルの大会に色々エントリーできた。
・新城トレイル
・奥三河パワートレイル
・美ヶ原トレイル
どの大会も一筋縄では行かない大会でしたが、挑戦し甲斐のある大会でした。
あとは、フルマラソンも静岡・いびがわ・つくばと走っているし、野辺山も結果はどうあれ、大会に出場できた。

そう考えれば、趣味としては充実していたと思う。
ランニングを始めて7年。
飽きずに続けて、まだ進化したいと思っているなんて、走り始める前は想像していなかった。
身体もスリムになったし、おかげで娘にも褒められている(笑)
そう思えば、今年は記録はついてこなかったけれど、満足度はそれなりに高い。

来年も、まだ走り続けたいのは間違いない。
時には疲れてしまうことがあるかもしれないけれど。
チャレンジするのが、自分の人生であると思える限りは続けたい。

ブログは、今は頑張れているけれど、休むこともあると思う。
でも、ここでしか出会えない人もいる。
話したいこともある。
だから、出来るだけ続けたいです。

今年、一年、ありがとうございました。
月並みですが…

良いお年をお迎えください。


にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ランニング話
* Comment : (1) |

* by さくら
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^