05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2018-05-26 (Sat)
20キロを過ぎると下りになる。
ついついペースが上がりがちになるけれど、ここは自重。
足を残すために、なるべく衝撃を与えないように、抑制して走る。この走り方、練習で身につけた。
確かに効果があるのは分かってる。でも、疲れてくると出来なくなる。今のうちなら出来ると思って気をつけて走る。

ペースが少しだけ上がってきたのはいいけれど、またしてもトイレに行きたい…
次のエイドで行こうかとも思うけれど、たぶん、並んでいる。
どうしたものかと思っていたら、これが出てきた。

15272945160.jpeg

命の水。
今年は、さほど暑くないけれど、暑かった去年は助かった。
顔を洗ったら、さっぱりした。
涼しいとはいえ、汗はかいていることを自覚。
トイレは行きたいものの、水分補給は必要。
でも、やっぱりトイレに行きたい。

だいぶ降りてきたところで、第1関門である林道ゲートエイド。
タイムは2時間50分過ぎだったと思います。予定より5分ほど遅れてる。
でも、林道エイドでトイレの列に並ぶ…
並んでいたら、ユキさんに会った。ユキさんは調子良さそうに先に行ってしまった。
列、ちっとも進まないなぁ…

あかん。このエイドでは諦めよう。次のエイドで行くことにして、お菓子(たぶんバウムクーヘン)をもらって先に進む。
でも、出たとたんトイレに行きたくなり、ちょい後悔。
次のエイドは…3キロ先? 20分くらい?

下ったあとは、またしても上り。
その上りの途中でユキさんに追いつく。足の調子が悪いって。いやいや、まだ行けますよ。

遅れはあり、トイレにも行きたいけれど、気持ちは前向きだった。
天気もいいし、緑も綺麗。
ウルトラ楽しいって思える時間w

次のエイドでトイレ…って、ここも行列。
まだ我慢できるかな…うーん、悩みながら通過も。
もうダメっぽいと判断。
29.5キロのエイドでトイレ行列に並ぶ。ここも5,6人は並んでいる。

15272945620.jpeg

仕方ないと諦めて、お菓子を食べて、補給をして、LINEで連絡したりして、暇つぶし。
そうしたら、ねむねむさんが現れた。
どうやらねむねむさんもトイレ行列にはまったらしい。
仕方ないよね、寒いしと。遅れはしているものの、元気そう。

ここからしばらく下りが続く。
ちょうど下りの直線から、山並みが見える。
こういうものがちょいちょい現れるのが野辺山の良いところだと思う。

15272945770.jpeg

トイレを済ませたものの、なんかまだお腹がもやっとする。
腹痛というわけではないものの、またトイレに行きたくなるような気がする。
結局、トイレ待ちで10分以上遅れてしまった。
ずいぶん後ろになってしまったという自覚はあった。
でも、まだ何とかなると思っていたんだけど、それが完全に裏目になったと思ったのは次の稲子湯のエイド。

エイドに到着して…
おしるこは、白玉切れです~
おにぎり、ありません~
マジすか。

実は、30キロから下りが続くのですが、下りなら走れるはずが、走れません。
この症状は覚えあり。
エネルギー切れ。
ジェルを食べてみたのですが、なんか気持ち悪い。
固形物食べたい…

そう思って稲子湯エイドにと到着したのですが、エネルギーになりそうなものがありません。
仕方ない。42キロの八峰の湯まで行くしかない。
諦めて、歩き始め、手持ちの黒砂糖をガリガリ。
この黒砂糖、沖縄(?)の名産のものですが、カロリー高いし(なんせ砂糖)、おいしいし、ウルトラ食にぴったりと思います。
でも、エネルギー切れはなかなか収まらない。
そのうち眠くなってくるし、また便意もやってきて…

試練の時間が続きました。

(続く)
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : ウルトラマラソン
* Comment : (0) |
個別記事の管理2018-05-19 (Sat)
出発前日になって、バタバタしながら準備してます。
スタートの気温が5℃前後って確認したものの、そのくらいの寒さのときの装備がイマイチ思い出せず…
ついこの前のはずなんだけどな。
仕方ないので、真冬装備を一式用意。
あとは気温を確認しながら調整します。

さて、補給食の話。
野辺山ウルトラは、エイドが充実しているから特に用意せずに走れるとは思います。
でも、それは胃腸が元気な人の話。
私のように、すぐにお腹に来る人は、来るべき時に備えて、色々と用意すべき。

てなわけで、色々準備してみました。じゃーん!

20180519094812cbe.jpg


今回は、バックが大きいので、余裕で持てる。
だから、ゼリー系のものと、補食も少々。
最近のお気に入りは、奄美の黒砂糖。
固形で高カロリーで、うまい。
おやつに食べ過ぎてしまっていますが、ウルトラの場合は格好の補給食になるはず。
あとは、アルファ米の五目御飯。
42キロのドロップバックに入れておいて、そこで水を入れて出発すると50キロ過ぎに食べれるだろうという魂胆。
しかも、この五目御飯の優秀なところは、水を多めに入れておけばおかゆにもなりうる。
お腹の調子に合わせて調節して、歩きながら食べようかなと。
(たぶん、ベタ歩きのシーンが出てくるはずだから。)

お腹を助けるお湯は、ポットに入れて持ち歩く予定。
前回も50キロのエイドでお湯を入れてもらえたので、今回も同様に考えてる。
水分は経口補水液。無くなったらエイドでスポドリの予定。

二回のドロップバックごとに詰め替えて、トータルで3100キロカロリー。
100キロを14時間だと、エイドで1時間と考えて600キロカロリー×13時間で7300キロカロリー。
およそ半分を持って行くもので補給できる計算。
あとは、エイドですね。できるだけチマチマと食べることを考えてます。
(その方が胃の負担が低いと思ってます。)

まあ、ここまで準備してもダメな時はダメなのが難しいところですが、やれるだけやって行ってみたいと思います。

今日のところは、お腹の調子も悪くない。
明日も、このまま行きたいものです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : ウルトラマラソン
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-05-01 (Mon)
奥三河パワートレイルから一夜明けて。
体の調子を心配しましたが、思ったよりは状態はよさそう。
胃腸は、まだもう一つですが、あれだけダメージを与えたはずの両足は、そこそこ動けてる。
午後になって筋肉痛が出てきたものの、まあこれならばという感じ。
筋肉痛は、二日後がピークでしょうから、これからだと思ってますが(笑)

今日は会社は合法的に休んで(有給ですな)、本格的なGWに突入。
のんびり一日過ごしてます。
でもって、昨日の気持ちの振り返りなんてものも。
正直なところ、リタイアしましたが、リタイアレースにありがちのくやしさがありません。
それは、あれ以上には続けることが出来なかったと思っている、あの時の判断に間違いがなかったと思っているからだと思います。

ただ、冷静に考えるとレース展開は、もう少しなんとかなったと思ってます。

関門の通過記録です。

奥三河記録

ハンサムネコさんの日記にありますが、小松までに4時間が余裕をもってゴールできるペースです。
それに対して、私のタイムが5時間20分。

じゃあ、私の目標ペースは?
実は、全く考えていませんでした(笑)

ともかく、前半は走れるだけ走る。
それを意識した結果、5時間20分。

どうも、ギリギリでもゴールできるタイムは、5時間15分らしいです。
一緒に走っていた(会話していた時は歩いていましたがw)人に教えてもらえました。

ペースを事前に考えていなかったのは、仕事が忙しくてそれどころじゃなかったのもありますが、どこか自分がこのレースの完走を最初から諦めていたのだと今なら思えます。

それなりにトレーニングはしていてはいたものの、ひと月前の新城トレイルでひどい目にあって、自信がなかったのでしょうね。
どういうレースプランが最適なのか考えることよりも、ともかく前へ前へ進むことが大事だと思っていたのです。

それは、あながち間違ってはいないとは思いますが、でも私クラスのギリギリランナーは、関門はもちろんのこと、昨年の他の人の記録から、きちんと自分のゲートラインを明確にしておくべきだったなと思ってます。
(今更ですが、ネコさんの去年の記録が、そのままゲートにしてもかまわない記録でした。)


あと思うところは、体調管理の下手さ加減。
これについては、よくよく振り返りたいのですが、何度もウルトラとか出ている割に、体調の変化に鈍感です。
いつも、明らかに悪くなってから気づいて、手遅れになっている感じがあります。

今回は、小松のエイドで明らかに調子が悪くなっていて、そこから復活を果たすも、四谷で再び悪くなっています。
ハンガーノックと脱水のダブルパンチが来る前に、冷静に対応できたら、続けて走ることも可能だったのではないか?
事前準備で避けることが出来たものもありそうなので、そこを次へのステップとして考えたいと思います。

次とは?
去年残り7キロでリタイアした野辺山、です。
私が一番リベンジしたい大会でもあります。

ウルトラだけど、奥三河にも通じるものがあるとも思ったので、まじめに考察します。


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : ウルトラマラソン
* Comment : (6) |

* by だれやねん
OPTお疲れ様でした~
あの状態からよくそこまで行きましたね
やっぱり精神力が違うんかなぁ(^-^;
えっと...次の大会まで間がないので(笑)
身体へのダメージしっかり取り除いてくださいね

* by やべっち
奥三河、おつかれさまでした。
らぴさん、最近リタイヤが少し多くなってますよね。
元気に走ってるらぴさんのレポが読みたいです。
ぜひ、次、がんばって!

* by ハンサムネコ
お疲れ様でした。
去年の僕のタイム結果的に完走の分かりやすい目安なんですよね、今回はほぼ、す~さんがぴったし辿ってきましたね
トレイルは作戦大事かもですね
来年是非(笑)

Re: タイトルなし * by らぴ
> だれやねんさん

小松のエイドでダメだったのは、脱水だけでしたので、水分とバナナ、漬物で復活できたのだと思ってます。
あとは、上りだったので、それがいい休憩になってくれた。
あの坂が休憩ってのも変ですけど。
野辺山まで、ほんと時間がないので、もう少し鍛えないとだめですね。

Re: タイトルなし * by らぴ
> やべっちさん

ありがとうございます。
えっと、リタイア多いですか…?
まあ、うまくいかないことの方が多いですが(笑)
次の野辺山は、気合が違うので、絶対大丈夫!

Re: タイトルなし * by らぴ
> ハンサムネコさん

ありがとうございます。
ネコさんの去年のブログは読んでいたのですけど、時間についてノーチェックでした。
このあたりが甘いところというか、本気度が足りないというか。
今年で大枠は分かったので、来年こそは完走目指したいです。

個別記事の管理2016-06-02 (Thu)
おはようございます。

野辺山のレポも終わって、ブログも通常運転。
ああいうレポも好きですが、ぐだぐだ書くのも嫌いじゃないw

野辺山から10日くらい過ぎましたが、故障らしい故障もなく、体調も悪くないです。先週末には30キロジョグも出来たし、走るのも嫌いになってないです(笑)

DNFしたからといって、落ち込むことはあっても、走ること自体は嫌いになれませんねー。懲りてないというか、何も変わらないというか、走ることしか能がないというとか(笑)

走るだけでは自己満足でしかないので、少しは皆さんの役に立つことを考えようというのが今日のネタです。幸いにして、野辺山ウルトラ走ってますし、今週末はオクムとか芝又とか、来週末は飛騨高山とか、ウルトラの大会には事欠かない状態ですので、ウルトラで完走する心得なんかを、完走できなかった私がアドバイス(笑)


①簡単に諦めるな

足が痛いとか、胃が気持ち悪いとか、食べられないとか、ウルトラ走っていればトラブルがつきものです。だって、距離がおかしいもの(笑)
普通、フルマラソンだって、おかしい距離じゃん。それ以上なんて、当然、どこかトラブルが出てくるものです。そんなことも感じず、楽しさだけを味わってゴールできる超人もいらっしゃいますが、そういう人はここでは対象外w
大抵の人は、あっちが痛いこっちが苦しい、そんな状況に陥ります。
そんな時に諦めたくなる気持ちも、よく分かります。計画立てていたのに、その通りに走れない。このままじゃ関門に間に合わないかも。

でも、そういう時こそ諦めないことです。
足が痛い、程度にもよりますが大抵の人は痛いです。痛かったら痛み止めという手もあります。胃が気持ち悪い。じゃあ、気持ち悪いのが良くなるまで休みましょう。食べられない。とりあえず水分飲んで休んでしまいましょう。
色々と不安になるのは分かります。でも、人間の体ってよくできたもので、大抵は休めば回復に向かいます。大事なのは、続けるために休んでいるんだと意識して、休んでもOKと考えること。
ちなみに休み方は、足を止めると固まるので、歩くのがオススメです。

ウルトラは、参加料だって高いし、遠征費だってかかるもの。だからこそ、簡単にレース投げるのは勿体ないじゃないですか。
だから、ギリギリまであがいて、諦めない。

そうすれば、復活はありえます。


②復活できる物を用意しておきましょう

ただ、単純に休んでいれば復活できる場合ももちろんあります。でも、どうにもならないとか、時間を早めたいとか思ったら、相応の準備が必要です。
距離が長い大会はドロップバッグがあると思いますので、それを利用してもいいですし、最初から用意してもいい。胃薬・胃腸薬・痛み止め・補給食(固形じゃないもの)・経口補水液、これはあった方がいいと思います。いざ、固形物が受け付けられない状態になった時に、胃腸の負担を減らすためにも、用意しておいた方がいい。特にエイドでは、なかなかこの手のものがありません。事前準備が勝負を分けると思った方がいいと思います。


③ほんとにダメだと思ったら、もう5分だけ考える

自分は野辺山でリバースしてしまったのでリタイアを決めたのですが、リタイアを決める時って平常時の自分と比較して、やっぱりおかしい状態だと思います。スパッと決めるのが美しいという考えもありますけど、でもウルトラなんてのは非日常の世界。そういう世界に長い時間置いていると、冷静な判断できなくなってきます。
だからこそ、リタイアに迷ったら、5分だけ考えてみてほしい。
自分の体力・自覚症状、残りの時間、ここでやめた場合の後悔とか、進んで次に駄目になるポイントがどこなのかとか。
ともかく、自分の取り巻く環境をもう一度考えてみて、それで判断してほしい。

進める可能性は、絶対にゼロじゃない。
でも、大抵は、今のトラブルにだけ考えが向かってしまって、他の可能性を忘れてしまう。
せっかく参加した大会ですから、少しでもゴールに向かう可能性を考えてほしい。
そうすれば、たとえDNFだとしても、最終的な判断に後悔は少ないと思いますよ。


私はウルトラマラソンは、精神力を問われるスポーツなんだと思ってます。
もちろん、練習とかトレーニングとか、そういうものも必須だとは思いますが、長い時間走るわけで、気持ちもずいぶん変化します。強気で行ける時間もあれば、弱気になる時間も必ず来ます。
そういうものをいかにコントロールするのか、それがウルトラマラソン完走への秘訣だと思ってます。

今週末も、概ね天気が良さそうです。
暑さになると脱水に苦しみますので、ぜひとも水分補給は十分にとってチャレンジしていただけたらと思います。

ゴールシーンは、きっと素晴らしいですよ~


にほんブログ村
Theme : マラソン * Genre : スポーツ * Category : ウルトラマラソン
* Comment : (2) |

* by みゃあこ
当日印刷していきたいくらいの記事をありがとうございます!
野辺山、あの体調ではリタイアは英断だったのでしょうが、
あとちょっとのリタイアは本当に悔しかったと思います。
来年のリベンジ、めっちゃ応援しています!!
(私も一度は走ってみたいけれど、やっぱりびびります^^;)

Re: タイトルなし * by らぴ
> みゃあこさん

ありがとうございます。
自分の決断でしたが、あれが正しかったのか今でも疑問です。
でも、あれが悔しさのバネになっていることは事実です。
来年に向けて鍛えなおします。
みゃあこさんなら、野辺山いけますよ。
来年、一緒にどうですか?w

個別記事の管理2015-10-15 (Thu)
おはようございます。

来年のチャレンジ富士五湖の日程が発表になりましたね。
4月24日(日)です。

私、一昨年、72kmでウルトラマラソン初挑戦で制限時間15秒前にゴール。
去年は100km。13時間切り達成。
特に去年は富士山がよく見えて、桜も見れたし、とても雰囲気の良い中を走ることができました。ブログ村の応援とか、キャンプ場での宿泊とか楽しかった。

では、来年は? ステップアップなら118kmなんでしょうね。
でも、制限時間の厳しさとか、本栖湖の寂しさとかを考えると、そう簡単に踏み切ることができません。

実はウルトラで、もう一つ、参加してみたい大会があり。
ご存じ野辺山です。

ウルトラマラソンでも、一番キツイと言われるコース設定。
高原の素晴らしい景色だとか、温泉がコース上にあるとか聞くウルトラですが、まだ出たことありません。

来年の日程は、5月22日。
去年もチャレ富士のあと1カ月後くらいでしたので、同じタイミングで開催されます。
チャレ富士が4月、野辺山が5月。
去年はチャレ富士を考える以上ムリ。野辺山は私にとって、野辺山>>チャレ富士だったので、考えることすらしませんでした。

でも、今年は丹後も完走できたし、飛騨高山も走った。
そろそろ次の挑戦へ向かう準備も出来てきている。となれば、野辺山か。そう思っているわけです。
でもねー、チャレ富士も走りたいんだよね。

だったら、両方出りゃいいじゃん。
そう思わなくもないのですよ。

去年は、チャレ富士のあとは、そのままシーズンオフだと思っていたのに、気が付いたら飛騨高山をポチッとしてましたw
心配していチャレ富士のダメージも、それほどでもなく、1カ月空ければ何とかなるのかなーと思わなくもない。
ただ、エントリー費用がとか、宿泊代とか、そっちの方が心配w
嫁さんに、またなんて言われるかー…(怖)


他にもトレイルも走ってみたいと思ってまして……
こんな本買ってます。



トレイルの大会一覧の本って、初めて見たので衝動買いしたのですけど、いやー、トレイルって、ほんとすごい増えてるのね。初心者の私には衝撃ですよ。
この本に載っているだけで150大会!
冬でも大会があるのかと、ちょっとびっくり。

で、こんなん見ていると出てみたくなるわけですよ。
今からだと5月、6月の大会に興味が…って、ウルトラと被るやん!(笑)

出来れば40~50キロくらいで、STYのポイントがとれる大会がいいなーとか思ってたり。
近場だと、今年、たーはるパパさんが出てた奥三河パワートレイルとか?
いやいや、完走率30%とかだったのに、来年は70キロとかになるとか、ありえないと考えたりw
なんか、想像すると、いやー楽しい!(注 走ってませんw)

まあ、トレイル走るには、山を走るしかないわけで、今のところ、そんなに走りに行く時間がとれないので、すぐにガッツリというわけにもいかないのですが、それでも来シーズンは、トレイルも入れていきたいです。

問題は、マラソン、ウルトラ、トレイルの両立ですかね?
こなしている人は、どうやっているんだろう…。
超人か?(笑)


あ、仕事と家族は…?w


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : ウルトラマラソン
* Comment : (4) |

* by ローラ
あざいお市おつかれさまでした( ´ ▽ ` )ノ♪
もうチャレ富士エントリーの頃にちかづいて来たのですね∑(゚Д゚)
ステップアップ検討中すごい〜!☆
来年も元気に楽しく走られますように〜♪( ´▽`)

* by リンガンガー
壺売るわけではありませんが、野辺山は宿が少ないので、早めに決めた方がイイかと思います。

寒いわ暑いわ平地はないわの素晴らしいレースです(笑)

レースに迷ったら後悔しないように全て出ればイイんですよ(爆)

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> ローラさん

ありがとうございます。
一年過ぎるのって早いものです。
楽しかったですよねー。
同じ距離走るよりは、長い距離をと思うのですけど、制限時間が厳しいです。
出るかどうかは、もう少し考えます。

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> リンガンガーさん

そうなんですね。情報ありがとうございます。
宿のことまで考えてなかったです。
ちょっと調べて、どうするか考えます。
リンさんは出られるのかな? ブログ村住人でどのくらいになるのかな?
気になります。