FC2ブログ
10≪ 2019/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-12-03 (Sun)
つくばマラソンが終わって一週間。
久しぶりに、マラソンのことをよく考えた一週間でした。

長いこと放置状態だったブログ。
ブログ書きたいとも思えるようになったのは、つくばマラソンがあったから。
自分で決めて挑戦して、まあまあ満足できる結果が出て、次に繋がると思えているから。

やはり、成長しているという感じがないと、モチベーションが維持できない。
この春からモチベーションが下がっていたのは、DNFが多かったり、マラソンがやりたいのか、ウルトラ、トレイルがやりたいのか、方向性に迷っていたからだ。
迷っているうちに、走ること自体が面倒になったり。

今回のつくばも最初は逃げようとしていた。
それが行けるかもと思って参加し、結果、行けるところまでは行けた。
それによって次へのモチベーションに繋がっている。

つくばマラソンで最も良かったのは、このモチベーションチェンジ。
停滞していた気持ちが浮上した。

一方で、悪かったことは数多い。
・脱水になったこと
・ラップ設定ミス
・ペースメイク
・参加決断の遅さ
・実力の事前確認不足
etc…

でも、良かったことが悪かったことを上回っていると感じてる。

次への意欲。
これが一番大事。

まずは、サブ3.5の奪還。
そして、200分切りへの挑戦。
さらには、3.15へ。

一足飛びに行けるところじゃないのは分かっている。
トレーニングを計画し、苦しいもの・苦手なトレーニングもやった方がいいだろう。
弱点を補強することで、少しずつ結果に近づくはずだ。

今年はトレイルに手を出し、ウルトラも中途半端、トレイルも中途半端になった。
ここで原点回帰。
マラソンで記録を出すことに戻りたい。

今年のつくばは、結果を見ればもう一つだった。
けれど、自分の気持ちが固まったのが最大の成果だ。

またモチベーションが落ちるかもしれない。その時のために、これを書いておく。

目指せ、サブ3.5!
目指せ、サブ200!

これを今シーズンの目標に定めます。

(つくばマラソン2017レポ・了)


にほんブログ村
スポンサーサイト



Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : つくばマラソン2017
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-02 (Sat)
残り7キロ。
ここまで来たからには、歩かずゴールしたい。
その必死な思いが、前に足を運ぶ。
しかし、歩幅が小さくなってきているのか、ふくらはぎが痛み出している。
これを放置したら、2キロも行かないうちに走れないほどの痛みになる。

対策は、ワンセコンド。
最後の1本を開けて飲み込む。
そして、腕ふりと足の筋肉をお尻を使うことを意識する。
ずっと意識できるわけじゃないけれど、少しだけ動きが変わる。
それだけで、少しマシになる。

学園西大通りから、短い坂を上って、大学へ戻るルートになる。
しかし、この坂がキツイ。
腕を振っているのに、ちっとも進まない。
キロ6行っているんじゃないかと思うほど。
歩いている人もいる。
でも、歩くのだけは嫌だ。
トロトロとだけど、坂を上り切るが、思った以上に筋肉を使ってしまった。
小さな下りにふらりとよろける。

あとは、ここから大学に向かうだけ。たったの5キロちょい。
でも、もう残っている足はなかった。
ふと左の視界の先に、私設エイドがあった。
あれはもしかして…
 「コーラですか?」
 「そうです」
 「いただきます」
コーラ=カフェイン。助けになるかも。
うまい。
いや、喉が渇いているんだ。
ああそうか、脱水なんだ。

ようやく脱水症状に陥っていることを自覚した。
ペースが上がらないのは、上げられないほど汗をかいているからだ。

すぐ先のエイドで、コップ2杯の水をもらう。
本当なら、もっともらうべきだったのだろうに、2杯でゴールまで何とかなると思ってしまった。
1杯を飲んで2杯目を一口飲んで、残りを首筋と腕にかける。

残りは5キロ。せいぜい25分我慢すればいいだけ。
でも、ここからが一層厳しくなった。
自覚はじわりと広がって、腕を意識して振ることもできなくなった。
何とか大学の入り口にたどり着いたけれど、折り返しのランナーが全く目に入らない。
それよりも、エイドがほしい。水分がほしい。

折り返し地点までが長く、そこからエイドまでが、さらに長い。
普段の練習なら、絶対に止めているレベル。
でも、これはレース。ゴールする思いだけで走り続ける。

たどり着いた最後のエイドで、ドリンクを2杯。
水を1杯歩きながら飲み、ゴールにさえ着ければあとは考えないと最後の力を入れる。
もう2キロしかない。
背後から、スパートに入ったランナーが抜いていくが、スパートをする力はない。
いや、歩かずに走るだけしかできない。
ラップの確認すらできなかった。

残り1キロ。
母親が応援に来ているはずなのは分かっていたけれど、見当たらない。
あまりこんな姿を見られたくないけれど、格好をつける余力はなく。
見つけた時も、声を出すこともできず、辛うじてハイタッチ。
あとはゴール。
でも、気持ち悪い。もうやめたい。早くゴールしたい。

ゴールゲートが見えてきても、うれしさよりもこれで終われるという思いが強かった。
ゲート前でも全くペースを上げる余力もなく、ゴールマットを踏んだ。

終わった…

膝に手をついて荒い息をつく。
安堵感と疲労感で、もう動けない。

ゴールタイム
 グロス 3時間35分14秒
 ネット 3時間34秒35秒

35キロ~ゴールまで
 5'18-5'07-5'32-5'35-5'02 (25'59)
 5'36-6'42(1.2km) (12'18)

私のつくばの挑戦が終わりました。

(反省編へ続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : つくばマラソン2017
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-12-01 (Fri)
国道123号線に入り、道路が狭くなった。
そのせいでランナーのスペースが狭まり、全体のペースが2秒くらいは遅くなったように思う。
これに合わせるとペースが戻らない気がして、隙間を縫うように走る。

苦しさは感じてはいたものの、一昨年のつくばの時よりは、まだマシだと感じていました。
ふくらはぎに痛みは出てきていない。
少なくとも30キロまでは、行けそう。
碌にロング走してこなかったのに、ここまで来れるというのは、いびがわマラソンが練習になったのだなと改めて思う。

でも、これは長く続かないと思っていました。
続かなくなったら…
メイタンしかないでしょう!

このところ、フルマラソンの時は、コレに頼り切りの秘密兵器。
これをどこで入れるか。予定では30キロだったけれど、そこまで待てるか…
セブンイレブン前のあたりは下り坂。しかし、ここからつくばエキスプレスの高架まで少しの上り。
この上りが辛い。
微妙な大したことのない上りなのに、疲労感がはっきり出てくる。
細い通りを左に折れて、面野井台の交差点に入るところで、もう駄目だと判断。
メイタンを取り出し、効くことを願って飲み込む。
正直、水なしだとまずい。
でも、ふくらはぎが痛くなり我慢ならなかった。
すぐにエイドが見えてきて、スポドリと水をもらう。
ここは応援が多くなっているのは分かっていたけれど、全く応えられず必死に折り返し地点を曲がる。

するとその先に、ブログ村応援団の幟を発見。
ありがとうーと言いながらハイタッチをもらう。
現金なもので、それだけで元気になれる。
応援してもらえてると思うと、少し気持ちが上向きに。
さらには、メイタンが効いてきたのか、呼吸が少しだけ楽になる。

30キロ地点を通過。

 4'56-4'55-4'57-5'02-5'20 (25'10)

でも、完全に元に戻るわけではなく、さらに下っ腹が痛みだす。
やっぱり来るか。疲労が出てくるとお腹が痛くなり、トイレに行かせようとする。
でも、これはダミー。
足を止めさせるために脳が出してる偽信号。

つくば前、トレイルランナーの鏑木さんが、UTMBに再チャレンジすると知った。
50歳になろうとも諦めない。
比べるのはおこがましいけれど、あの諦めない姿勢をちょっとでもいいから見習いたい。
マラソンなんて、たかだか4時間頑張ればいいだけ。
諦めるなと必死に言い聞かせて走る。

思い込んだからなのか、メイタンが効いたのか、お腹の痛みは引いてくれた。
でも、ペースが維持できない。
キロ5をオーバーしているのは分かっていたけれど、踏ん張り切れない。
腕をしっかり振って、脚の使う筋肉を違うところをと意識する。

32キロを通過して、残りは10キロ。
5キロを2本だけ。
そう考えてみるものの、その5キロが長く感じる。
35キロに応援隊がいると聞いている。
そこまで頑張る。

このあたりは自分のペースは落ちているはずだけれど、ランナーをかわすことが増えた。
みんな苦しくて落ちてきている。
でも、前を行くランナーも多い。私も前に行きたい。
前行くランナーを追いかけているうちに、国土地理院の交差点が近づいてきた。

ブログ村の応援を発見。
元気くださいと、ハイタッチをもらう。
笑顔を見せたかったけれど、苦しくゆがんだだけだった。
それでも、ハイタッチで気持ちに活は入った。

35キロ通過。

 10'21-4'57-5'20-5'12 (25'50)

まだ辛うじて繋がっている。
しかし、崩れたタイムはもう取り戻せなかった。

(続く)


にほんブログ村

Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : つくばマラソン2017
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-11-30 (Thu)
工場団地の終わりで初の給食エイドが現れるけれど、ドリンクのみ。
固形物なんてトイレ怖くて手が出ません。

15キロ地点を通過。

 4'55-5'05-5'03-4'49-5'06 (24'58)

途中、キロ5からこぼれているけれど、エイドだったりするので気にせず。

ここから南に向けてルートが変わる。
途端に太陽の光が目に入り眩しさとを感じ、帽子を目深にかぶり直す。
サングラス、忘れなくて良かった。
いつもするわけじゃないから、よく忘れる。サングラスしない人も多いけど、疲労感軽減はあると思う。

南へのルートは単調で直線。
風もなく淡々とペースを刻む。
途中、一時的に東に向かうところで、日差しが強いことに気づく。
あちーがな。
汗が出るはずだよ。
そう思いながらも、給水は相変わらずの1杯だけでした。
なんで2杯にしようと考えなかったのか不思議。

周りが畑の一本道をランナーが走る。
誰もかれもが一定のペースを求めている気がする。
順調だ…そう思っていたのに、17キロ過ぎで急に苦しさを感じた。
ペースは同じはず。
呼吸が1回吐き2回吸うリズムが崩れかけている。
苦しいのは、疲れてきているからだ。
タイミングが早すぎる。やはり昨日の疲れか? ドリンクがほしい。
予定よりも早いタイミングだったけれど、20キロを前にしてワンセコンドCCDを投入。
すると、すぐに楽になる。
まずは回避できた。
でも、30キロまで持つだろうか…

不安を抱えながら20キロを通過。

 4'55-9'50-4'56-5'00 (24'41)

豊里交流センター北から車が多い通りへ。
このあたりから、応援に応えることが苦しくなる。
今までは余裕度があり、ありがとうとか手を上げて応えていた。
それがいっぱいいっぱいになった。
まだ走れている。
でも、さっきみたいな余裕がなくなってきている。
この先は左に曲がる。
そのポイントが来ないかとそればかり考える。
だから、記憶があいまい。

覚えている感じだと…
先行く緑のシャツのランナーをただ追いかけていた(はず)
確か、ブラスバンドの応援があった(はず)
エイドは2か所あった(はず)
確か、プチトマトの補給をしたのは、ここだった(はず)
お腹が心配だったけれど、それより楽になれないかと手を出した(はず)
はず、ばかり区間だったよ!

下河原崎の交差点を左に曲がったところで、25キロのポイント。

 4'53-9'57-4'58-4'54 (24'42)

苦しくなるものの、まだペースは落ちない。
けれど、このまま行けるとは到底思えない。

頭には、アレの投入タイミングを考え始めていました。
ええ、毎度の秘密兵器ですよw
(関西にいるあの方ではない)

(続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : つくばマラソン2017
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-11-29 (Wed)
写真がほしいなぁとつぶやいたところ、はっち。さんがすぐに下さった。
はっち。さん、ありがとうです~♪

------------------------------

スタートラインまで、若干待ちが発生。
その時、左手のランウォッチがブルブル震えた。
なんで?
もしかして、オートポーズが働いた?
いやいやオートポーズはさっき解除したはず。したはずだけど…ここで震えるってことは解除したのはオートラップ?

マテヤ。
この先、フルマラソン全部手動ラップでやらなあかんの?
マジ走りするんですけど…
詰んだ?

いやいや、確かつくばは全部距離看板は出ていたはず。
それを見つければ何とか。

焦りながらも1kmの看板を見つけ、ラップを取る。
ペースは5'40くらい。
スタートロス考えれば、いいペース。
よしよし、このまま看板を見つければ…

…2km見落としているがな。

やっちまった感があるけれど、気を取り直して次は見つけることにする。

つくばマラソンのスタートしばらくは、大学構内を走ることになる。
そのせいなのかランナーの行列が走る足音が響く。
足音が響くのは、トンネル以外じゃここくらいしか感じたことない。
2kmも行かないうちに暑さを感じて、着ていたビニールを脱ぎ、アームカバーを下す。ネックウォーマーはスタート直後に外してる。
温度低かったはずだけれど、思ったよりも低くないのかも。
そんな風に感じたけれど、この時は体が温まってきた証拠だと思ってた。

それよりも、少し足が重たいし、左ひざに筋肉のコリを感じる。
もしかして、昨日、歩いたのがあかんかった?

実はせっかく東京に来たのだからと、新海誠展に行ってきたんだよねー
立ちっぱなしで3時間くらい(笑)
新海誠の作品は、デビュー時から気に入っていて「君の名は。」は大ヒットだったし。
展示自体は楽しめたし、とても満足した。
でも、フルマラソン前に行くところじゃなかったかも…

そんなことは考えたものの、後の祭り。
足が重たくても、そのうち何とかなるだろうと開き直る。
大学構内を抜けて、右に曲がると直線道路に入る。
ここからつくばの街になる。

最初の給水所で水を一杯。
まだ喉が渇くほどではなかったけれど、次の給水は9キロ先だったと考え、二口ほど飲んでおく。
5km地点で、撃沈上等の幟。ありがとうと言いながら通過。応援隊からぐわぁTだという呟き。
うん、誰だかわかんないよね~w

短い下りで一本道路を降りると、北に向かうルートに入る。
5キロのマットを通過。
ここまでのペースは、

 5'54-10'05-9'52 (25'51)

と、順調に看板を見落としつつも(笑)、サブ3.5のキロ5のペース。
ラップを取るのも少しは慣れてきた。
要は、1km走りかけたかなと感じたら、左側を注意すればいいんだ。
そう思いながらも、8,9キロと連続で見落としてるけどね(笑)

学園西大通りは、つくばの幹線道路。
ここを2車線使って走れるから楽に走れる。
ついついペースが上がりそうになるけれど、時計を確認しながら、かつペースが同じくらいのランナーを探しながら走る。
出来れば女性がいいんだけどな。
女性の方がラップが正確な傾向があるし、もちろん男の背中を追いかけるより嬉しいに決まっているw
しかし、なかなかペースが合うランナーが見つからず、あっちにフラフラ、こっちにフラフラしながら進む。

10キロを通過。

 4'51-4'52-15'01 (24'44)

ここで最初の補給として、賞味期限切れのゼリー飲料を飲んでおく。
買ったはいいけど、なかなか使う機会がないのだw
ちなみに、賞味期限はさほど気にしない派だ。

クリーンセンター入り口を左に左折。
ここはブラスバンドの応援があり、ありがとうと手を振る。
つくばは応援は、それほど多くはないけれど、ポイントで応援団もいるし、ランナーらしき応援も多い。
こういう硬派な感じも嫌いではない。

またこの辺りは、それほど魅力があるわけではないけれど、並木道の木々が綺麗。
つくばの紅葉の時期は本当に美しいと思う。
ポイントをついた応援と見事な紅葉は、ほんとに良いと思う。

12キロ過ぎだったか、補給をしたせいか急にお腹がゴロリと言い出す。
ここで我慢するだけしようかと思い、いや薬を持っていたことを思い出し、さっさと飲んでしまうことにする。
効いてくるかどうかが大事なんじゃない。飲んだと思うことが大事。

思ったよりも汗が出てきているので、塩熱サプリもがりがり食べる。
そして第4給水所でアミノバイタルの顆粒を飲んでおく。
今のところ、補給は順調に思えるし、呼吸も安定している。
ペースも若干速いものの良い感じ。
まだまだ余裕度はあると感じていた。

(続く)


にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : つくばマラソン2017
* Comment : (0) |