05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-10-12 (Wed)
早いもので丹後DNFから一か月。
総括したいと思いつつ、どう結論をつけたらいいものか悩んでいました。

色々と敗戦の要因を考えていました。
気象要因。
体調不良。
対策不足。

簡単に整理すればこの三つかなと思わなくもないけれど、一番の要因は自分のメンタルの弱さだったと思ってる。
100キロ走ろうというのだから、トラブルの一つや二つはあるもの。ましてやお腹のトラブルは、何度も経験済みのはず。
それなのに今回は、そうならないためにはどうしたらいいかを中心に考えて、なったときにどうすればいいのか、どう考えるべきなのか、そのシミュレーションが足りていなかった。
もう一つは、シミュレーションだけじゃなくて、その場の判断の悪さ。
悪いなら悪いなりに対策を考えればいいものを、苦しいのを我慢することばかりで、対策が足りなかった。考えようとしなかった。思考停止してしまっていた。
そして、痛みや苦しさへの我慢、ゴールしたいという純粋な思いも足りなかったと思ってる。


こんな風に考えるようになったのは、最近NHKで放映された「神の領域を走る」を見てから。
トレイルランナーの鏑木毅さんの過酷なまでの挑戦。パタゴニアのウルトラフィヨルドの100マイルのレースを見て、自分はあそこまで追い込んでいたかと思うようになった。
フラフラになっても走る。走れなくなっても諦めない。雑誌では、補給食のゼリーですら受け付けなくなって、道端で何度も吐いたたとも読んだ。
それでも、最後まで走り、結果は2位。

もちろん、自分ごときランナーと鏑木さんを比べるなんて、そもそもおかしいのかもしれない。
それでも私の遥か先には、鏑木さんがいるように思えるのだ。

ウルトラもトレイルも、限界への挑戦という意味では同じところはあると思う。
私がDNFを決めたとき、それは本当の限界だったのか。
歩けないほどの状態だったのか。
ほかの選択肢がない状態だったのか。
答えはNoだ。

私は諦めた。
まだ進むことができたはずだけれど、恐れと疲れに嫌になって降りた。
限界への挑戦をしてみたいと思いつつ、その限界のラインを自分で勝手に決めた。
それが敗因だったと思っている。


そうならないためには、どうしたらいいのか。
考えていたことは、いくつかある。
一つは慣れ。
もう一つは考えをスイッチする工夫。

慣れについては、言うまでもない。
普段の練習だって、結局のところ慣れのトレーニングだと思う。
10キロを速いペースを走るのも、30キロを一定ペースを走るのも、肉体の強化の一面の他に距離やスピードに慣れるトレーニングなわけで、痛みに慣れる、重たい進めない状態に慣れる。つまり経験だ。
辛い状態になった上で、その状況であがく。諦めない。無理をする。
こういう経験、慣れをしておくかしておかないかの差は大きい。

それは一つの答えだ。
でも慣れだけでは足りない。

今回の痛みの主は、腹痛だった。
腹痛なんて、数えきれないほと経験してきているのに、我慢できなかったのは有効な対策を打てなかったから。対策が打てなかったのは、痛みに朦朧としてしまい、判断できなくなってしまっていたから。
先にも書いたけれど、100キロはトラブルはつきもの。
大事なのは、対処を考えて実行すること。
ところが、痛みが強いと考えるということを放棄してしまう。我慢すればいいと思ってしまう。
だから、考えをスイッチする必要がある。でも追い詰められた人間の思考って、簡単には変えられない。だからスイッチする工夫がいる。

例えば、自分ひとりで考えているからダメ。
第三者の助言を受ける。
これも、ありでしょう。
自分で予め対応策のメモを書いておく。
これも一つの工夫だ。

そういった些細な工夫があれば、思考の切り替えのきっかけになったのじゃないかと思う。
まあ、結局のところ、どこまで想像力をもって準備できるかということなのかもしれないけれど、ウルトラの強さというのは事前準備で手に入れることが出来るものもあるんじゃないかと思うわけです。

来年は、事前のシミュレーションと対策。さらには、トラブル時のメンタル強化とトラブル時の些細なスイッチ。
これを考えて参加したいと思ってる。


ところで、この話。丹後の反省のつもりで考えていたことだけど、実はフルマラソンにも当てはまる。
苦しくなるのはフルマラソンでも、もちろんあることで、それに対して本当の限界点が来ているのか考えることや、辛い時の些細な工夫でスイッチを切り替えることが出来たなら、ゴールは近づくと思う。

大阪マラソンは、それを密かに考えてます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2016
* Comment : (0) |
個別記事の管理2016-09-30 (Fri)
一昨日、これが届きました。



あざいお市マラソンの案内状♪
この大会、参加賞に長袖シャツとお米がもらえるという、コストパフォーマンスの高い大会。
おまけに開催時期として10月上旬と、マラソンシーズン開幕にとてもいい大会だと思ってます。
ちょっと坂がきついところもありますが、後半は下りだと考えれば、悪くないコース設定です。
今年も、ブログ村から参加する人も多そうなので、楽しみにしていますw

ついでに、これも買った。



アディゼロボストンブースト。お値段が半額だったので、ゲット!w
一体、何足目だろう。10足は超えているような気がする。
代わり映えはしないけれど、私にとっては故障しらずのシューズ。
練習に大会に欠かせない存在です。
去年までのフルマラソンはボストンブーストでした。大阪マラソンのシューズは、ジャパンとどっちにしようか考え中。アディダスは5時間切りを狙うランナーに、なんて謳っているけど、サブ3.5まで行けるの実証済みだし。

さて、大阪のことは、またにして、丹後レポのラストです。

-----

リタイアを告げると、テントの中に入れてくれて、椅子と毛布を貸してくれた。
その間にも雨の勢いが増し、二人のランナーが二人駆け込んでくる。
同じように椅子に座る。やはり疲れているようだ。しかし、
「リタイアは三人ですか?」
と言われたら、すかさず二人とも雨の中に出て行った。
真似できないな……

毛布が温かく、ぼーっとしていたら、あの車に乗って下さいと言われる。
毛布をありがたくお返しし、小さな車に乗る。
車で走っている間にも、ランナーが豪雨の中進んでいる。
すごい人たちだ。
ゼッケンを外してくださいと言われ、ウェストポーチにつけていたゼッケンを外す。
これでリタイア決定か。
この時は、残念な気持ちもあるものの、ほっとした気持ちの方が大きかった。

どこに連れていかれるのだろうと思っていたら、碇高原エイドだった。
ここで降りて荷物を受け取ってから、バスに乗るように指示される。
降りたところで、ずぶぬれのいしきちさん、ハマーさん、ユキさんに偶然お会いした。
リタイアしますと言うと、複雑そうな顔をされている。
皆さん、まだ先に行くということで、頑張ってくださいと送り出した。

ドロップバックを受け取って、バスに乗り込む。
バスは、それなりに人でいっぱい。当然、固い顔している人ばかり。
自分も席に座ると、どっと疲れが出てきて、目をつむる。
バスが動き出したのは分かったけれど、外を見る余裕もなく眠り落ちていました…

ざわりと騒いだ気配がしたので目を開けたら、到着してました。
いつの間にかスタート地点。つまり、ゴール地点のアミティ丹後。
あれほどひどかった雨も少しは小康状態。
バスから降りて更衣室に向かおうとしたら、ブログ村応援隊の面々。
リタイアしたと報告すると、温かい笑顔でお疲れと言われて、ちょっとほろっときました。泣きませんけどw
ランナーチップを外して、着替えに向かう。
その間にも、ゴールをしている人がいて……メダルかけてもらっていた。
自分で決めた選択だけども、せつない気持ちは仕方ない…

振り切るようにして、更衣室へ……

こうして、私の今年の丹後は終わりました。
30キロまでは想定通りだったものの、そのあとは本当に散々な結果になってしまい情けない。
完走率が低かったのはありますが、それでも大勢のランナーがゴールしているのですから、自分がダメだったのは間違いなく。
何が悪かったのだろうと、未だに考えます。

次回、もう少し反省したいと思います。
とりあえず、丹後レポは終了。
読んでいただき、ありがとうございました。

(了)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2016
* Comment : (4) |

* by しょうじ
あっ(;・∀・)。
私も全く同じBoston boost買いました。
半額だったんでΣ(・∀・;)。

色も同じですww

* by ちょーみん
何故かは分からないしどうすれば良いかは分かりませんが
有る意味、体調不良でしょ?

雨が降る前でさむくは無いのに汗だくで寒いと言ってるのって
事が普通では無かったんですものね

Re: タイトルなし * by らぴ
> しょうじさん

え? お、おそろですか…
被っていたら嫌なので、しょうじさんと走るときは履かないようにしますw

Re: タイトルなし * by らぴ
> ちょーみんさん

体調不良は分かっていましたが、その対処はもう少し何とかなったと思ってます。
反省点が多いですわ。

個別記事の管理2016-09-28 (Wed)
フルマラソン5週間前ともなれば、追い込みも架橋のはずですが、私の状態ときたら、まだウルトラの疲れが抜けていない様子。
土日の練習の疲れ、とれません。

はっきりとした故障があるわけではないのですが、ハードなトレーニングした時に残る脚の重たさだとか、足裏の痛みなんかがどよーんと。
以前までなら、一週間あれば抜けたと思えたんだけど、今回は長い。
本当なら、もう少し休むべきなのかもしれない。
でも、5週間前。
ポイント練習入れたいし、30キロ走もやっておきたい。
故障は怖いから、マッサージだけは欠かさずに。
適度な休暇を入れた計画を立てたいと思います。

丹後ウルトラ反省レポ……ついにリタイアです。

-----

弥生庁舎まで、時計を見ないで来ました。
ひとつは見てしまってがっくり来るのが嫌だったのと、もう一つは前半あれだけ飛ばしたのだから、そんなに見なくてもいいだろうと漠然と考えていたから。
それでも、これだけ遅れてしまっては、関門も危うかろうと出発前に確認。
11時半過ぎ。第2関門の弥生庁舎の関門が12時。
まだ時間に余裕があるけれど、次の碇高原は14時35分が関門。
2時間半あれば行けると思いたい。

弥生庁舎から出て、少しは調子が戻るかと思ったけれど、状態は改善せず…むしろ悪くなってる。
明らかな平坦でも、歩きの方が長い。
この先に上り坂が待っていると思うと、さらに足が重くなる。

道が右に曲がって坂道が始まる。
こうなると完全に歩き。
必死に歩いているつもりだけど、ペースがよくわからない。
視界は完全に下を向き、景色はおろか周りのランナーも目に入っていない。
時折、前を見ているはずなのに、ほとんど記憶がない。
徐々に足裏が痛くなってきている。これは疲れからくる、まずい痛みだ。このまま歩くと故障に繋がるかもしれない。
故障の怖れと完走だったら、どっちを優先すべきなのか…
いやいや完走のはず。
でも、故障は嫌だ…
疲れた…眠い……

このころの精神状況は、かなり悪かった。
完全な負のスパイラル。
しかも、疲れと前日の寝不足も重なって、眠気まできている。
油断するとまっすぐ進めない。

雨が少し降ってきて、ここまで持ってきていたビニール袋を被る。
ビニールを被ると、冷えていた体がマシになる。
そうか、とっととこうすればよかったんだ。そんなことすら思いつかない状態だった。


そんなとき、後ろから声がかかる。
え? なんだ?
横を向いたら、THさんたち応援隊がいた。
車で移動中らしい。
色々と声援をくださるが、笑顔を返すことができない。
THさんに笑顔が足りないと言われるが、この状況で笑えるかと思ったりする。
そうこうしているうちに、皆さんは先に行ってしまった。
置いて行かれてしまったと思いながらも、どこかほっとする。
人に愛想すら振りまけない自分がいた。

上り坂が長い。
コースは分かっており、碇高原は10キロは上り坂。
途中で下りも入るけれど、再度上ることも分かっている。
だから、長い坂が本当に嫌になっていた。
トンネルを抜けて、下りが見えても、ちっともうれしくない。
走ってはみるものの、足が固まって動かなくなっている。
ペタペタと歩くしかなくて、それでも坂道を進んでいると、声をかけられる。
いしきちさんだ。
あ?とかしか言えなかったと思う。
確か頑張れとか言われたような、先に行きますと言われたような気も…

いしきちさんは、上りでも力を抜くわけでもなく、ぐいぐいと先に行ってしまった。
そんなに急がなきゃいけないんだっけと、改めて考える。
そういや、いしきちさんはギリギリのペースで進むと言っていたはず。
そうなると、ここいらがデットラインか?
正確な時間は考えられなくなっていて、感覚だけで考える。
そうだとしても、この先ペースを上げるなんてことは難しい。

残り時間を必死に考えるも、正確な時間が計算できない。
そのうちに雨がまた強くなる。
ビニールから出ている腕が冷たい。

ダメだな…

碇高原の頂上まで残り3キロほどを残して悟る。
完走できない。
必死に歩けば、次の関門には間に合うかもしれない。
でも、もう下りも走れない。
走れないと、その次の関門には間に合わない。
おまけにこの雨。
体が冷えて、動かない腕がどんどん冷たくなる。
ビニールの内側に腕を入れて、少しでも冷たいのを回避するが焼け石に水。
このままでは、体が動けなくなる。

リタイアするしかない。
でも、リタイアするにしても次のエイドまで進まなければならない。
雨に打たれながら、上り坂を進み、ようやく見えてきたテントにほっとする。
ちょうど雨脚がさらに強くなる中…

「すいません、リタイアします」

ウルトラ二度目のリタイア宣言はあっけなく。
私の三度目の丹後は終わったのでした…

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2016
* Comment : (0) |
個別記事の管理2016-09-27 (Tue)
日曜日はアミノバリューランニングクラブの練習会でした。
メニューは、インターバル1キロ×6本。
第二回目にして、6本…しかも、配属されたのは2班。
去年は3班が最高で、もちろん2班になりたいと思ってはいたものの、第1回の5キロタイムトライアルが21分半を超えていたから、3班だろうなぁと思っていたのに2班。
班のタイムを見ると私が2班のどんケツらしいw

案の定、スタートしたら、ついて行くのに必死(笑)
ペースは4'10だもの。昨シーズン終わりの頃のペースからスタートってのは、厳しい。
5本目までは、食らいついて行けたものの、6本目はスタートすることができず…orz
結局、1周回ってきたところから合流して終了~。
おかわりでさらに2本走るメンバーは、凄すぎるんですけど…

まあ、こんな風に、私のマラソン、今シーズンスタートです。
ちなみにウルトラは、シーズンにカウントしません。
だって、きつ過ぎるし(笑)

-----

浅茂川エイドを出た後は、予定通り、海水浴場のトイレにイン。
道路沿いにもトイレ&更衣室があるけれど、公園内のトイレの方が綺麗だった。
例年通りのコースなら、ここから街中を突っ切るコースなのだけど、なぜかコース変更がありまして、海岸線沿いの道路を真っ直ぐ。
歩道もなく、車通りもそれなりの道をランナーが連なっていく。

補給のおかげで、少し元気を取り戻して、またウルトラ走りが復活。
そうそう。こうやって信じていれば、何とかなる。
そう言い聞かせて進むものの、ゆるい坂道にちょっとへこむ。
せっかく走れそうになってきたのに、またしても歩きが増えてくる。
せっかく吸収した水分が、またしても汗になって出ていく。
濡れたTシャツが気持ち悪い。早く着替えたい。でも、着換えのある弥生庁舎は、まだまだ先だ。

その前に食のみやこが来るはずとは思うものの、辛くなってくる。
ここから先が、あまり記憶がない。
走るのが辛くなり、歩きがメインになったと思う。
気がついたら、食のみやこの交差点。去年は、食のみやこから降りてきたはず。
このエイドで、パンが置いていたけれど、食欲がわかなくてドリンクだけもらって先に行く。

去年は、交差点を左に折れて行ったのに、今年は直進。目の前は坂。
去年のコースの方が良かったとぼやいたら、そうだねと年配のランナーに笑われた。
そのランナーさんの背中には、子供が書いたと思しきイラスト。きっとお孫さんなのかなぁ。
ん? 背中の文字はTITAN。ひえー、この人TITANランナーだ。
TITANとは、丹後を10回完走(出場じゃなくて完走ですよ)した人に贈られる栄誉ある称号。
見たことなかったけど、そうか、背中でアピールできるのか。

TIATNランナーさんは、歩きだったものの、力強く坂を上っていきました。
私は、追いかける気力がありませんでした…

この先にブログ村エイドがあるはず…
それを心の支えに進んでいると…

見えた! ぐわぁT!

かおりんさん、THさん、じぇーてぃーさんを始め、秘密兵器のおくさまやえむさんまで。
応援ありがとうございます!
でも、全く元気な姿を見せることが出来ず、着いた早々、寒いだの温かいものがほしいだの、言いたい放題。
牛丼を振る舞っていましたが、食べれる気配がなく。
結局、謎の漢方と白湯をいただくだけで…
色々と準備をしていただいたのに、申し訳ない…

この時には、本当に余裕がなくて。
特にお腹が痛いし、肌寒いし、本当につらかった。
元気なら、ぼたもちもいただいたのになぁ

思い返してみて、食のみやこから、ブログ村エイドあたりが、何か出来るターニングポイントだったように思う。
でも、長く走ってきて、判断力が落ちていた。
本当なら、もっと食べたほうがいいし、無理にでも飲んだ方が良かった。
それなのに、その時の状態の気持ち悪さに振り回されて、何かをするという方向に考えられなかった。
何かきっかけがあれば、変われたようにも思うけど、何が必要だったのだろう…


ブログ村エイドを出ても、歩きばかり。
そして、ようやく見えた弥生庁舎。
ドロップバックが受け取れる。そう思ったのに、今年は補給が先で、ドロップバックは100メートル先らしい。
仕方なく、先に補給とする。
けれど、食べれる気がせず。スープを飲みながら、おにぎりを無理やり飲み込む。
名物のバラずしもパス。何とか二個おにぎりを食べて、ドロップバックを受け取りに行く。

ドロップバックを受け取って、ようやくほっとする。
着替えと補給食を入れ替えて、経口補水液をポーチに入れる。
汗取りシートで顔を拭いたら、少しだけすっきりした。
帽子とタオルを入れ替えて、弥生庁舎を出る。

この先は、ついに丹後最大の山場。碇高原。
あの山を越えることが出来るのか。
ぼんやりする頭で考える。
…イメージできない。

危ういラインが見え始めていました。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2016
* Comment : (4) |

* by おぐら
初めてコメントさせていただきます。
丹後ウルトラでご一緒させていただきました、
おぐらと申します。(60km出走)
アフターではお話できず、残念でした。
私は60kmなので疲労が全然違うと思うのですが、
判断力の低下、恐ろしいと思いました。
体調も悪い中のレース、振り返りは
おつらい作業かと思いますが、
とても参考になり、ありがたく読ませていただいて
おります。
大阪マラソン、アフターでお会いできますことを
楽しみにしております。

* by 山ちゃん
日光の暑さはないけど、ベタッと毛穴をふさがれたような汗でムシムシと暑かったです。エイドでは梅干しかフルーツ、おうどんしか食べれませんでした。
応援隊が待っているというのは励みになりますよね〜
そう!ウルトラは頭が回りません(笑)
私は、成り行きに任せて走ってます。

また来年リベンジしましょう(^^)

Re: * by らぴ
> おぐらさん

初めまして。丹後では、きちんとご挨拶もせず、失礼しました。
リタイアの後で、ちょっと傷心というか、積極的になれなかったというか…申し訳ありません。
大阪マラソンは、お会いできることを楽しみにしています。

Re: * by らぴ
> 山ちゃん

今回の丹後は背伸びし過ぎたのかなと、考えるようになってきました。
がんばりたかったのですが、コントロール不能なところまで、追い込まれてしまったのが敗因かと。
来年は、もう少しマシなレースにしたいものです。

個別記事の管理2016-09-25 (Sun)
丹後明け、初ランしてきました。17キロくらい。
少しはペースを上げてと、キロ5くらいまでは上げられましたが、湿度が高くて汗をかいてお腹が痛くなるという…丹後と同じやんけ!
この高湿度下で汗冷えによる腹痛は体質なのかと考えてます。
対策は……どうしたらいいものなんでしょね?

今週末、UTFM/STYが開催されていましたが、UTMFは44kmに変更、STYは途中中止と本当に残念な結果に終わってしまいました。
どんなに運営側が頑張っても天気だけは致し方ないとはいえ、これにかけてきた選手のことを考えると残念と一言で片づけることは出来ません。
来年は、どうなるのかな……
注目してます。

さて、丹後ウルトラレポの続きです。

-----

一度、脱水になると回復するのに時間がかかるのは経験上、分かっていました。
それでも、ウルトラに回復はある。
今年の野辺山ウルトラで経験したことは、身に染みて分かってます。
何がダメって諦めることが、一番ダメ。
それでも、まだたった30キロ。残りが70キロ。
そう考えると、あまりの距離に暗くなります。

ともかく出来ることは、あの電柱まで粘ること。
そう考えて走れるだけ走り、足が止まったところで歩き、しばらくしてまた走る。
見えてきたエイドは、浜詰駐車場エイド。
お腹の調子も悪い。トイレをまず借りる。
その後、ドリンクとバナナはもらうも、そのくらいしか食べられない。
被り水があったから、水を首筋にかける。きもちいい。

よろよろと走り出すと、往路で出会ったtenkoさんと再会。
ほっとしたと同時に愚痴ってしまいました。(あかんわー)
写真を撮っていただき(ありがとうございます!)、再スタートするも歩きの方が多くなる。
足が上がらない。走れない。どんどん後続のランナーに抜かれてしまう。
七竜峠に入ったら、全く走れなくなり、歩きばかり。
展望台エイドにようやくたどり着き、ドリンクを飲む。

こういう状態が長くなると頭が働かない。
いや、働いていないということに気付いていなかった。

お腹が痛いなら、薬を飲めばいいじゃないか。
そんな単純なことに、ようやく気が付き、陀羅尼助を出して飲む。
次のエイドは、浅茂川漁港。
そこまで行けば、うどんが食べられる。温かいものにありつける。

40キロの看板が見えて、そうだ写真を撮ろうと思いつく。

DSC_1137_Rae.jpg

ここから、しばらく写真に気を紛らわせて進む。

DSC_1139_Rae.jpg
DSC_1140_Rae.jpg

天気は去年より悪いけれど、圧倒的な海と海岸線は、やっぱり雄大。
もっと走れたら気持ちいいのに。

DSC_1141_Rae.jpg

40キロから、ようやく42.195キロ。
時間にして、5時間弱。
これまでのフルマラソンの失敗レースよりも長い。
比較することが間違っているかもしれないけれど、それでもフルマラソン以上に苦しい状態。
下りに入って走ってみるものの、辛くなって足が止まる。

でも港が見えてきて、沿道の応援が増えて、ほんとにうれしかった。

DSC_1143_Rae.jpg

へなへなな笑顔を振りまいて、tenkoさんの応援横断幕を写真に収める。
毎度毎度、本当にうれしいです。

DSC_1144_Rae.jpg

浅茂川漁港エイドでは、マッサージを受けられます。
私、これまで一度も受けたことありません。
今回も、時間が気になってスルーしてしまいました…
でも、担当してくれた女子高生がめちゃうまだったとか聞いた日には、後悔しましたよ…

浅茂川エイド。いろんなものがありますが、コーラをもらってから、もらったのはうどん!
汁を飲んで、そう、私が求めていたのはコレ!
あっという間に一杯平らげる。
足りない、というかここで食べなきゃあかん。

てなわけで二杯目!

DSC_1145_Rae.jpg

温かいものがこれほどうまいとは。
もう一杯食べていい?
うどんのお替りは何杯まででしょうか…?

す、すいません……三杯目!!

DSC_1146_Rae.jpg

三杯食べてるところで、すみませんと声をかけられる。
ぐわぁTの女性? どなた? ちょうみんさんのおくさまでした。
振り返るとちょうみんさん! おお、こんなところまで応援に!
たまたま一緒になったユキさんと一緒に写真を撮っていただきました。
(写真の顔も、ちょっとだけ元気になってた。)

ちょっとお腹がごろっとするけれど、簡易トイレの列が並んでいるのを見て、先の海水浴場のトイレに行くことにする。
じゃあ、出発するかと歩きだしたところで、自動販売機が目に入る。
コーヒー飲みたいな。
…温かいやつ

DSC_1147_Rae.jpg

あったw
小銭必須ですわ。

ほんと、この浅茂川漁港エイドで食べて・飲んだことはよかった。
あれほど調子が悪かったのに、復活を感じてました。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2016
* Comment : (0) |