10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-11-02 (Mon)
おはようございます。

泉州国際マラソンに、めでたく当選しましたので、その勢いを買って続けてエントリー。

1月 木曽三川マラソン大会(フル)

去年も出た大会。同じコースを4周(だっけな)させられる、いやーな部分もありますが、平坦(ちょっとだけ上りあり)、周回なのでトイレの心配なし、参加賞は大根一本w それなのに3000円という破格の安さww
練習のフルマラソンにちょうどいいと思ってます。
今年は北風に負けそうになりながらも、ギリギリのサブ4。ここから今年は調子を上げていったことを考えると、私にとっては縁起のいい大会かも。
ローカルだけどね。楽しく走りたいです。

そして、もう一つ。
デカい大会にエントリー……
これは最後に…。


さて。
しまだ大井川のレポを終わりにして、しばらくはレポはないかなーと思っていたのですが、実は丹後が残ってますw
丹後レポ残しているのは私と井出さんくらいだと思っていたら、井出さんがゴールしちゃいましたのでw、私もゴールしたいと思います。
というわけで、丹後ラストレポです。

-----

残り5キロを過ぎて、ゴールが間近になってきました。
周りのランナーも、徐々にペースが上がっているみたいに見える。
ちょっとそれに押されるように少しペースが上がる。
後ろから響く井出さんの足音を確かめるように走って、信号待ちのところで振り返ったら……井出さんがいないw
別の人の足音だった(笑)

信号を渡ったところで、3分ほど待っていたら井出さんが現れた。
相当にやつれた感じがして、走れないと訴える。
いいですよ、歩きましょうとべたべた歩く。

あたりはすっかり夕方になってきていて、雰囲気悪くない。
長かったけれど、ようやくゴールが近づいてきた実感が出てくる。
歩いているうちに、また海も見えて、ほんと丹後は海が綺麗。
ずーっと海を追いかけている気がする。

ゆっくり歩いて、ちょっとだけ走って、それを繰り返して街中に入ってきた。
去年もだったけれど、道の両側にキャンドルライトが用意されている。
そんな雰囲気の中、二人で進む。

そして残り1キロの看板。



いやー、ついにここまできたよ。
おかえりー、おかえりなさーいと言ってくれる沿道の方にありがとうと応えながら、残り720メートル。



うーん、今思い出してもじーんとくる。
温かいおもてなしです。

そして見えてきた建物。
アミティ丹後。ついに帰ってきたよ!

道路の両脇では大勢の人々。
完走おめでとー、おかえりーとの声に、何度もありがとうを繰り返す。
笑顔しかないよ。ほんとにありがとう!

急に名前を呼ばれたと思ったら、大高CRSのひっくんだった。わざわざ走って追いかけてきてくれたみたい。その場には、大高CRSで一緒に参加したえんちゃんもいたみたいなのだけど、見落としてしまって申し訳ない。

大勢の人々の中、ゴールへのビクトリーロード。
本名を呼ばれて、うおー!と雄叫び!!
ブログ村のメンバーを見つけてハイタッチ!

そしてゴール直前。
「らぴさん!」
と、井出さんが手を伸ばしてくれて、なんと手を繋ぐ。
いやー、嬉しい!
一緒にゴールを目指していたけれど、本当に手を繋いでまでゴールできるとは。

そして二人で一緒にゴール……!
井出さん、ありがとうございます!


ゴール後、メダルをかけていただいた。本当に嬉しい。
これを手にするために、ここまで走ってきたんだ。

ゴールの右側には、すでに先にゴールされていたまちゃさん、えいたろうさんたちがいて、写真をとってくれた。
さらには、初めましてのおっとーさん。
井出さんとのツーショットいただきました。ありがとうございます!



はぁー、長かったー。
疲れたー。
でも……楽しかった……。


二か月過ぎた今でも思う。

ウルトラマラソンって何なんでしょうね。
フルマラソンとは違う競技だと思う。
ゴール後の充実感は、何ともいえない。じわーとくる喜びと疲れ。
終わってしまうお祭りの寂しさを心の端に感じながら。
その中でも得た達成感は格別で。
酔ってしまいそうな、いやすでに酔っているんだろうなぁ…。
それが、ウルトラマラソンという美酒。

その楽しみをもう一度。
そう思ってエントリーしたよ。
次は野辺山だ!


読んでいただき、ありがとうございます。野辺山への応援のポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (6) |

* by bg
あーあー!
エントリーしちゃった(笑)

丹後想定でいくとコース的にぶっとばされますよ。
頑張ってください

* by さかおR
重い腰を上げましたね大将。v-218
宿は確保してますいってくだせぇー旦那w

野辺山
完走できたら感無量ですが無理げーなんですよね(弱気

来年は野辺山、萩往還、村岡完走できるよう私も精進します。
(正直どれか1個でも万歳ーですが

* by ストラト
これからは先生と呼ばせていただきます。
すごい決断!(◎_◎;)

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> bgさん

出来るだけ坂道トレーニングを積んで挑もうかと思ってます。
まだ時間ありますしね。
頑張ります!

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> さかおRさん

いやいや、無理ゲーじゃないっすよ。やれば出来るはずです。
さかおさんなら、どれか一つなんて言わずに、全部やれちゃいますよ。
お互い頑張りましょう!

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> ストラトさん

いやいや、先生には敵わないですよw
ストラトさんも一緒に行ってみませんか?
きっと楽しい世界が待っているはずw

個別記事の管理2015-10-16 (Fri)
おはようございます。

来年のマラソン大会のエントリー締め切りが、早いものからやってきます。
今、悩んでいるのは、京都木津川マラソン。
もうすぐエントリーの締め切り。
1/17の木曽三川、1/24に一色マラソン(ハーフ)、京都木津川が2/7、泉州国際が2/21、静岡マラソンが3/6。
さすがに2か月の間に、フル4本、ハーフ1本は入れ過ぎだと思う。でも、泉州国際が外れたら、京都木津川を走っておきたい。
エントリー費用もありますし、悩んでいるところですが……
うーん、どうしよう…

さて、そろそろ丹後ウルトラから一か月。
記憶が薄れ、話題性も薄れていますけど、続きです。

-----

残り9キロを切って、井出さんと一緒に行くと決めたものの、井出さんは明らかに調子悪そう。ワラーチで、ここまできたのだから、無傷ってわけにはいかないよね。シューズ履いてたって、苦しいんだし。
ペースを落として、時折歩きを交えながら、そしておしゃべりをしながら進む。

井出さんが、おならに5回もあったと強調しながら憤慨していましたが、素直にうなずくことができない。
だって、私、今日だって何回もおならしてるもの(笑)

後ろをきちんと確認したのかと言われれば、すみません、ほとんど覚えてません。
お腹痛くなった時に、おならはトイレを除けば唯一の回避手段だもの。緊急退避ですよw
私の背後をぴったりマークするような人には出会っていないはずだ。
たぶん出会ってない。きっと出会ってないw

でもでも……もし、本当にぐわぁTの野郎にかまされたぜ!って人がいたら、本当にごめんなさい。m(_ _)m
井出さんの話を聞きながら、心苦しくなり内心で謝っていたのでした。


井出さんは、残りのタイムを気にしている。
残りを全部歩いていると間に合わないとおっしゃる。
え、そうだったかなと思いながら、計算をするが……するが……わからんわーw
疲れた頭では計算できないがなw
確かに18時までにゴールしようと思ったら、ちょっと時間が足りないっぽい?

じゃ、走りますかと走るけれど、歩きも結構交える。だから、これまでもよりペースは落ちる。
ペース落ちると疲れを自覚してきて、嫌な感じ。だから、私が引っ張るように前に出る。


そんな風に進んでいると、旧三津小学校に到着。
ここでは、おしるこがいただけるハズ。
期待して入ったのですが、いただいた器にはしるは入っているけれど、餅が入っていない。どの容器も一緒だ。つまり、餅は売り切れ。
ガーン……。貴重な炭水化物補給ポイントだったのに。

ないものは仕方ない。餅は無くとも温かいものをもらえるのは嬉しい。
ありがたく一杯いただく。
他にも何かあったような気がするけれど、のんびり休んでいるとタイムが気になる。

井出さんと行きましょうかと小学校前の坂を歩く。
坂道もういらないですねーと愚痴りながらクリアw
平坦に入ってから走るけれど、井出さんが遅れがち。

すると、井出さん、一昨年のことを話し出す。
一昨年は、かのたーはるパパさんとご一緒で、たーはるパパさんは本当にギリギリまで走らなかった。まだ、まだだと言いながら、本当にラスト2キロになるまで、どんどん抜かれても気にせず歩いていたと、笑いながらおっしゃる。

私ね。鈍感だって自覚ある。
結婚するとき、嫁さんに、私は鈍いから言いたいことがあるときははっきり言ってくれと言ってある。
子供たちにも、変な素振りをせずに言いたいことは言うように教育しているくらいだw

今、考えれば、遠回しに歩きたいんだよ。もっとのんびり行こうよというサインに違いなかったと思うのだけど、そのときは、さすがたーはるパパさん。できる男は違うなーとか感心してた(笑)
だって、井出さん、タイムが気になるとか言うんだもん。
何とか引っ張ってあげなきゃと思うの普通じゃん。

だから、ちょっと前に出て、いきましょかと走ったり、離れてきたのに気付いたらペース落としたりして待ったりしていたんですよ。
そんな風に一緒に行けることを楽しんでいたんですよ。ほんとに。


そうやっているうちに次の琴引浜鳴き砂文化館を通過。
ついに残り5キロを切ったのでした。

(次回、ラストに続く)


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (4) |

* by えむ
私、まあまあ早い時間におしるこエイドに
着きましたが、お餅は入っていませんでした。お餅なしがデフォルトか、めっちゃ早い人たちだけだったかもしれないですね

* by NG
木津川でお待ちしております!(笑)

Re: * by らぴゅたびと
> えむさん

モチが入っていないとお汁粉って言わない気がします……。
早いランナーしか当たらないなら、早く走るしかない?(笑)
無理だなー

Re: * by らぴゅたびと
> NGさん

木津川は、転んだことがありまして、それが苦い思い出になってます。あとはエントリー費用がなぁ。
悩みます。

個別記事の管理2015-10-10 (Sat)
こんちゃーす。

このところ、平日が忙しくて、毎日10時過ぎ帰り。
そこから走りに出る気になれず、おまけに健康診断ありーの、バリウムで腹痛いーの、というので、大会前にもかかわらず、ランオフが続いてました。
さすがにこれだとマズイので、今日、走りました。
つまり、昨日の記事のプラン③実行。

本日、20キロをキロ5ペースで走って、フルマラソン後半の足にしてハーフを突っ込んでみる。きっと、足が重たくて後半泣くかもしれませんが、これもトレーニングと考えてやってみます。

あとは天気が雨にならなければ良いのですが。ちょっと怪しい感じです…。

では、丹後レポの続きです。

-----

温かい拍手の応援に応えながら、丹後庁舎の入口で、ボランティアの中学生がランナーを待ち構えていた。手にはコップ。ドリンクとつみれ汁の出前サービス。
嬉しい気持ち反面、無理~と思う。お腹の調子は持ち直して来たものの、固形物はおろか、飲み物も受け付けてくれない気がする。
申し訳ないと思いながら、お断り。

エイドの前で水を少しだけもらって唇を湿らせるくらいしながら、残り時間を考える。
碇高原を出たのが関門20分前。碇高原から、頑張ったから10分くらいは余裕が出たはず。去年より早くこのエイドに着いた。去年はここから歩いてギリギリだったはずだから、余裕はあるはず。
最早、ペース表を見ることすらせずに頭の中で計算だけする。

完走は間違いないけれど、目標を13時間と公言したからには、少しでも早くゴールしたい。目標時間には到底間に合わないにしても、恥ずかしくないタイムで行きたい。
他の人が、エイドで休憩しているのを横目に見ながら、バナナだけもらって再出発。口の中をもぐもぐさせたまま、走り出す。

一度休むと、疲れをどーんと感じる。重たい脚を動かして、また走り出す。

そして90キロ。
ついに残り10キロ。



まだ行ける。タイム短くできるはず。そう思っていたら、少し前の方に黄色のTシャツが見えた。ぐわぁTだ!
誰だろうと目を凝らして、井出さんだと気がついた。
正直、驚き。
ワラーチで、しかもこのペース。井出さん、早い!

井出さんを目指して追いかけて、ついに追いついた。
声をかけたら、ちょっと元気ない。どうやら足が痛いらしい。
そりゃ、当然だよね。ワラーチで90キロだもの。

…………。
ここで、迷いが生じた。

このまま追い抜いて行くか、それとも井出さんと行く?
明らかにペースは私の方が早そう。井出さんは、しんどそうだ。
自分は、このまま走れば、13時間15分くらいは狙えるかもしれない。
でも……と考えたのは、前に書いたコレ。

私、走り方下手なのでレース中、誰かと一緒に走ったことはサブ3.5チャレンジの時のじぇーてぃーさんを除けば、ほとんどない。ましてやウルトラで誰かとゴールの経験なんかない。
これは、そのチャンスなのでは?

にわかに湧いた考えに、戸惑いつつも考える。
一人で記録狙うのは、またいつでも出来る。
でも、井出さんと一緒に行くことは、今、この時しかない。

先に行って下さいという井出さんに、いやいや一緒に行きましょうと言うのに時間はかかりませんでした。

こうして、ゴールまであと数キロ、井出さんとの同道することになるのです。

しかし、これが後々、らぴさんは鬼、と言われる羽目になるとは、この時は全く考えもしませんでした。

(続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (4) |

* by えいたろう
まさか③でいくとは! 予想外。
山登ったり、キロ5ペースで走ったり、いい脚を持っておられて羨ましい。
明日宜しく!

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> えいたろうさん

いや、きちんと大会で記録を残すえいたろうさんの方がすごいと思います。
明日は、お互い頑張りましょう!

* by 井出浩一
ええと、すみません(笑)

鬼なんて書いてしまいましたが、
レポではフォローするつもりです。
フォローに、なるかな?(笑)

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> 井出さん

フォロー…期待しないで待ってますw
自分でも鬼じゃないって主張しますよ!(笑)


個別記事の管理2015-10-08 (Thu)
おはようございます。

今日は年に一度の健康診断。
うちの会社は誕生月に受けるシステムになっているのですが、今年は都合により日程をずらしてくださいまして、本日予定。
このために半日、休暇を取らなければならないシステムとなってます。

まあ、多くの人がそうであるように、私、健康診断嫌いです。
年も年なので調べていただけることは感謝するのですけど、前の晩から絶飲食で受けろとか、検査によっては下剤も飲めだとか、そういったことをしたあげくに、検査結果が悪ければ二次受診とか不安感一杯な結果を下さるわけで、好きになりようがないじゃないですか。
自分の身体のことなんだからとは思いつつも、病気のネタを探されている(いや、事実探しているのだけど)ということが、嫌だなーということです。
二年に一回にしてくんないかな。

唯一、体重と体脂肪だけは、去年との差異が気になります。
ほら、体重減ってりゃ、記録は伸びるはずですしw
トレーニングなしに記録が良くなるなら体重測定何度でもやりますよ(笑)

では、丹後レポの続きです。

-----

碇高原エイドを出ると、待望の下り。
すでに脚は張っているし、今さら大事に行っても仕方ないから、自分の最速だと思うペースで下る。
時計をみれば、キロ5分半くらい。もうちょっと調子に乗って来れば、5分半を切れそうな気がする。
さっきまでロクに走れなかったことを思えば、下りとはいえ走れるのは嬉しい。
どんどんランナーをパスして走れるというのも、気持ちがいい。
右に左に曲がりながら、足への負担は気にしながら下る。
左手には、ドロップバックに入れておいたおにぎりを握ったままw
さすがにウェストポーチに入らないしね。

不思議なのは、あれだけ苦しめられたハンガーノックが綺麗に消えつつあること。
おにぎり一つで復活できるとは、人間の身体ってのは本当に不思議。
遠くに見える海を見ながら、丹後の景色は本当に美しいと思う。そこを走ることが出来ることに改めて感謝。



途中のエイドで足を止めてドリンクはもらったけれど、それ以外はほぼ走る。
下って下って約6キロ。この間が丹後でのベストラップ。汗も噴き出たけど、それ以上に走ることが楽しい。ここにきて、まだ楽しいと思う。
ちなみに70キロからの記録はこんな感じ。

11'43-12'42-7'33-11'16-14'54(上り坂)
5'39-5'23-5'44-7'53-5'34(下り坂)

上り坂の半分で下っているんですけどww
どんだけ飛ばすんだってんだよね。
気が付けば、80キロ地点。



もう少しだけ下ると、178号線に戻ってきた。
長い下りだった。
出口から少しいったところにエイドがあったので、ここでおにぎりを水とともにいただく。
美味しそうだって、エイドのおばちゃんに笑われた。いや、食べんともたんし。
またトイレにも行ったかなw

ここからしばらくは、海岸線を走る。
美しい午後の海を眺めて走れる、素晴らしい地点なのだけど、碇高原の下りのあと、再びアップダウンを繰り返すところになる。
去年は、完全にここで息切れしてしまった。
でも、なぜか今年は走れてしまう。もちろん、坂道は苦しいのだけど、さっきまで下っていたフォームを意識すると足が前に出る。骨盤をきちんと立てて、腕を振ると上り坂も登れてしまう。

このあたりは皆さん、ペースが上がらないから、何人も抜きました。
これだけ走れる自分が不思議です。
ウルトラに復活はあると言いますが、私にもあったw

綺麗な夕日を右手に見ながら、ゴールを目指す。




下り坂で、どのくらい時間を稼いだだろう。
残りどのくらいでゴールできるのか。
こんな時こそ、りょうたさんが作ってくれたリストが役に立つのは分かっていたけれど、残り時間が分かってしまうと、とたんにダレて来そうな気がして、見るのはやめておく。ごめんね、りょうたさん。

そして、そうやって走っているうちに。
見覚えのある建物。

87キロ地点、第4関門。丹後庁舎でした。

(続く)

読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (2) |

* by りょうた
リスト・・・そう言えば、そんなの作ってたね?
って感じで、僕もまさかの関門を気にする展開になって、殆ど見無かった(笑)
まぁ、いずれどこかで役に立つでしょう。きっと、多分w

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> りょうたさん

見てしまうと、色々と考えてしまうと思って、怖くて見れませんでした。
見ても平気に考えられる強さがほしいなぁ。
見ながらでも、記録追えるようになりたいです。

個別記事の管理2015-10-03 (Sat)
おはようございます。

10月はマラソンシーズンイン。
最初の大会は、10/11にあざいお市マラソン。久しぶりにハーフマラソン。
次が、10/25のしまだ大井川。フルマラソン。
夏の間、それなりに走ってきてますが、やはり9月にウルトラ入れたのは、まずかったかなーとか思ってます。
丹後は楽しかったんだけどね。フルとかハーフとか、真っ当な距離を走ろうと思ったら、やはりダメージ回復期間がいる。おまけに、ゆるゆる登山詐欺にもあったし(笑)
ということで、9月の走行距離は229キロでした。
そのうち100キロが丹後ですから、実質130キロ弱って走らなさすぎじゃないか?w
これで10月からのシーズンインってのが、やはり甘い。
とりあえず、つけ焼けば的にペース走してきますw

では、丹後レポの続きです。

-----

食のみやこを出たあとも、調子が上がるわけではない。
歩きが入ったときのルールで、電柱2本ルールを定めてた。
つまり、最低電柱2本分は走る。そのあと電柱1本分は歩いていい。でも次の2本は走る。
こうやってルールを決めておけば、キロ8分前後で走れる。

次のエイドの弥生庁舎が大エイド。
そこに行けば、ドロップバックもあるし、休憩してもいい。
それを頼りに走って歩いて、見覚えのある建物。
弥生庁舎に到着~。



まずは食べておかないとばら寿司いただきます。



一皿手に取っていただいていたら、カステランさんに肩をたたかれた。もう出発なんだ。
でも、私は食べておかないと。ばら寿司をいただき、えーと、何かほかにフルーツのようなものをいただいたような……。大分、記憶があいまいになってますw
コンソメスープをいただきましたが、こっちは薄くてダメだった。

荷物を受け取りに建物の中に入ると、すぐに袋を用意してくれます。
ありがたいことです。
空いている椅子を見つけて着替えはじめる。
靴を脱いで靴下脱いで履き替え~というところで、ビキっときたー!

足の付け根が攣った攣った! いたたたた!

そしたら隣の人が足を引っ張ってくれた!
でも、ふくらはぎじゃないんですよー(笑)
荷物運びしてくれた学生さんまで呼んで引っ張ってくれて、ありがとう!
でも、ちがうんだよー(笑)

痛いものだから、違うって言えなくて、でもしばらくしてたら痛みが治まってきた。
ありがとうございますとお礼を言って、ようやくひと息。
次は慎重に靴下を履き替えて、靴をはいて、補給食を入れ替えて、荷物を再度お願いする。

出がけに水をもらって再スタート。
エイド休憩、15分くらいかな。


次の目標は、ブログ村エイド。
60キロ地点で応援してくれているらしい。
そして60キロ地点は、碇高原の入口。最大の難所。
その手前の応援は嬉しい。
ともかく、それを楽しみに進む。

日差しが徐々に強くなっていて、暑さもある。
汗が出るのでタオルで拭く。
(あ、タオルは先の弥生庁舎で取り換えたw)
道が長い……消耗を感じるようになってました。



エイドを見つけては水分補給。
でも、スポドリが受け付けなくなって水が多くなってる。
すると、またトイレに行きたくなる。
ガマンしながらも、60キロ地点を通過。



山道に入ってきて風景も単調。電柱も間延びしてきて、2本ルールもできなくなっていて、それでも諦めようという気持ちだけはありませんでした。
まだかなーと何度も思いながら、走っていたら車から名前を呼ぶ声が。
えーかわさんとちょーみんさんでした。もうすぐやでー!と言われて走り出す。
坂道の途中に黄色のぐわぁTを見つけた時は、ほんと嬉しかった!
やった、ついたー!



歓迎を受けて、ほっとしたとともに手に膝をついて、つかれたーと本音が出てましたw
なのに、かおりんさんったら
「らぴさん、トイレ何回行った?」
だもんねw

でも言われて、何回だろうと考えて8回と気付いた。しかもダイが4回w
多すぎだろーと言われ、自分でもそう思うwww

お茶があると言われ、それを一杯。一気のみ。
いやー、冷たいお茶うまー!
エイドは、すごい豪華で、何から手をつけたらいいんだか状態。
でも、お腹の調子は相変わらずで、食欲が悪い。
じぇーてぃーさんが牛丼を勧めるも、丁重に辞退。ムリ、この状態で牛丼ムリ。

フルーツをもらって、お茶を再度もらって、あとはバームクーヘンをウェストポーチへ。
おにぎりを見つけて、一度は手に取ったものの、ポケットもウェストポーチも入らない。泣く泣くあきらめましたが、その後、これを後悔することになります。

エイド滞在時間は3,4分だったかな。
最後にペットボトルにお茶を詰めてもらって出発することにします。
本当はもっといたかったけれど、皆さんの応援を背にあとにしました。
元気もらえました。ほんとに、ありがとうございました!

エイドで元気をもらっても、碇高原への道はこれからが本番。
徐々に傾斜がきつくなってきて、ヘロヘロになってました。でも、完全歩きではなく、短い距離でも出来るだけ走るようにしてました。

ほんと、この坂どうしてくれよう。
早く下りにならんかな。
そう思いながら上っていました。

(続く)

読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : 丹後ウルトラ2015
* Comment : (2) |

* by かおりん
冗談でトイレの回数聞いたのに8回って(笑)
いや~らぴさんのご訪問楽しかったですよ~
来年もぜひ~♪

Re: タイトルなし * by らぴゅたびと
> かおりんさん

もうちょっと違う声のかけ方ないの!
って、そのときは思いましたよw
まあ、ブログネタにはなったけどー(笑)
来年のことを言うと鬼が笑うといいますから~