03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-04-04 (Tue)
転んで一日経過…
痛みが拡大って、どういうこと?
膝の痛みは大したことない
でも、ぶつけた腰が痛い
さらに腸腰筋のあたりが痛い
歩くと明らかに痛みがある

どうもぶつけたから痛みが出てるっぽい
擦り傷してしまっているので、
湿布も貼れず、そのまま放置

さらに左腕が上がらない
いや、上げようとすると痛みが走る
こっちは腕を振る分には問題ないけど、
繰り返すといいわけない状態…

しばらく、走れそうもない…のか?

奥三河、さらにピンチ…!


そんな状態ですが、懲りていません
新しい大会にエントリー!



美ヶ原トレイルランの80キロ
夏はこれ1本にかけることにした

他にも出たい大会はあるけれど、
優先順位からこれに絞る
走れるトレイルってのが、私向き
(だと思ってる)

奥三河に完走出来て、
この大会でも出来れば、
あの大会のエントリーが見えるハズ

取らぬ狸の皮算用…
得意だよ(笑)


何はともあれ、早いとこ治さなきゃ…



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-03-22 (Wed)
新城トレイルから二日過ぎました。
が、ダメージの大きさに慄いています。
太ももの筋肉痛、ここまでひどいのは、いつぞやのたーはるさん、NGさん、井出さんと登山して以来。
あの時も、無理に筋肉を動かしていましたが、今回もそれに匹敵する運動量だったのだと思います。
本日は完全ロボットで、階段の上り下りどころか、わずか5段の段差すら嫌がっていましたが、明日はマシになるか、不安です…(東京出張なんだけど…)

今回の筋肉痛、痛い順番に
太もも>ふくらはぎ>足裏>お尻=二の腕
の順番。
お尻が痛くないのは、使えていないわけはないので、たぶん、走る方で鍛えられているからだと思ってます。
一方、ふくらはぎは太ももが使えなくなってから負荷がかかったため。足裏はつま先で踏ん張ることが多かったためだと思います。
二の腕が痛いのは、パワーウォークで足を押しながら上っていたので、そのためかな?
幸いにして、痛みはほぼ筋肉痛のようで、どこかにケガのようなダメージはなさそうです。(筋肉ロックは一部発生してますが。)

さて、新城トレイルのこと。
記録が私としては非常に不本意だったので、リベンジを考え始めてはいますが、トレーニングをしなければ、参加は覚束ないことは身に染みて分かったので、すぐには考えたくありません(笑)
でも、来年に向けて、記録としてレポを残しておこうかと思います。

というわけで、前日からスタートです。

-----

新城トレイルの前日の朝。
仕事で何かと忙しく、下準備も十分にしていない状態で前日になってしまいましたが、それほど心配していませんでした。
昨年12月の伊豆トレイルで経験値を積んだこともあり、装備は一式揃っているし、今回はまあまあ近場だし、朝さえきちんと起きることができれば問題は少ないだろうと思っていたのでした。
でも、準備は必要と思って、パンフレットを見ると…

「32kと64kの受付は前日のみです」

は? なにこれ?
当日受付じゃなかったの?
このところ私の参加する大会は、当日受付のものばかり選んでいたつもりだったので、新城32kがそうだとは全く考えていませんでした。
これを発見したのが、朝だったのが幸いしました。
名古屋から新城までは、高速を使えば1時間ちょいで着きます。持ち帰り仕事はあったものの、それさえうっちゃれば時間も空いていたので、午後から出かけることにしました。

前日受付は面倒ですが、前日に会場を知っておくことは、メリットではあります。
駐車場の場所とかトイレの場所とか(やっぱり重要!)、当日慌てずに済みますし。

ちょっとしたドライブで新城インターを降りて、田舎道を走ること20分、会社の愛知県民の森に到着。
こじんまりとした規模の受付ですが、ショップもあるし、シューズの試し履きとか、スポンサーショップもある。

受付はあっさりと済んで、ショップをぶらぶらと見ているとこれを発見。

Halo.jpg

汗が目に入らないというヘッドバンド、Halo headbandです。
ヘッドバンドの裏の部分にシリコンが1本入っていて、これが汗止めになっています。
私は眼鏡族なので、走っていて時折目に汗が入って痛い目にあっています。
これはいいかもしれないと、お買い上げ。
もちろん、当日も使用しました。
汗は、確かに入りにくいです。目に汗が入ったのは一度きりでしたので、効果はありそうです。
ただ、このバンドのせいなのか、後半ちょっと頭痛がしていたのが気になるところ。(単に疲れていたせいかもしれません。)

さて、当日の朝。
起床は4時15分。出発は予定の5分遅れで4時50分。
高速で順調に新城まで(余談ですが、新東名高速になって本当に運転が楽になりました)。
高速を降りて二つ目のコンビニにIN。トイレを済ませて朝食購入。
会場着は、6時15分くらいだったと思います。

駐車場は、奥の臨時駐車場でしたが、まだ入りは6割程度。でも、あっという間に埋まっていきましたので、このくらいの到着がちょうどいいのかと思います。
着いてから、朝ご飯。サンドイッチ・菓子パン1個・おにぎり1個。
スタートが8時なので、マラソンならば食べるには遅いくらいですが、トレイルランの場合はどれだけエネルギーを後まで引っ張るかが重視されると思っているので、この時間としました。

食事後、駐車場近くのトイレに行ったのですが、7人ほど待っていまして15分ほど待ちが発生。
その間に7時が回ってしまい、64kの部のスタートを見ることができませんでした。う~ん、残念。
トイレを済ませてから、ニューハレテープを買いにショップに行ったら、その途中のトイレが空いていることに気づき、そりゃ遠い方が空いてるわなと。次に生かすことにします。

ショップでテープを買って、できればテープも貼ってほしかったのですが、待ちがありまして、待っている間に30分前になりそうだったので諦め。車に戻ってテーピングと荷物の最終チェックをして、スタート地点へ出向いたのが20分前。
ちょっとバタバタしましたね。もう少し時間に余裕を持つべきでした。

今回の装備ですが、
■バック
ノースフェイス マーティンウィング16
■ウェア
アンダー ファイントラック スキンメッシュ
Tシャツ 伊豆トレイルTシャツ
タイツ なし
パンツ モンベル
アームカバー
レッグカバー アルペン?
■靴下
DRYMAX Lite Trail Running Speed Goat
■ウィンドシェル
なし
■シューズ
サロモン Fellraiser
■手袋
アルペン TIGORA
■レインウェア
モンベル レイントレッカー(使用せず・バックの中)

といったところ。
必要なものは持ちました。
レギュレーションでも指定はされていますが、守っていない人もいそうです…(めちゃ薄いバックの人いましたし)

補給食は、ゼリー関係を8つほど持ち、スポーツ羊羹や山よりだんご、塩熱サプリ、顆粒のアミノバイタルとか、いつものセットは持っていくことにしました。
たぶん、ほかに人よりも多めだと思いますが、新城のエイドは期待できないと聞いていたので、しっかり用意。
最終的に食べたゼリーは6つ、これだけ持って行ったのは、やはり正解だと思います。
水はフラスク500mlとワンセコンドCCDのドリンクを1L。最初はこれで十分だと思われます。



スタート列に並んだのは、およそ10分前。
列の後方だと思います。慌てていたので、十分なウォーミングアップができなかったのが悔やまれますが、できる範囲でストレッチを行い、GPS時計のモードをセット。
カウントダウンで、いよいよスタートです。

ゆるりと人波が動き出し。
新城32kが始まりました。
当然ですが、この時はまだ、地獄を見るとは思ってもいませんでした。

(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
Theme : マラソン大会 * Genre : スポーツ * Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
個別記事の管理2017-03-19 (Sun)
新城トレイル32kに参加してきました。

結果は……

7時間25分24秒で完走です~




……え? なんで32キロなのに7時間半なのかって?
うん、新城ナメてました。

累積標高3000mは伊達じゃない。
ちょっと練習で…なんて大会じゃなかった。
山練していない、坂道ランも不十分なランナーが、そう簡単に攻略できる山じゃありませんでした。

傾斜もですが、直登が多くて、太ももの筋肉がやられてしまって、下りに踏ん張りが効かず、痛みと滑落の恐怖と両方を存分に味わいました。

特に22キロのエイドを超えてからのピークの繰り返しはマジ辛かった…
今まで、ウルトラも含め色んな大会に出てきましたが、走りながらエントリーを後悔したのは、初めての経験でした…

トレイルランって、新城のようなものばかりだと、嫌いになりそう…(どうやら走れるトレイルの方が好きみたいです)

それにしても、32キロのコースを2周する64キロも同時開催していたのですが、いやー、凄すぎる。
真似出来んし、やりたくない(笑)

明日の朝のダメージが怖いです…
怪我なく帰ってこれたのは収穫ですが。

それにしても、奥三河パワートレイルは30キロ走ってから新城32キロ走るみたいなものって聞かされたんですけど、本当?
本当ならDNSしようかな…
(そのくらい新城の精神的ダメージはでかい)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (4) |

* by しょうじ
完走おめでとうございます!
いやぁ、練習できてないから、
よく完走できたと思いますよ。
お疲れ様でした!ゆっくり休んで下さいね

* by なーくん
静岡終わってからまもないのに凄いレースに出られているのにびっくりしました(≧∀≦)
完走おめでとうございます!トレランの世界はあまり経験がないのですが一度だけ出たトレランのレースで苦しんだことを思い出しました。
お疲れ様、ナイスランでした!

Re: タイトルなし * by らぴ
> しょうじさん

ありがとうございます。
ほんとに辛くて、トレイル嫌いになりそうでした。
ダメージもでかいです。
週末の豊橋が黄色信号です…

Re: タイトルなし * by らぴ
> なーくん

ありがとうございます。
静岡がアレな感じだったので、頑張ってみたのですが、返り討ちにあいました(笑)
トレイルは楽しいですが、苦しくもあるということを思い知りました。
もうすこし、トレーニング積みたいと思います。

個別記事の管理2017-03-18 (Sat)
明日は新城トレイル。
でも準備らしい準備をしていませんでした。
今日になって案内を読んだら、前日受付のみとあるじゃないですか!
慌てて準備をして、会場に行ってきました。
受付日を間違ったのは初めてです。
アホですね(笑)

会場まで1時間ちょっと。近くて良かった…
ともかく受付は無事に済みました。



会場はこじんまりとしていて、さすがに人はまばら。
今日は11キロの部があったはずですが、競技は既に終わっており、ちょっと寂しさもある感じ。

明日の朝になれば、トレイルランナーだらけになるのでしょう。

私としては久しぶりのトレイル。
というか、12月の伊豆トレイルから、山に入ってません。
だって冬だったし…(笑)

そんな感じですから、記録を狙おうとか、頑張ろうというものもなく、まずは完走が目標。
多分何事もなければ、6時間ぐらいで戻ってこれるはずです。

準備は、伊豆トレイルを少しだけ軽くしたくらい。(予備の着替えがないくらい)
32キロですから、まあ何とかなると甘く見てますが…過去に出た人のブログを読む限り、かなりエグいコースの模様…

怪我だけはしないように、楽しんでこようと思います。

では、行ってまいりま~す!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |
個別記事の管理2016-12-22 (Thu)
伊豆トレイルから、既に一週間以上過ぎていますが、痛めた腸脛の様子が芳しくなく、走るの控え気味。
先週末にチーム中部の練習会があったのだけど、その時も10キロくらいジョグしただけなのに、痛みが出てしまいました。
15キロくらいから痛みが出て、それから50キロ以上もアップダウンを走ったのだから、当然かもしれません。
当面は様子見ながらのトレーニングです。幸いにして次の大会は犬山ハーフ(2月末)なので、慌てずに治すところは治して行きたいです。

さて、無事に完走できた伊豆トレイルジャーニーですが、トレランビギナーの私が完走できた要因を解析しておこうかと。
運の良かったところ、準備が良かったところがありますが、そのあたりはごちゃまぜでw

①天候が良かった
トレイルランはロードのマラソン以上に天候に左右されるスポーツです。
今年の伊豆トレイルは、開催が冬ということで、もし天気が悪くなったら、雨雪や風に非常に苦しめられると思っていました。
そのための装備も準備していましたが、開けてみたら一日晴れ。しかも風もほぼなし。
当然、景色も最高!
テンションも上がる!
こんなコンディションで走れるとは思っておらず、本当に運が良かったです。
でも、晴れでも場所によっては寒いところもあったし、朝夕の冷え込みもそれなりで、汗冷えで体が震えるシーンもしばしば。
改めて冬のトレイルの服装と着替えの大切さを感じるところがありました。

②お腹を壊さなかったこと
これまで、いくつかのウルトラマラソンでリタイアの経験をしていますが、全てお腹の調子が悪くなったことから、リタイアに繋がっています。
今回、お腹を痛くさせない対策を、いくつか打っていました。

・ホットジェル
・マイボトルにお湯
・ファイントラックにアイロンがけ
・一週間くらい前から整腸剤
・ガスター10
・簡易トイレw

簡易トイレは、最後の手段としてですが(笑)
これ以外にも、腹巻きも考えていたのですが、持っていた腹巻きがゴムが伸び伸びになってしまったので断念(笑)

このうち一番役に立ったのが、マイボトルのお湯です。
冬のトレイルランでジェルって、めっちゃ冷たいです。トレランザックに3時間も入れてりゃ冷蔵庫に入れておくのと同じ。いくら走っているから体が熱を持っているからと言って、冬場に冷たいのはキツイ。でもジェルを取らなきゃエネルギー切れ起こしてしまうわけで。
そこで、ジェルを食べる→お腹冷え冷え→お湯で温め。このサイクル♪ これが非常に良かった。
冬のトレイルだけじゃなく、ロング走でも必須なんじゃないかと感じたほどです。

あとはガスター10。レポの方には書き忘れましたが、土肥駐車場を過ぎたあたりで、お腹のムカムカを感じました。多分、胃腸が揺らされ続けることによる痛みなのだと思います。以前読んだ雑誌のRUN Trailで、ガスター10が有効と書かれていたので、お守りとして持っていました。
ムカムカを感じた時点で、すかさず摂ったのもタイミングとして良かったのか、しばらくしたら治まりました。

他に地味だけど、良かったのはアイロンがけ。ファイントラックのスキンメッシュは機能が衰えた時にアイロンがけが有効とあったので、事前にかけておきました。そのためか、お腹が汗冷えになることもありませんでした。
整腸剤は、いつものことなので省略。
ホットクリームは、微妙な感じw 効果がよく分からなかった。(塗る量が少なかったからかも?) 

こんな感じで最後まで腹痛は、ほぼなく、トイレも3回だけという、私にとっては素晴らしい状態で走り終えることが出来たのでした。
トイレに悩まないでいいってステキだね!

③装備
今回の伊豆トレイルに向けて、いくつか買い揃えましたが、結局、こんな感じで走りました。

■バック
ノースフェイス マーティンウィング16
■ウェア
アンダー ファイントラック スキンメッシュ
ミッドウェア パタゴニア キャプリーン4
タイツ ノースフェイス アンプハイブリッドタイツ
パンツ スポーツオーソリティ
■靴下
DRYMAX Lite Trail Running Speed Goat
■ウィンドシェル
Marmot フライトジャケット
■シューズ
サロモン Fellraiser
■手袋
アルペン TIGORA→いつもの厚手の手袋
■レインウェア
モンベル レイントレッカー
■ザック
ノースフェイス マーティンウィング16
■帽子
テキトーないつものキャップw→菅平トレイル参加賞のバフ
■着替え兼防寒着
モンベル ジオライン(薄手)
ミズノ ブレスサーモロングTシャツ
ネックウォーマー バフ

事前からの変更点は、手袋とバフ。手袋は格好よりも温かさ、帽子はまちゃさんのアドバイスにより変更。
特にバフは良かった。ストレスないし、耳もあったかだし、冬のランで必須になりそう。

装備の中で一番役に立ったのは、着替えです。これがなければ、汗冷えで立ち往生していた気がします。荷物にはなったけど、必要な装備だったと思います。
改善の必要を感じたのはウィンドシェル。汗抜けがもう一つ。これは普段のランでも感じていたけど、トレランでははっきり感じました。着替えが必要になったのも、これが一つの要因だと思ってます。

あとは靴系のトラブルがなかったのも注目すべき点かもしれない。爪は一本紫色になり、爪が食い込んで傷になりましたが、水ぶくれなし、靴ずれもなし。前の菅平トレイルでは、水ぶくれで随分苦しんだのですが(同じ靴でした)、靴下の相性が良かった模様。
あとはきちんと爪を切っておけば、傷もなかっただろうと思ってます。次回は注意したい。
また、テーピングとしてニューハレのXテープで足首と足裏を固定しておいたのですが、これも捻挫予防に良かったと思ってます。


こんなところでしょうか。
ゴール出来てから考えると、コース自体はテクニカルなところはほぼなく、事前の準備さえきちんとしていたら、ウルトラマラソン経験者ならゴール出来るコースレイアウトだと思います。
私のようにロードからトレランに入った人で、ロングにチャレンジしてみたい人に格好の大会だと思います。まあ、距離は長いから、覚悟は必要ですが(笑)

来年も機会に恵まれたなら、また走ってみたいとも思える大会です~♪
(抽選合戦に勝てるかな~?)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
* Category : トレイルランニング
* Comment : (0) |